フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 干からびた犯罪 | トップページ | 古今百物語評判卷之五 第二 蜘蛛の沙汰幷王守乙が事 »

2018/10/30

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 蛙の死

 

  蛙 の 死

 

蛙が殺された、

子供がまるくなつて手をあげた、

みんないつしよに、

かはゆらしい、

血だらけの手をあげた、

月が出た、

丘の上に人が立つてゐる。

帽子の下に顏がある。

            幼年思慕篇

 

[やぶちゃん注:「悲しい月夜」パートの掉尾に置かれている。私が最も偏愛する一篇。ここには恐るべき「永遠の少年」(puer eternus:プエル・エテルヌス)のトラウマが隠されている。私はずっと昔から、この一篇をイメージ・ショート・フィルムに撮りたい欲求を抑えきれない。初出は『詩歌』大正四(一九一五)年六月号。特に大きな変化はない(但し、「幼年思慕篇」の附記はない)が、以下に示す。

   *

 

  蛙の死

 

蛙が殺された、

子供がまるくなつて手をあげた、

みんないつしよに、

可愛いらしい、

血だらけの手をあげた。

月が出た、

丘の上に人が立つて居た、

帽子の下に顏がある。

 

   *

個人的には映像的なシナリオとして読む時、初出は「血だらけの手をあげた。」の句点に軍配を挙げるが、共時的コントラプンクト(対位法)のモンタージュとしては「丘の上に人が立つてゐる。」の現在進行形がよい。例えば、モノクロで、

 

●蛙の断末魔(サウンド・エフェクト。オフで)

○殺された蛙。(フェイド・イン。ロング・ショットからゆっくりズーム・イン)【1ショット】

○丸くなって、手を挙げる子供たち。(上からフル・ショットで子どもたちが全方向からイン)【1ショット】

○みんな、一緒になって挙げる「かはゆらしい」、「血だらけの」手、手、手(カット・バック)【5ショットほどでよろしく】

○月の出。【1ショット】

○丘の上に立っている人。(ロング・ショット)【1ショット】

○夜の空。(ゆっくりティルト・ダウンして)帽子、そして帽子の庇、そして、その下の奥の翳に開く、両眼。【1ショット】

 

といった感じだ。]

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 干からびた犯罪 | トップページ | 古今百物語評判卷之五 第二 蜘蛛の沙汰幷王守乙が事 »