フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之五 15 林又三郞に、本多中書、人品を問ふ事 | トップページ | 甲子夜話卷之五 17 松平周防守持鎗の事 »

2018/09/01

甲子夜話卷之五 16 評定所食膳の事

 

5-16 評定所食膳の事

評定所にて奉行に出る食膳、平椀も味噌汁をいるゝと云。珍しき爲方なり。蓋古の遺るか。

[やぶちゃん注:「平椀」(ひらわん)は懐石食器の「四つ椀」の一つで、浅めの大振りな塗椀で、胴に帯状の「かつら」と称される加飾挽きが施されたもの。普通、これには煮物などが盛られる。形状は、参照茶道サイトの画像を見られたいが、そこに江戸中期の旗本で伊勢流有職故実研究家でもあった伊勢貞丈(享保二(一七一八)年~天明四(一七八四)年)の故実書「四季草」から、「椀に平皿、壷皿、腰高といふ物あり。式正の膳には、さいも皆かはらけにもるなり。煮汁の多くある物は、かはらけにてはこぼる』ゝ『ゆゑ、杉の木のわげ物に盛なり。そのわげ物の平きをかたどりて、平皿を作り、其わげ物のつぼふかきをかたどりて、つぼ皿を作りたるなり。そのわげ物にかつらとて、白き木を糸の如く細く削りて、輪にしてわげ物の外にはめるなり。平皿、壷皿の外に、細く高き筋あるは、かのかつらを入たる体をうつしたるなり。腰高の形は、かはらけの下に、檜の木の輪を台にしたる形をうつして作れるなり。かはらけには必輪を台にして置く物なり。是を高杯と云ふなり」と引かれてある。これが静山の言う古式の名残のヒントになるかも知れぬ。

「爲方」「しかた」。

「蓋古の遺るか」「けだし、いにしへの」習慣の「のこれる」もの「か」。]

« 甲子夜話卷之五 15 林又三郞に、本多中書、人品を問ふ事 | トップページ | 甲子夜話卷之五 17 松平周防守持鎗の事 »