フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(57) ジェジュイト敎徒の禍(Ⅱ) | トップページ | 反古のうらがき 卷之二 賊 »

2018/09/07

反古のうらがき 卷之二 狐

 

   ○狐

 祭酒快烈公(さいしゆくわいれつこう)と聞へしは、林家(はやしけ)中興の學者にて、其性、闊達にておわしける。別業(べつげふ)を處々に持玉ひて、春秋佳日ごとに行て遊び玉ひける。

 一日(あるひ)、江邊(うみべ)の別業に夏の暑さを凌がんとて、まだきに起て行玉ひける。

 はすの花盛りなるに愛(めで)て、終日(ひねもす)遊び暮し給ひぬ。

 此別業を守る翁ありて、黑犬一つ飼ひ置けるが、其日は、辨當、さざへ[やぶちゃん注:ママ。]の餘れる食物(くひもの)に飽(あき)て、翁が許(もと)へは行かで、從者どもが、わりごひらく、夏木の繁れる下にのみ、居ける。

 從者ども、おのがまにまに、食物、あとうる[やぶちゃん注:ママ。]ものから、あちらこちら行けるが、果は狂ふよふ[やぶちゃん注:ママ。以下同じ。]にて走り𢌞り、物も得たふべで、ひた走りに走りける。

 祭酒公、あやしみ玉ひて、椽(ゑん)の端(はし)に出(いで)て其樣を見玉ふに、物の付たるに似たれば、其(その)走り行(ゆく)方(かた)を東西と見玉ふに、ものもなし。

 蓮池のあなたなる築山(つきやま)の上に、狐、あり。

 心を付てみれば、此狐が、おとがい[やぶちゃん注:ママ。]、さし向けて、東に向へば、犬、東に走り、西に向けば、西に走るにてぞありける。

「こは。希有のことよ。」

と見るまに、犬は走りつかれて、こなたに倒れて伏しけり。

 暫くして、築山なる狐は、おそるゝ色もなく、從者が投捨(なげすて)し食物を飽(あく)までたふべて走りけり。

 犬は漸(やうやう)起上るといへども、茫然(もぬけ)たるよふにて、座しけり。

 その日は暮て、祭酒は館に歸り玉ひて、知る人ごとに語り玉ひけるに、或は信じ、又は疑ふ人も多かりければ、又の日、行て、先の如く、犬に食物與へて見玉ふに、後(のち)、走ること、前の如くなれば、先の疑へる人をもぐして行て見せ玉ひけり。

 其日は狐も大(おほい)に食(くふ)に飽(あき)て、築山の下に出(いで)て眠りけり。

 祭酒公、酒興のあまりにや、

『此狐、打殺して、けふの酒の肴にせんには、是にしくものあらじ。』

と思ひ、小筒の鐡砲もて打(うち)玉ひけるに、元より手慣(てなれ)ざる業(わざ)なれば、いと拙(まづ)くて打殺しもやらず、狐の耳の先、少し斗(ばかり)打拔(うちぬき)ける。

 狐はおどろきて高く叫びつゝ、築山の蔭に逃入ぬ。

 祭酒も、是非にとも思ひ玉ふことならねば、打笑ひて止(やみ)ぬ。

 扨、日も暮に及びける程に、從者ども集め玉ふに、女(め)の童(わらは)の、一人足らざれば、あちこち尋ねさするに、行衞なし。

 別業の内、殘る隅もなく尋盡(たづねつく)し、いとかうじ果(はて)たる時に、築山の蔭なるすゝきの生茂(おいしげ)りたる中に、前後もしらず、眠り伏(ふし)たり。

「こは、先の狐がなせるわざに疑ひなし。」

とて、おそれあへる人も多かりければ、祭酒、大に怒り玉ひ、其あたり、隅(くま)なく求(もとむ)るに、果して、狐の穴ありて、内の方ひろきよふに見ゆれども、いとくらくして見えもせず、日も暮にければ、せんすべなくて、大小の鐡砲、いくつともなく穴の内に打入(うちいれ)て歸り玉ひける。

 其筒先に當りて死けるか、又は餘りに鐡砲のはげしかりしに恐れて逃去りしか、其後は狐の出(いづ)るといふこともなく、又祟りをなすこともなくて止(やみ)けるとなり。

[やぶちゃん注:以下は底本でも改行が施されてある。]

 狐は常に犬に逢へば術も失せて、爲に食はるゝといふは、昔のことにて、不意に出合(であひ)し時のことをいふのみ。己(おの)が身をよくかくし、おそるゝことなき時は、などか術を施さざらんや。まして食物を爭ふ時は、犬といへども、食物に心奪はれて、狐に心なし。狐は食を奪ふに手だてなき時は、先(まづ)犬をたぶらかし、其後、食を奪ふことを思ふべし。

 昔を信じて今を疑ひがたし。

 本所・下谷の蚊は蚊帳の目を穿ち、あらき布の夜の衣は、のみ蟲の細かなるがむぐり入(いる)などは、昔なきことなれども、今はめづらしからず、物は昔(むか)しにおとりて蚊帳の目のあらきと、布のあらきとを論ぜず、蚤蚊の智のひらけしと思ふも、未だ得たりとせず。

