フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之三 今上御位の間の事 | トップページ | 譚海 卷之三 (同御所作同御近侍)(その二) »

2018/08/02

譚海 卷之三 同御所作同御近侍

 

同御所作同御近侍

○今上の御近侍はすべて女房を召仕るゝ、皆何某佐(なにがしのすけ)と稱す。月水(うわつすい)の時御番を缺(かく)事多ければ、老女をまじへ仕るゝ也。此佐達兩手ことごとく胼胝(たこ)ならぬ人なし、御衣(おんぞ)を奉らんとして手を洗(あらひ)てつかふまつり、終りて又手をあらふ。一事に兩度づつ手をあらふ事にて、尤(もつとも)水を用(もちふ)る事なれば、更衣配膳盥漱(くわんそう)しげき故(ゆゑ)然りといへり、又禁中伺公の公家衆、寒中といへども素足也。六拾以上の老人ならでは足袋を許るゝ事なし。因て公家衆みな足の表裏、あかぎれなきはなしとぞ。

[やぶちゃん注:禁裏の仕来たり三連投であるが、実はこの巻之三は全体が皇室・公家方及び京都の事物と慣習風俗に特化した特殊な一巻なのである。標題「同御所作同御近侍」は「同じく御所作、同じく御近侍」の謂い。

「月水」「げつすい」とも読む。月経。生理。

「盥漱」(現代仮名遣「かんそう」)手を洗い、口を漱(すす)ぐこと。身を清めること。

「伺公」「伺候」に同じい。]

« 譚海 卷之三 今上御位の間の事 | トップページ | 譚海 卷之三 (同御所作同御近侍)(その二) »