フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 炭燒小五郞がこと 一 / 始動 | トップページ | 反古のうらがき 卷之三 幽靈のはなし »

2018/09/20

反古のうらがき 卷之三 大雅堂

 

    ○大雅堂

 大雅堂の畫のほまれは、「畸人傳」及び和泉やのとら吉が「書畫談」につまびらかなれば、こゝに略しぬ。此人の畫、東都にあるはことごとくいつはりなるよしは、みな人のしる事なれども、其門人どもが工みに似せたるは、いかにしても、しるよしなし、とぞ。京攝の間は其(その)もてはやしも又、甚しく、其門人といへども、あざむかれて僞物を賞翫するもあり。大雅堂、歿して後、其年忌に當れる日、門人共がいゝ[やぶちゃん注:ママ。]語らふよふ[やぶちゃん注:ママ。]、「こたび打よりて追福の會を催し、おのおの師の手筆の畫持寄りて、大きなる寺院の廣座敷にかけ置て、互に見もし見せもして、終日供養なしたらんは、師もよろこばしく思(おぼ)し玉はん」とて、其日の酒飯の料出し合(あひ)て、貮、三十人寄り合けり。

[やぶちゃん注:「大雅堂」日本の文人画(南画)の大成者とされる、画家・書家の池大雅(いけのたいが 享保八(一七二三)年~安永五(一七七六)年)の雅号の一つ。京都銀座役人の下役の子であった。

「畸人傳」江戸後期の歌人で文章家の伴蒿蹊(ばんこうけい 享保一八(一七三三)年~文化三(一八〇六)年:名は資芳(すけよし))著になる「近世畸人傳正編」(三熊花顚(みくまかてん)画・寛政二(一七九〇)年刊)の巻之四に載る。国立国会図書館デジタルコレクションの画像のこちらで読め、「日文研データベース」のこちらでも横書挿絵入りで読める。

「和泉やのとら吉が書畫談」江戸後期の書画鑑定家で書画商であった和泉屋虎吉(通称)こと安西雲煙(うんえん 文化四(一八〇七)年~嘉永五(一八五二)年)の天保一五(一八四四)年刊の「近世名家書畫談」の巻之三巻頭の「本朝名山大雅畫に眞の幽趣を得る事」。「早稲田大学図書館」の「古典総合データベース」のこちらPDF)で読める(こちらから各ページの画像でも読める)。

「其年忌に當れる日」彼が没したのは安永五年四月十三日(一七七六年五月三十日)。本「反古のうらがき」の成立は嘉永元(一八四八)年から嘉永三(一八五〇)年頃であるから、記載時からだと、既に七十年以上が経過している。]

 こゝに何某といへる人あり。これは大雅堂の門人なれども、師の世にいませる頃より、師の僞筆をかきて、錢金(ぜにかね)にかゆる[やぶちゃん注:ママ。]をもてなりはひとしてありければ、同門の人々、賤しみ忌みて、常にも同門の數にもいれねば、此度の催しの事も告(つげ)しらせざりけり。すでに其日も時うつりて、皆、酒くみかはし、書道の物語りなどして、いと興ありける頃に、彼(か)の何某が麻の上下(かみしも)に黑小袖着て、手に壹幅の畫を携へ、其席に入來れり。人々、「あれは。如何に」といふに、「いや、吾も師が門人なれば、今日の列にくわへ玉へ。各(おのおの)が約(やく)の如く、師の畫幅も持(も)て來りぬ。寄合(よりあひ)の酒飯料も持て來(き)ぬ」とて、さし出(いだ)すに、皆々、かほ見合せて、「如何に計(はか)らはん」といふを、とし老(おい)たる門人がいふ、「此人、常に賤しみ、にくまれたりとて、師の門人に疑ひもなく、殊に師の不興蒙りたりといふにもあらねば、師の追福の爲に催せし會に、數を加へじといふ理(ことわ)りなし。また、かれが持て來りし師の畫幅もあれば、もて歸れといふべき理りなし。許して列にいるゝこそ、よからめ」といふにぞ、皆人々も、「さらば」とて、通しけり。何某も大によろこびて、おのが持て來(きたり)し幅もかけ並べ、「各(おのおの)がたの持て來(き)玉ふ幅ども、見ん」とて、廣座敷、一と𢌞(まは)り見てけり。歸り來て、元の座に付(つき)けるが、「扨も。よく多く集まりて、めでたし。各(おのおの)が、師の道、慕ひ玉ふ心の深さも推計(おしはか)られて、よろこばしく侍るなり。しかし、今、見たりし中(うち)に、おのれがかきたる幅、三幅迄、見ゆるぞ」といふにぞ、皆人々、おどろきて、「にくきかれが廣言(こうげん)かな。師の門人が、まさしく師に授(さづか)りし畫なるに、彼(か)れが筆ならんいわれなし。いづれをか、自(みづ)からの筆といふや。ことによりては其まゝに拾置(すておき)がたし」など、口々にのゝしるにぞ、「いや。爭ひは無益なり。第幾番目の幅より、又、二つ置(おい)ての幅、末(すゑ)より幾番目の幅、此三幅は、みな、おのれが筆なり。但し、其持主はしらねども、親しく師の筆とりて書きしをみて授(さづか)りたるには、おそらくは、これ、あるまじ。市にて求め給ひつるならん。さあらんには正しき師の筆とは、いゝがたし。いかにぞや」と問ひたるにぞ、みな、目を見合ひて辭(ことば)なし。但し、市にて求(もとむ)るにも、一人の眼(め)に極(きは)め兼たれば、同師の友どち、助け合(あひ)て見極めたることどもなれば、今更に、師、自(みづか)ら授け玉へるなりとも、いつはり棄(かね)て、惡(あ)しとは思へども、爭ひにもならで、休(や)みけり。かゝればこの何某が僞筆は、おさおさ、師にもおとらざりけるが、同師の友にさへ見あやまる程ならば、他人の見て眞僞を言ひ爭ふは益なきことぞと、京師より歸りたる人、語りける。

