フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 炭燒小五郞が事 三 | トップページ | 反古のうらがき 卷之三 化物太鼓の事 »

2018/09/23

反古のうらがき 卷之三 二人のくすし

 

    〇二人のくすし

[やぶちゃん注:如何にも物語風なれば、改行を施し、注を入れ込んだ。]

 たとき御方につかへまつるくすしなんありけり。おひたるとわかきと、二人、むつみ深かりけり。たがひにざえ【才】[やぶちゃん注:「才」は「ざえ」の右傍注。]の世にすぐれたるをほこりて、はては

「智慧くらべして、かけ物せん。」

といひけり。

「扨、いかにせん。」

といふに、

「北の御方にもの奉りて、其御こたへとて、物たびてんとき、よき物得たらんものこそ、智慧まさりたりとは定むべし。」

といへば、

「いみじく計りけり。」

とて、其事には定めける。

 家にかへりて、

「何をか奉らん。」

と案じわづらふに、わかき藥師がおもふに、

「先に、北の御方御なやみありしとき、つきづきの女づかさが、ひそかに、とひし事あり。『琉球芋[やぶちゃん注:薩摩芋のことであろう。]の能毒(のうどく)はいかに。北の御方の御なやみにさわりはあらじ』などいへり。思ふに常にこのみ玉ひてめすにてあらん。これは女のこのむ物なれば、貴きいやしきの隔てはあらじ。さらずともつきづきの女づかさどもは、これをこのむ人もおほかるべし。さあれば、奉り物は、これにしかじ。」

と、琉球芋のよくこへふとりたるをゑらびて、米だわらに入(いれ)て貮つ迄ぞ奉りける。

 取つぎの女づかさにいゝ入るよふ[やぶちゃん注:ママ。以下同じ。]、

「北の御方にきこへ上(あげ)んよふは、琉球國より、さつの國に渡りて、いま、吾朝にもてはやす、味よき芋にて侍れば、御藥にかへ玉ひても、くるしからず。御つきづきの女郞にあたへ玉へば、色を白くし、みめをよくし、膚につやをせうず。」

など、口がるにのべければ、みな人、

「にくきゑせくすしがいひてふ哉(かな)。」

[やぶちゃん注:「憎き似非藥師が言ひてふかな」で、「いひてふ」は恐らく「言ひ言ひて」(「繰り返し言って・あれこれ言って」の意)の後半が「といふ」の約「てふ」に変じたものであろう。]

とて、よくも聞果(ききは)てゞ、三人四人(みたりよたり)づゝ立出(たちいで)ては、さしになひ、いとおもげに、もて入(いり)にけり。

「よくもしつるものかな。」

と、吾ながらにたゝへてかへりぬ。

 扨、老たるくすしも、

「何をがな。」

と思ひつゞくるに、これも、同じことをぞ案じいでけり。

「先に北の御方の御くすりめすとき、御忌みものを聞へ上げしに、女づかさがおどろきていふよふは、『餘(よ)の品々はさわりなし、「わりな」は常にめす物なり。穴賢(あなかしこ)、あやまりて、ぐこに、なそなへそ』と、其つかさつかさへふれたるを思へば、常に好みて、「わりな」をめすとこそ覺へ侍る。さあらんには、よふこそあれ。」

[やぶちゃん注:「わりな」割菜。乾燥させた里芋(八頭)や蓮芋などの葉柄。「随喜(ずいき)」「芋茎(いもがら)」(皮を剝いて干したもの)とも称する。戦国時代から保存食として食されてきた伝統的な保存食。水やぬるま湯などで戻し、酢を入れたお湯で茹でてあく抜きをした後、酢の物・和え物・味噌汁・煮物・きんぴらなどに用いられる。

「ぐこ」「供御」。女房詞で「御飯」のこと。「くご」とも。]

とて、唐のいも[やぶちゃん注:「とうのいも」で、ここはサトイモを指すと考えてよかろう。]の莖立(くきだち)て葉をさへひらきたるが、たけ、六尺斗りもあらんと思ふを、瓦の鉢に植(うゑ)て、一もと奉りける。きこへ奉るよふは、

