フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 反古のうらがき 卷之一 疱瘡 | トップページ | 反古のうらがき 卷之二 鶯 »

2018/09/06

反古のうらがき 卷之一 奇病 / 反古のうらがき 卷之一~了

 

    ○奇病

 いつの頃にや、或太守の、姫君一人持(もち)玉ひけるが、二八(にはち)の春を向へて、花の姿、世にいつくしく生立(おひたち)玉ひけり。父母の、よろこび、めで玉ふものから、よき婿君もがなと、よりより尋(たづね)玉ひけり。此姫、自(みづ)から思ひ玉ふに、十二分の顏色、かく處はなけれども、少し鼻の大きく思ひ玉ふにぞ、つねづね心にかゝり玉ひけり。或日、何心なく自から探り見玉ふに、鼻の大きさ、こぶしの大きさになりけり。「こわ[やぶちゃん注:ママ。]。そもいかに」と驚き玉ふ。いよいよ大きくなりて、おもてとひとしくなりけり。今はたまりあへず、衣(ころも)引(ひき)かづきて伏し玉ひけるが、いよいよ大きくなるにぞ、聲を上(あげ)て泣叫(なきさけ)び、物狂るはしく見え玉ひける。人々おどろき、そのよふ[やぶちゃん注:ママ。]を聞くに、「吾、何の因果にや、かゝる奇病にかゝりたれば、とても人に面(おも)てを見すること能はず。此儘、飮食を絶ちて死(しな)んと思ふなり」とて、絶(たえ)て飮食もし玉はざりけり。其頃、名醫の聞へありける何某とかいへる者、御藥りすゝめけれども、つやつや用ひもし玉はざりけるを、父母、せちにすゝめ玉ひければ、止事(やむこと)を得ず、用ひ玉ひけり。數日を經て少しづゝちいさくなりて、元の如くになりけり。姫君、うれしく、鏡を取(とり)て見玉ふに、元より少し小ぶりになりて、人並みになりて、はじめ、心にかゝりけるも、「此病(やまひ)のつひで[やぶちゃん注:ママ。]に、ちいさくなりつることこそめでたけれ」とて、殊に黃金(こがね)あまたをたびて、醫師に謝し玉ひけるとなん。これは世にある病にて、鼻の大きになるにあらず、かゝる心持に覺ゆる心の病也と、後、醫師、人に語りけると聞けり。

 予が友櫻園(わうえん)鈴木分左衞門も、この病を煩ひけり。これは手の大きくなるよふに覺ゆる病也。夜の間は殊(ことに)甚しく、衾(ふすま)の内にて、だんだんと大きくなりて、後には箕(み)の大さ程になるよふなれば、ともし火の下に出して見れば、何もかわることなし、眼を閉て寐んとすれば、だんだん大きくなる、探りてみるに、やはり大きなるよふ也。かかる故に寐ること能はず、燈火、明(あかる)くして、手を見つめて、夜を明(あか)すより、外なし。外に苦しむ處なしといへども、身の疲るゝこと甚しく、大病となりけり。肝氣の病なるべし。これも數月の後、癒(いえ)たり。予も訪ひ行けるに、「先(まづ)、病も癒侍り」とて、手を出(いだ)して撫でつさすりつして、「人に見せ侍りては、初(はじめ)より手の病にては非ざる物を、手を見たりとて何にかせん、かゝればこれはも肝氣の病とは知りながら、兎角に手の大きくなる病と思ふ心は忘れがたしと見ゆ」とて、人に語りて笑ひけり。されば、彼(かの)姫君の鼻の、前よりちいさく成(なり)たるよふに覺(おぼゆ)るも理(ことは)りこそ、と思ひ合せて、同病とおもわるゝ也[やぶちゃん注:ママ。]。

[やぶちゃん注:本話が「反古のうらがき 卷之一」の最終話である。本話は既に柴田宵曲 妖異博物館 「氣の病」の私の注で電子化しているが、今回はゼロからやり直した。

「櫻園鈴木分左衞門」は底本の朝倉治彦氏の注によれば、鈴木桃野の友人で、大田南畝の門人であった鈴木幽谷。「櫻園」(おうえん)は号。幕府徒(かち)目付を勤め、諸著作がある、とある。

「肝氣の病」と断じているのは、洋の東西を問わぬ面白い一致である。西洋でも古代より「メランコリア」(現行の鬱病や抑鬱症状)は「胆汁質」タイプ(体質・性質)に発生し易い病いとされ、肝臓を病原臓器として強く挙げているからである。]

« 反古のうらがき 卷之一 疱瘡 | トップページ | 反古のうらがき 卷之二 鶯 »