フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 反古のうらがき 卷之四 やもめを立し人の事 | トップページ | 反古のうらがき 卷之四 聯句の事 »

2018/09/30

反古のうらがき 卷之四 才子美人

 

    ○才子美人

 所はいづこにや、才子と美人とありけり。男は才の秀たるのみならず、容(すがた)さへ人にすぐれてみやびやかなりければ、其父母はいふもさらなり、凡(おほよそ)しれたる程の人、皆、めでずといふことなし。同じ友とまじわりても[やぶちゃん注:ママ。]、何事も藝能のすぐれたれば、友とはいへど、師のくらい[やぶちゃん注:ママ。]にぞありける。女はかたちのうつくしきがうへに心ざまやさしく、いとたけ[やぶちゃん注:「糸竹」。琴や横笛の演奏。]はいふに及ばず、諸々(もろもろ)の藝に精しく、物ごとまめやかに、人にまじろふ[やぶちゃん注:交際する。]ことさへ、すぐれてよかりけり。かゝる人々の同じ所に住(すみ)て、相しれる中なれば、「果(はて)は夫婦となりて、天の才子美人を生(しやう)じ玉ひし御(み)こゝろにかなふべきは、人間の力を用ゆるに及ぶべからず」と、人々、見許(みゆる)して[やぶちゃん注:(二人が親密にするのを本来はやや節操を欠くとして咎めるべきところを)見ながらも、とがめないでおき。見逃してやり。]、言名付(いひなづけ)などのよふに婚姻の時をぞ待(まち)にけり。男女のたがひのこゝろのうちにも、『かくあるべし』と思ふにぞ、敢て戀(こひ)わぶる事もなく、世の人のいふ事を言ひ約束のごとく思ひて、時、經にけり。かく定まりたることのよふに思ふものから、佗(ほか)より言(いひ)よる人もなく、のけものゝよふにぞ有(あり)けり。男女(ふたり[やぶちゃん注:私の勝手な読みである。])もこゝろにかくは許せども、誰(たれ)もていひよらんたよりもなけれど、よのつねの人の戀するさまも珍らしからず、かく天より結びし緣なれば、自然に任(まか)すとも、今、はた、われを捨て佗人(たにん)に許さんよふ[やぶちゃん注:ママ。]はあるまじと、こゝろにおちゐて、月日をぞ得ける。扨も、男廿一、女十八といふ年のはる、男女ともに、他(ほか)より、婚姻の事、いひ入(いる)る人ありて、其方(そのはう)にぞ許しける。互の父母のこゝろには、克(かつ)て貴き人に緣結ぶならん、此方(こなた)より言出(いひい)で、ことならずば、恥なるべし、若(も)し、貴き人を求るこゝろなくば、必(かならず)吾方に言入ることあるべしと思ふにぞ、一言もいひ出さず、又、わざわざにまじわりもうとくして、親しみよる方を負(まけ)なりと思ひ、いたづらに、にらみあひて過(すぎ)ける。佗(ほか)の人、これを見て、もどかしさに媒(なこうど)となりて言入(いひいれ)たるに、思ふよふにおり合はで、遂には、互に、腹あしくなりて、事、やみにけり。古(いに)しへより、才子美人の緣はなきものなりといふ人ありしが、理(ことわり)に通達(つうたつ)したる人なりけり。かかれば、緣ありて人に妬(ねた)まれんよりは、緣なくて人におしまるゝも[やぶちゃん注:ママ。]、却て、才子美人の甲斐あるよふに覺ゆるなり。とかくに事は十分ならぬ方(かた)ぞ、なさけありて、よし。世に「痴人の福」といふこと、おふし[やぶちゃん注:ママ。]。薄命は才子美人のつねぞかし。惜しむも又、理(ことわり)に達(たつ)せざる人なるべし。

[やぶちゃん注:くどい叙述で、両「才子美人」の映像も一向に浮かばず、言っている理窟もつまらない。「反古のうらがき」の中では最も面白くない一条と私は思う。しかし、或いは、ここには作者鈴木桃野自身の隠された人生が裏打ちされているのかも知れない。]

« 反古のうらがき 卷之四 やもめを立し人の事 | トップページ | 反古のうらがき 卷之四 聯句の事 »