「これは常に『ぐこ』にもそなへ侍る『わりな』の、いけるまゝをとり得て侍れば、餘りに珍らかなるによりて奉り上る也。『ぐこ』に備へ侍るは、きたなげにほしからして侍れば、いくたびかせんじてものにつくるにてさむらへ[やぶちゃん注:ママ。]ば、味ひ、さりはてゝ、ものにも似ず侍る也。これは其まゝにて、見そなわす如く、いみじく淸らに侍れば、葉まれ、莖まれ、そがまゝにせんじてめすとも、おのづからなる味ひありて、殊に人の身にますこと、多く侍るかし。女郞のうへには、更にめでたきことありて、いかなる『うまづめ』【石女】[やぶちゃん注:「石女」は「うまづめ」の右傍注。]なりとも、これをふくせんには、必(かならず)、近きに、はらめること、あるべし。これ、いものこの多きにても、しらるゝ道理にて侍る。」

など、聞へ上げたり。

「さても、にくきくすしどもが計ひや。」

と、女づかさ共がのゝしるをばしらで、

『計(はか)りおゝせぬ。』

とおもいて[やぶちゃん注:ママ。]歸りてけり。

 かゝるくせ者どもが奉り物も、そがまゝに捨置(すておく)べきにあらぬならひにて、聞へ上げしよふも[やぶちゃん注:献上した際の各薬師が述べ上げた能書きも。]、のこりなく取次(とりつぎ)て、みまへにぞ出(いだ)しけり。

 日をへて、

「御こたへの賜物あり。」

とて召すにぞ、うれしくみまへに出(いで)にけり。

 黑漆のからひつ[やぶちゃん注:「唐櫃」。]に、山なす斗り、もの取入(とりいれ)てみまへにすへたり。

 北の御方、御手づから、ゑりとらせ玉ひてたぶ、といふが、ふるきためしなれば、其日も、さるかまへしつるにてぞありける。

「此くせ者どもが、何れか智慧まさりて、案じ出(いだ)しことの、其(その)づに當りたるや。」

といふに、老たる方は、殊に久しく見もし、聞もしたること多ければ、これが勝(かち)たるにて、北の御方は常に「わりな」をすかせ玉ひけるにてぞありける。琉球芋はさまでにすかせもし玉はず。

 みまへにすへ侍る時も、きたなげにみへ[やぶちゃん注:ママ。]侍れば、さまでにめでもし玉はず、ひたすら唐の芋を、

『めづらし。』

とぞ思(おぼ)し玉ひけり。

 よりて、これにこたへ給はんとき、

「よき物とらせん。」

とて、から櫃のうち、ゑり[やぶちゃん注:「選り」。]求め玉ひて、

『これぞ、よきもの。』

とや思しけん、油紙の烟草入(たばこいれ)に、金の箔、おきつめたる[やぶちゃん注:「置き詰めたる」であろう。]を、取出(とりいで)て、たぶ。

 今一人には手に當る物を取りて、たびけり。

 これは和蘭陀(おらんだ)の羅紗(らしや)にて作りたる紙入に、白銀(しろがね)の金物(かなもの)打(うち)たるにてぞありけり。

 みなみな、みまへをしぞきて、いふよふ、

「芋の莖を奉りしは、北の御方の御心にかなひしに疑ひなけれども、餘りに『よき物たばん』とて求め玉へば、元より物のよしあしもしろしめさぬものから、金の光りのめでたく見へしを、『上(うへ)なきよきもの』とおぼし誤りて、たびけるなり。然れば、智慧は、右[やぶちゃん注:対になる一方。ここは我(われ:話者である老薬師)の意。]、勝(まさ)りたるなれども、手に當る物をたびたる方(かた)、かへりて、よきもの得てければ、物は、そこ、勝(まさ)りたり。『奉りし物がかろければ、たまものもかろき』ぞことはり[やぶちゃん注:ママ。]にあたりて侍るなれば、『みな、大ぞらよりさづけ玉ふものぞ』と思ひて、かまへて智慧をば、たのむまじきもの。」

とて、互に笑ひ侍るとなん。

 

« 柳田國男 炭燒小五郞が事 三 | トップページ | 反古のうらがき 卷之三 化物太鼓の事 »