フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 明恵上人夢記 78 | トップページ | 「新編相模國風土記稿」卷之九十九 村里部 鎌倉郡卷之三十一 山之内庄 岩瀨村(Ⅰ) (総論部) »

2018/08/15

大和本草卷之十三 魚之上 鯉

 

鯉 河海諸魚ノ内最貴者尓雅釋魚以鯉冠篇神農

 書曰鯉為魚之主和漢共ニ是ヲ上品トス両傍ノ一

 條ノ鱗大小トナク皆三十六アリ煮食ヘハ水腫ヲ治シ

 小便ヲ利シ脾胃ヲ補フ作膾温補ス新鮮ナルハ尤美

 山州淀ノ産ヲ佳トス

○やぶちゃんの書き下し文

鯉 河海諸魚の内、最も貴〔(とほと)〕き者。「尓雅釋魚〔(ぢがしやくぎよ)〕」、鯉を以つて篇に冠〔せ〕しむ。神農の書に曰く、『鯉を魚の主と為〔(な)す〕』〔と〕。和漢共に是れを上品とす。両傍の一條の鱗、大・小となく、皆、三十六あり。煮〔て〕食へば、水腫を治し、小便を利し、脾胃を補ふ。膾〔(なます)〕と作〔(な)〕して、温〔を〕補す。新鮮なるは、尤も美〔(うま)〕し。山州淀の産を佳とす。

[やぶちゃん注:条鰭綱骨鰾上目コイ目コイ科コイ亜科コイ Cyprinus carpio

「尓雅釋魚」〔(ぢがしやくぎよ)〕、鯉を以つて篇に冠〔せ〕しむ」中国最古の辞書「爾雅」(著者未詳・全三巻・紀元前二百年頃成立)の「釋魚」の巻頭には「鯉」が挙げられている。

「神農」炎帝神農氏。中国古代神話上の帝王で三皇の一人。人身牛首ともされ、農耕神・医薬神に位置付けられ、百草の性質を調べるため、自らありとあらゆる植物を舐めて調べたとされる。彼の「書」というのは不明だが(そもそもそんなものは実在はしない。漢代に成立したと思われる彼の名を冠した「神農本草経」があるが、鯉を魚の主とする記載はない)、先の「爾雅」の篇立てに倣って動植物を分類・解説した南宋の羅願の著「爾雅翼」の巻二十八には「鯉」の記載があるが、その冒頭には確かに『鯉者魚之主』とある。本書より前、医師で本草学者であった人見必大(ひとみひつだい 寛永一九(一六四二)年頃?~元禄一四(一七〇一)年)が元禄一〇(一六九七)年に刊行した本邦最初の本格的食物本草書「本朝食鑑」の「鯉」の章の「集解」の冒頭にも『古へに曰く、鯉は最もな魚の主と爲したり』とある。

「両傍の一條の鱗、大・小となく、皆、三十六あり」前注に出した「爾雅翼」の巻二十八には、『鯉脊中、鱗一道每鱗有。小黒文大小皆三十六鱗。案是脇正中一道爾非脊也』とある。

「水腫」浮腫(むく)み。

「脾胃」さんざん既出既注。漢方では広く胃腸、消化器系を指す語。もう注さない。

「膾〔(なます)〕」新鮮な魚の刺身。

「温〔を〕補す」漢方で当該個人の人体の温度(個人差がある)が正常な値よりも低い場合に、その不足している分を補うだけ、体内の温度上げる効果を指す。

「山州淀」山城国(現在の京都府南部)の淀川。]

« 明恵上人夢記 78 | トップページ | 「新編相模國風土記稿」卷之九十九 村里部 鎌倉郡卷之三十一 山之内庄 岩瀨村(Ⅰ) (総論部) »