フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之三 禁中失火等の事 | トップページ | 甲子夜話卷之五 14 小笠原嶋の事 »

2018/09/01

甲子夜話卷之五 13 水戸黃門卿、髑髏盃の事

 

5-13 水戸黃門卿、髑髏盃の事

水戸の常福寺の什寶に、髑髏盃を藏む。これは西山(せいざん)義公の故物と云。一升を容べし。公在世に此盃を常用せられしと。酒量知るべし。醉後は必ず唱歌し給ふ。其詞

 蓮の葉にやどれる露は、釋迦の淚か有難や。

 其とき蛙とんで出(イデ)、それは己(オレ)が小便じや

と、ざれ謠うたひ給ひしとなり。西山に老退せられし後の事なるにや。常福寺及彼公家の臣等所ㇾ云なりと聞く。又盃の故を尋るに、公少年時の卑僕あり。隨從年久し。然るに罪有て、勘氣せられ追放す。其後公の出行每には、必ず隱れながら隨て離れず。公も亦これを知れども見ざるふりに過られたり。然に或時、いかゞしてか公の目前に出たり。公心中これを憐といへども、逐去こと能はず、卽手打にせられ、死骸は久昌寺【公の母君の寺なり】に埋めよと命ぜられ、年月を待て其枯體を掘出させ、頭骨に金箔を施し、盃と爲られし也。是蓋彼僕の赤心潛行して至死不變の追懷を遂げしめ給ふなるべし。此物を今見るに、髑髏の表は公の手ずれにて琥珀の色をなし、殊に美なりと。常福寺の寓僧語れりと云。

■やぶちゃんの呟き

「常福寺」現在の茨城県那珂(なか)市瓜連(うりづら)にある浄土宗草地山蓮華院常福寺。ここ(国土地理院地図)。かるだ もん」氏のブログ「年年是好年 日日是好日」の「大人の♪いばらき おとぎ話2。 水戸のご老公にまつわる、お・と・なの話~その1で本話を採り挙げておられ(梗概の現代語訳が載る)、実際に常福寺を訪問されておられる(写真有り)。但し、ブログ主よろしく、私も常福寺の公式サイトの「寺宝」を見たが(リンク先記載のそれはアドレス変更で繋がらない)この「髑髏の盃」の記載は見当たらない。ものがものだけに、ブログ主も述べておられるように、『本当にあったとしても公開はされていないのかもしれ』ない。ところが、驚くべき記載がリンク先にはあるのである。『しかし「茨城の酒と旅」という本』(ブログの記載によれば、昭和四七(一九七二)年刊)『によると、著者は常福寺で実物は見せてもらえなかったものの、写真を見せてもらった』と載り、同書には、『日露戦争の時や太平洋戦争の時に出征の無事を祈って、地元の人がこの杯で飲んだ人たちがいる』『という逸話も書かれてい』るとあり、その『(写真で見た)髑髏杯は、頭蓋骨の上あごより上の部分(つまり下あごはない)で、額あたりから上の部分と下の部分の』二『つに分かれており、いずれも内側は赤く漆で塗られていて、液体が漏れないようになっている』らしい。そのため、『酒を注ぐと、まるで血をなみなみとたたえているように見える』のだろうと記されているとある。また、この書では『杯になった髑髏のいわれについては』本「甲子夜話」の内容とは異なる話を三つ載せてある、ともある。読んでみたい。なお、正直、この「甲子夜話」の話の「卑僕」の少年の水戸黄門の関係には、明らかに若衆道の匂いが強烈に香っている。

「西山義公」「西山」は徳川光圀の別号、「義公」は諡号。

「容べし」「いるべし」。注ぎ入れることが出来る。

「じや」ママ。

「西山」旧久慈郡新宿村西山に建設された彼の隠居所西山荘。現在の茨城県常陸太田市新宿町にあった。(グーグル・マップ・データ)。

「彼公家の」「かのこうけの」。

「臣等」「しんら」。

「所ㇾ云」「いふところ」。

「尋るに」「たづぬるに」。

「然るに」「しかるに」。

「出行每には」「しゆつかうごとには」。「每には」は「つねには」と訓じているかも知れぬ。

「隨て」「したがひて」。

「過られたり」「すぎられけり」。

「然に」「しかるに」。

「憐といへども」「あはあれむといへども」。

「逐去こと」「おひやること。。

「卽手打にせられ」「すなはち、てうちにせられ」。

「久昌寺」現在の茨城県常陸太田市新宿町にある日蓮宗靖定山久昌寺。(グーグル・マップ・データ)。先の西山荘ある同地区内の東直近である。

「公の母君」久昌院(慶長九(一六〇四)年~寛文元(一六六二)年)は常陸水戸藩初代藩主徳川頼房の側室。名は久。

「爲られし也」「せられしなり」。

「是蓋」「これ、けだし」。

「寓僧」住僧。「寓」(ぐう)は「仮の住まい」の意であるが、僧にとってはこの世はまさにそうだからこの謂いは腑に落ちる。

« 譚海 卷之三 禁中失火等の事 | トップページ | 甲子夜話卷之五 14 小笠原嶋の事 »