フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« けもの | トップページ | 柳田國男炭燒小五郞が事 七 »

2018/09/25

柳田國男 炭燒小五郞が事 六

 

     六

 津輕最上其他の炭燒藤太が、遠く西海の濱から巡歷して來たことは、最初より之を疑ふことを得なかつたが、然らば何人が何樣の意趣に基いて、此話を運搬してあるいたかに就ついては、解答は今以て容易で無い。自分が試に揭げた一箇の推定は、所謂金賣吉次を以て祖師と爲し、理想的人物と仰いで居た一派の團體、卽ち金屬の賣買を渡世とした旅行者の群に、特に歌詞に巧なりと云ふ長處があつて、之に由つて若干生計の便宜を、計つて居たのでは無いかと云うふに在つたが、現存の資料は必ずしも之を助けるのみで無い上に、全體に亙つて世上の忘却が甚だしく、年代の雲霧は頗る我々の回顧を遮るものがある。尚辛抱い後の人の硏究に、委付するの他は無いのであ

 この自分の想像の第一の手掛りは、加賀の芋掘(いもほり)藤五郞の傳説であつた。野田の大乘寺の西田圃にある二子塚(ふたこづか)を、藤五郞夫婦の墓と稱して、寬政九年[やぶちゃん注:一七九七年。]には記念の石塔を建て、近年は又之を市中の伏見寺に移したのみならず、金澤市史には之を富樫(とがしの)次郞忠賴[やぶちゃん注:永延元(九八七)年に加賀国司となり、善政を敷いたとされる人物。]の事だと迄謂つて居る。卽ち津輕と同じやうに、大半はもう歷史化して居るので、最早口碑とも謂はれぬか知れぬが、而もその黃金發見の顚末に至つては、全然豐後の小五郞と異なる所が無いので、之を土地の人かぎりの賞翫に委ねて置くわけには行かぬのである。藤五郞芋を掘つて、細々の煙を立つる賤が伏屋[やぶちゃん注:「しづがふせや」。]に、大和初瀨の長者の娘、觀世音の御示しによると稱して押掛け嫁にやつて來る。長者の名を生玉右近萬信(いくたまうこんまんのぶ)と謂ふのは、或は又滿能では無いだらうか。姫の名は和五[やぶちゃん注:「わご」。]と謂ふとある。和五は和子[やぶちゃん注:太字は底本では傍点「ヽ」。]であつて單にお孃さまも同じことだ。藤五郞は芋を掘る處の土が皆黃金であるのに、それが寶であることをちつとも知らなかつた。或時父の右近が贈つた一包の砂金を以て、田に居る雁に打付けて還つて來た。妻女の注意を受けて始めて山に入り、莫大の黃金を持ち還つて、それを近くの金洗澤で洗つた。金澤の名もこれより起り、兼六公園の泉の水は卽ち其故迹である。遠州濱松の近くにも、藤五郞とは謂はぬが、やはり一人の芋掘長者が居た。奈良の某長者の信心深い娘が、遙々と嫁に來てから一朝にして長者になつた。鴨江寺[やぶちゃん注:「かもえじ」。]の觀世音は芋掘長者の一建立(いつこんりふ)で、附近には尚黃金千杯朱千杯の噂もある。鴨江と謂ふからには、鴨の話も有つたのであらうが、書いたものには遺つて居らぬ。紀州の湯淺に近い小鶴谷(こつるや)の芋掘長者、是は正しく廣川に遊ぶ鷗に、小判を打ち付けて居るところを、多くの人に見られた。何で其樣な勿体ないことをするかと戒められると、うちの芋畑にこんな物なら、鍬で搔寄せる位あると謂つたので、其自慢から芋掘長者の字(あざな)が出來たとは、少し六つかし過ぎた説明である。此家の嫁は京から來た。隅櫓(すみぐら)長者と謂ふのは角倉(すみのくら)の聞き誤りか、信州園原の炭燒吉次も、京の角倉與一の遠祖であると傳へ、やはり炭から富を得た話の筋を引いて居る。但し此婦人の内助の功は傳はらず只大さうな衣裳持ちで、山の屋形で土用干しをすると、淡路の海まで照りかゞやき、魚が捕れぬと云ふ苦情が來たなどゝ、花やかな語り草を殘して居るだけである。

