フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 山居 | トップページ | 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 殺人事件 »

2018/10/30

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 苗

 

  

 

苗は靑空に光り、

子供は土地(つち)を掘る。

 

生えざる苗をもとめむとして、

あかるき鉢の底より、

われは白き指をさしぬけり。

 

Naenoato

 

[やぶちゃん注:見返しで二ページに分離しており、見開き右ページに「あかるき鉢の底より、」/「われは白き指をさしぬけり。」の二行があり、その左ページに田中恭吉の画稿から採ったこの鮮烈なペン画が現われる。赤い薬包紙(肺結核であった恭吉自身の飲んだ後のそれである)に赤インクで描かれたものである。これはサイト「文学マラソン」の「薬包紙に描かれた画(詩と画のコラボレーション)による情報である。そこには、『田中は萩原朔太郎』『からの依頼で『月に吠える』の装丁・挿画を引き受けます。得意の版画は体力的に厳しくなっており』(恭吉は大正二(一九一三)年頃に発症しており、療養のために郷里和歌山に帰っていた)『ペン画にすること、詩のイメージにこだわらない「わがままな画」で良いことを条件に引き受けました。切羽詰まった中でペンを運んだと思われ、赤い薬包紙に赤インクで描かれたものも』三『点含まれます。それらが彼の遺作となりました』。『田中が朔太郎にあてた手紙の一節に』は、

『私の肉体の分解が遠くないといふ予覚が私の手を着実に働かせて呉れました。兄の詩集の上梓されるころ私の影がどこにあるかと思ふさへ微笑されるのです。』

『とあります。自分の心情にぴったりの表現の場を得て、病いの中にあっても、心躍り、夢中になっているのが分かります。しかし、その言葉(「私の影がどこにあるか」)通り、『月に吠える』が上梓された』大正六年二月十五日(朔太郎三十歳)『には、田中はもうこの世にいなかった。死から』一年と三ヶ月『ほど経とうとしていました』。『『月に吠える』では、朔太郎の病的なまでに研ぎすまされた言葉の合間に、田中の画が姿を現します。「わがままな画」なので、詩を説明したような画ではありません。画が詩の添え物ではなく、画も詩と対等に存在し、相乗効果を生んでいるようです』とある。初版を読む者の見た目で示すために、右ページも含めて取り込んだ。地はもっと白いが、赤の色調の変質を考え、敢えて補正は行っていない。なお、本篇に限っては詩篇の初出はない。本詩集刊行までは全くの未発表の詩であったと考えられる。]

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 山居 | トップページ | 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 殺人事件 »