フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之五 7 加州金澤城中、箭天井の事 | トップページ | 甲子夜話卷之五 9 大猷廟薨後、齋藤攝津守於日光詠歌 »

2018/08/12

甲子夜話卷之五 8 白川侯御補佐のとき本多執政の話、落首

 

5-8 白川侯御補佐のとき本多執政の話、落首

白川侯當路のとき落書あり。

 黑棒が泥坊どもを逐まわし

  後(アト)に殘るがしわんぼうなり

此時執政の列なる本多忠忠籌【彈正大弼。剃髮して號水翁】の聞及て、同家肥後守に笑話せられしとぞ。戲謔と雖も至當の言なるべし。可ㇾ味。

■やぶちゃんの呟き

「白川侯」散々出て、既注の松平定信。

「御補佐」老中在任中であること。

「本多執政」忠以(ただもち)系本多家第五代の本多忠籌(ほんだただかず 元文四(一七四〇)年~文化九(一八一三)年)。天明八(一七八八)年二月に側用人に任じられ、五月には従四位下弾正大弼に昇叙、以降、松平定信・松平信明とともに「寛政の改革」を推進、寛政二(一七九〇)年四月には老中格に任ぜられ、侍従に任官した。しかし、寛政五(一七九三)年七月、徳川治済の賛同のもと、独裁傾向を強める定信の老中解任を実現した。後寛政十年に老中職を辞任し、翌年、隠居した。「執政」は老中の別称。なお、彼の妻は静山の曽祖父松浦篤信の娘である。

「當路」「要路に当たる」の意から「重要な地位についていること」を指す。

「黑棒が泥坊どもを逐まわし」「後(アト)に殘るがしわんぼうなり」(表記はママ。歴史的仮名遣では「おひまはし」「しわんばう」が正しい)「黑棒」は「くろぼう」で定信の「白」川侯に反転義で掛けたものか。「泥坊ども」は賄賂塗れの田沼(の「泥」)一派でよかろう。「逐まわし」(失脚させ)、俄然、「寛政の改革」を敷いて行くが、そこで役人から庶民にまで厳しい倹約を強要し、極端な思想統制令により経済・文化が著しく停滞した。それを「しわんぼう」=「吝(しわ)ん坊」、吝嗇(けち)と揶揄したものであろう。ただ、「黑棒」には別に意味が掛けられてあるようにも思える。識者の御教授を乞う。

「同家肥後守」播磨山崎藩藩主で政信系本多家第六代であった本多肥後守忠可(ただよし寛保元(一七四一)年~寛政六(一七九五)年)か。ウィキの「本多忠可によれば、『松平定信とも親交があったため、この改革の成功の手腕を買われて、寛政の改革では大番頭として幕政に参与した』とあり、このシークエンスに登場して、自然だからである。また、忠籌とは同年代でありしかも、より大きな本多家の流れである同じ平八郎家(忠勝系)に属しているから、「同家」という謂いも腑に落ちる。

「可ㇾ味」「あぢはふべし」。

« 甲子夜話卷之五 7 加州金澤城中、箭天井の事 | トップページ | 甲子夜話卷之五 9 大猷廟薨後、齋藤攝津守於日光詠歌 »