 芋掘りも一人で山中に入り、土に親しむ生活をして居るから、幸運ならば黃金を得たかも知れぬが、自分だけは此イモを鑄物師(いもじ)のイモであらうと考へて居た。卽ち炭を燒く者ともと同じ目的で、必ずしも世に疎く慾を知らぬ爲では無く、寧ろ現實の生活には滿足せぬ連中が、我境涯で夢想し得る最大限の福分、乃至は文字通りの過去黃金時代を、記憶し且つ語らざるを得なかつた結果が、自然に印象深く歌と爲り昔話と變じて、歳月の力に抵抗して來たのでは無いかと思つた。金賣吉次の黃金專門も、既に亦一つの空想であつた。あの頃に假に金賣りと云ふ職業があつたにしても、それは後世の金屋(かなや)と同樣に、タヽラの助けに由つて有利に古金類(ふるかねるゐ)を買集め得る者を除く外、さういふ旅行者は想像することが出來ぬ。吉次の遺迹と云ふ地が京都平泉、奧州路の宿驛附近の他に、最上苅田の山奧の鑛山にも、庄内會津越後などの山村にも、下野の國府の近くにも、下總印旛沼の畔にも、武藏の片田舍にもあれば、京から西の安藝の豐田郡に迄分散して、兩立せざる色々の記念を留めて居ることは、卽ち彼自身が運搬自在なる假想の人物であつた一つの證據で、更に推測を進めて見れば、中古實在の鑄物師に、吉を名乘に用ゐた人の多かつたことゝ、何ぞの關係があるやうにも思はれる。

 金屋の旅行生活は、一方諸國に刀鍛冶の名工が輩出し、鏡や色々の佛具の技藝が著しく進んだ後まで、尚持續して居たやうである。地方の需要に應じて製品の輸送の煩しさを省くの利はあつたが、原料の蒐集が甚だしく不定な爲に、生産を擴張することは六かしかつたので、便宜を得る每に土著を心掛けたらしく、近畿の諸國を始として、中部日本には金屋と稱する小部落が多く、其住民が以前漂泊者であつたことは、彼等が忘れた場合にも尚證據がある。源三位賴政禁中に恠鳥[やぶちゃん注:「けてう」。]を退治した時、仰を蒙つて百八箇の金燈爐(かなとうろ)[やぶちゃん注:底本は「爐」は「鑢」(工具の「やすり」)であるが、誤植と断じて訂した。]を鑄て奉り、功を以て諸役免許の官符を賜はつたと謂ふ類の由緖書は、些少の變化を以て殆ど之を持傳へざる家も無く、何れも只の百姓から轉業したものとは考へられて居らぬ上に、尚鎌倉時代の東寺文書にも、金屋等が此大寺の保護の下に、五畿七道に往反して鍋釜以下、打鐵鋤鍬の類より、更にその序を以て布米などをも賣買し、利潤の一部を寺へ年貢に備進して居たことが、明瞭に見えて居る。甑(こしき)[やぶちゃん注:昔、強飯(こわいい)などを蒸すのに使った器。底に湯気を通す数個の小さい穴を開けた鉢形の素焼きの土器で、湯釜の上に載せて使用した。後の蒸籠(せいろう)に相当する。]が廢れて鍋釜の弘く行はるゝに至つて、彼等の大半は鐵の鑄物師と爲り、鑄懸(いかけ)と稱する一派の小民は、亦其中から次第に分れて、鑄工[やぶちゃん注:底本は「銅工」。ちくま文庫版を採った。]が地方の需要に據つて、諸國の空閑[やぶちゃん注:「くうかん」。空いていること。]に定住の地を求めて後も、依然として遷移の生活を續けて居た。所謂イカケ屋の天秤棒(てんびんぼう)の、無暗に細長く突出して居たことは、卽ち近江美濃等の多くの金屋村の文書に、「兼て又海道鞭打(むちうち)三尺二寸は、馬の吻料(くちれう)たるべし云々」とあるのと、必ずその根原を一にするものであつて、是亦此種の鑄物師の、久しく自由なる旅人であつた一つの證據である。

 鋤鍬其他の打物類も、もとは兼て鑄物師の受扱ふ所であつた。鑄物師も鍛冶も等しく金屋と呼ばれ、金屋神はその共同の守護神であつた。東海道の金谷驛は古くからの地名で、金谷の長者一人娘を水神に取られ、金(かね)を湯にして池に注いだと云ふ口碑なども殘つて居て、卽ち亦一箇の金賣吉次かと思はれるが、後世此地の名産は矢の根[やぶちゃん注:鏃(やじり)。]だけであつた。釘鍛冶庖刀鍛冶などの手輕なる作業は、各自踏鞴(たゝら)を獨立し原料を別にする迄も無く、土地の工人の不自由勝ちな設備を以て、田舍の入用だけを充して居た痕跡は、今日の金物店にも殘つて居る。旅をしてあるけばまだ其以上に、臨時のホド[やぶちゃん注:「火床(ほど)」。鍛冶用の簡単な炉。]も選定せねばならず、又燃料用の炭から燒いてかゝる必要もあつた。斯ういふ生活が遠國偏土に於ては、かなり久しく尚續いて居たのである。

« けもの | トップページ | 柳田國男炭燒小五郞が事 七 »