 犬もおろかならば、狐に誑(たぶら)かさるゝこと疑べきことにもあらずかし。

[やぶちゃん注:読み易さを考えて改行を施した。

「祭酒快烈公」江戸後期の儒者で林家第八代林述斎(はやしじゅっさい 明和五(一七六八)年~天保一二(一八四一)年)。快烈府君は諡号。キの「林述斎」によれば、父は美濃国岩村藩主松平乗薀(のりもり)で、寛政五(一七九三)年、『林錦峯の養子となって林家を継ぎ、幕府の文書行政の中枢として幕政に関与する。文化年間における朝鮮通信使の応接を対馬国で行う聘礼の改革にもかかわった。柴野栗山・古賀精里・尾藤二洲(寛政の三博士)らとともに儒学の教学の刷新にも力を尽くし、昌平坂学問所(昌平黌)の幕府直轄化を推進した(寛政の改革)』。『述斎の学問は、朱子学を基礎としつつも清朝の考証学に関心を示し、『寛政重修諸家譜』『徳川実紀』『朝野旧聞裒藁(ちょうやきゅうもんほうこう)』『新編武蔵風土記稿』など幕府の編纂事業を主導した。和漢の詩才にすぐれ、歌集『家園漫吟』などがある。中国で散逸した漢籍(佚存書)を集めた『佚存叢書』は中国国内でも評価が高い。別荘に錫秋園(小石川)・賜春園(谷中)を持つ。岩村藩時代に「百姓身持之覚書」を発見し、幕府の「慶安御触書」として出版した』とある。因みに彼の三男は江戸庶民から「蝮の耀蔵」「妖怪」(「耀蔵」の「耀(よう)」に掛けた)と呼ばれて忌み嫌われた南町奉行鳥居耀蔵である。本「反古のうらがき」の作者鈴木桃野(寛政一二(一八〇〇)年~嘉永五(一八五二)年)の父鈴木白藤は幕府書物奉行であったし、桃野はまさに天保一〇(一八三九)年に部屋住みから昌平坂学問所教授方出役となっているから、晩年の彼と接点があったとしてもおかしくない

「闊達」心が大きく、小さな物事に拘らないさま。度量の大きいさま。

「別業(べつげふ)」(現代仮名遣「べつぎょう」)別荘。

處々に持玉ひて、春秋佳日ごとに行て遊び玉ひける。

「さざへ」「榮螺」。歴史的仮名遣は「さざゑ」が正しい。

「わりご」「破り子・破り籠・破り籠・樏」等と漢字表記する。元は檜(ヒノキ)などの薄板で作った容器で、深い被せ蓋(ぶた)が付いた食物を携帯するのに用いたもの。「めんぱ」「面桶(めんつう)」とも称する。要は「弁当」の意。

「あとうる」「與(あた)ふる」の音変化。

「ものから」接続助詞で順接の確定条件(原因・理由)。

「物も得たふべで」「得」は呼応の副詞「え」の当て字。与えた食い物もちっとも食べることをしないで。

「おとがい」「頤」。顎(あご)。歴史的仮名遣は「おとがひ」が正しい。

「先の疑へる人をもぐして行て見せ玉ひけり」則ち、述斎は二度の検証を経て確信し、疑義を挿む人物を三度目に具して行ったのである。彼のある種の冷徹な用心深さを感じる。松浦静山の「甲子夜話」電子化ってが、林述斎は静山の友人でもあり、しばしば登場、なかなかな辛辣にして切れる男ではある。

「昔を信じて今を疑ひがたし」敢えて「信じて」後に読点を打たなかったのは、「がたし」が前文総てにかかっているからである。これは「怪しげな昔の言い伝えを信じておいて今の眼前に起こった事実を疑う」ということは「出来難い」の謂いであるからである。

「のみ蟲」「蚤(のみ)」。

「本所・下谷の蚊は蚊帳の目を穿ち、あらき布の夜の衣は、のみ蟲の細かなるがむぐり入(いる)などは、昔なきことなれども、今はめづらしからず、物は昔しにおとりて蚊帳の目のあらきと、布のあらきとを論ぜず、蚤蚊の智のひらけしと思ふも、未だ得たりとせず」ここも途中に句点を使わず、読点で繋げたのは前の認識と同じと私は採るからである。則ち、ここで合理の人桃野は「犬もおろかならば、狐に誑(たぶら)かさるゝこと疑べきことにもあらずかし」という結論を論理的に引き出すために前を掲げているのであり、そこでは一部の肯定文が実は否定文として機能するように書かれてある、則ち、「昔を信じて今を疑」ふなどということは出来ない、ということの例として提示していると判断するからである。

――本所・下谷の蚊は蚊帳の目を潜って蚊帳の中にやすやすと侵入し、粗い布の衾(ふすま:衣服状を成した寝具用)は、小さな蚤がそこをやすやすと潜って人の肌にまで達して孰れも血を吸うなどということは、これ、「昔は無かったことだけれども、今は珍しくないことだ。これは蚊帳や衾という物は昔のそれに劣っていて、蚊帳の目が今のは荒いからそうなのだ」だの、「衾を製している布の目が粗いからそうなのだ」だのという、他愛もない議論に賛同しようとは私はさらさら思わぬし、「蚊や蚤の智力が進み、細かな目の空間をも冷徹に見通し、僅かな隙間を巧みに狙って侵入出来るほどに進化を遂げたのだ」という似非進化論を開陳されても、さてもそれのも私は納得し組しようとは全く思わぬ。この場合は、昔の考え方が致命的に誤っているのであり、今現在の冷静な観察に基づく認識の方が正しいのだ。

と桃野は言っているのだと私は思う。大方の御叱正を俟つ。]

 

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(57) ジェジュイト敎徒の禍(Ⅱ) | トップページ | 反古のうらがき 卷之二 賊 »