[やぶちゃん注:以下は、底本では全体がポイント落ちで二字下げ。]

◎大雅堂・文晃(ぶんてう)・應舉ナドノ畫ハ僞(ぎ)シ易シ。椿山(ちんざん)ノ畫ニ至テハ、天眞爛漫、實(まこと)ニ企及(ききふ)スベカラズ。夫(それ)サへ、近時、僞物、オビタヾシクアリテ、庸凡(ようぼん)ハ、ミナ、アザムカルヽ也。余、鑿裁(せんさい)ニ暗シトイヘドモ、椿山ノ畫ニ至ツテハ、闇中摸索スルモ、失ハジ。

[やぶちゃん注:「文晃」江戸後期の南画家谷文晁(たにぶんちょう 宝暦一三(一七六三)年~天保一一(一八四〇)年)。田安家の家臣で漢詩人の谷麓谷(ろっこく)の子。

「應舉」江戸中・後期の画家で円山派の創始者円山応挙(享保一八(一七三三)年~寛政七(一七九五)年)。生家は丹波桑田郡の農家。

「椿山」江戸後期の南画家椿椿山(つばきちんざん 享和元(一八〇一)年~安政元(一八五四)年)幕府槍組同心で刀・槍・乗馬に優れた。

「企及」「跂及」とも書く。比肩・匹敵すること。

「庸凡」凡庸に同じい。

★「鍳裁(かんさい)ニ暗シ」は

☓底本は『鑿裁ニ倍シ』で意味が全く通らぬ。

☓国立国会図書館版では『鍳裁(かんさい)ニ愔シ』であるが、

○「鍳裁」は「鑑裁」で鑑定のことだからいいとして、

☓「愔」(和らぐ・静かに安らう・奥深く静か・沈黙する)では意味がとれない。

☓「倍」(背く・もとる・離れる・賤しい)でもなんともピンとこない。

万事休すという訳にもいかないので考えてみた。

○この「□シ」は、或いは、底本も国立国会図書館版も草書で書かれた文字の判読を誤ったのではないか?

そこである字を調べて見た。ああ! これなら「愔」や「倍」に誤りそうだ!

◎「暗」である!

さすればここは評者(例の天暁翁浅野長祚であろう)は謙遜して「私は鑑定眼=目利きには暗いが」と言っているのではないか?

そう採ると、腑に落ちるのである。かくして本文を特異的に弄った。大方の御叱正を俟つものである。

「闇中摸索スルモ、失ハジ」評者は椿椿山の画ならば鑑定眼に自信があると言っているのである。]

« 柳田國男 炭燒小五郞がこと 一 / 始動 | トップページ | 反古のうらがき 卷之三 幽靈のはなし »