フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 反古のうらがき 卷之二 胡麻の灰といふ賊 / 反古のうらがき 卷之二~了 | トップページ | 反古のうらがき 卷之三 打果し »

2018/09/13

反古のうらがき 卷之三 ふちがしら

 

 反古のうらがき 卷之三

 

    ○ふちがしら

 刀脇差の小道具は、物好(ものずき)多く、いろいろの美を盡(つく)す中に、古(ふ)るき品々取合せて作りたるは、殊に見所多き物也。されば、「大小の刀、同じ品揃ひたるは、物好(ものこの)まぬ人のする態(わざ)」とて、ことさらに別樣の物を用ゆる人、多し。かゝれば品がら、時代或は模樣よく出合(いであひ)たるは、あたへも貴(たか)く賣買することとなりぬ。此頃の人の尤(もつとも)物好する人は、いかなるよき品とても、揃ひたる物は深く惡(にく)みて買取らず、かたくなに似合(にあひ)の品ども取集めて、「よく出合たり」と誇りあへりけり。あき人、これを惡めども、せん方なく、是迄の揃ひたる品は、自然(おのづと)、あたへ、いやしく賣(うり)けり。其中に、わるがしこき者ありて、一揃ひの品を、先(まづ)、片方を持行(もちゆき)てうりけり。扨、これが取合せを求る樣(さま)を見て、後に又、片方を出(いだ)して賣(うり)ければ、「よく出合たり」とて、よろこびて買(かひ)とり、あたへも甚(はなはだ)たかく賣たるとなり。かく、あき人は、かしこく人を欺くなるに、「我は欺かれまじ」とて、あき人のごとく品物取扱ひ、多く見覺へ・聞覺へなどする人ぞ、あさまし。さまでに物好みの心はやみ難きものなるにや。あたへたかくよき念入(ねんいり)の品々は、誰(たれ)にもしり易きものぞ。かゝるゑせ[やぶちゃん注:ママ。]ごとして『貴き品にもまさらん』とする心の賤しきより、あざむかるることも多く出來(いでく)ることぞかし。

[やぶちゃん注:標題「ふちがしら」は「緣頭」で、刀の柄の頭の部分及びそこに付ける金具類を指す「柄頭(つかがしら)」に同じい。

「あたへ」ここは「價」であるから、「あたひ」が正しいが、「あたひ」が転じて「あたえ」「あたい」となった経緯から、すでにこの時代には誤記とは言い難い。

「ゑせごと」「似非事・似而非事」。鑑定家の(レベルの低い・間違いだらけの・杜撰な)真似事。歴史的仮名遣は「えせごと」でよい。]

« 反古のうらがき 卷之二 胡麻の灰といふ賊 / 反古のうらがき 卷之二~了 | トップページ | 反古のうらがき 卷之三 打果し »