フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 反古のうらがき 卷之四 聯句の事 | トップページ | 反古のうらがき 卷之四 雷の事 »

2018/10/01

反古のうらがき 卷之四 媒の事

 

   ○媒の事

 近きあたりの人、妻二人迄もてりしが、みな、先だてゝけり。こたびは予が知れる人、媒(なこうど)して、さる國主に宮づかへせし女をめとりけり。男は年四十を越たれば、妻も三十斗にぞ有ける。婚禮の夜も深(ふ)け行(ゆけ)ば、媒は「宵の程」とて立去りにけり。程もあらで、媒が門のけわしく打たゝく者あり。女房、立出で「誰(たれ)」と問ふに、「何某なり、火急に殊に逢はで叶はぬことあり。こゝ、明(あけ)玉へ」といふ。媒は寢入(ねいり)もやらで有ければ、出(いで)て逢(あひ)たるに、せきにせきたるさまにて、「人にもあらぬ者を媒(なかだち)して」といふ聲の聞ゆるにぞ、妻は大におどろきて、壁に耳さしあてゝ聞くに、跡は「ひそひそ」として聞へず[やぶちゃん注:ママ]。又、「一分(いちぶん)立(たて)がたし。」といふ聲きこへて、又、「ひそひそ」と語りけり。『何ごとにや』と案じわずらひけるに、程もなく、さりてけり。媒(なこうど)は妻にも告(つげ)ず臥(ふし)けるが、明けの朝、とく、來りて、又も、奧まりたる座敷に入(いり)て、差向ひにて語るさまなりしが、媒、「いかにや」ととふ。たゞ、「よし、よし」と答へて、さりけり。此事、誰しるものもなくて、すみけり。一年斗り過(すぎ)て子一人、生(うまれ)ける。あやしかりし事になんありけり。

[やぶちゃん注:初夜、その始めに男の驚愕した事実は遂に明かされない。消化不良を起こす奇談である。ヒントは「人にもあらぬ者」一つ。なお、「なこうど」「なかだち」は私の趣味で読み変えたに過ぎない。総て「なかだち」でも問題ない。]

« 反古のうらがき 卷之四 聯句の事 | トップページ | 反古のうらがき 卷之四 雷の事 »