フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 苗 | トップページ | 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 盆景 »

2018/10/30

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 殺人事件

 

  殺人事件

 

とほい空でぴすとるが鳴る。

またぴすとるが鳴る。

ああ私の探偵は玻璃の衣裝をきて、

こひびとの窓からしのびこむ、

床は晶玉、

ゆびとゆびとのあひだから、

まつさをの血がながれてゐる、

かなしい女の屍體のうへで、

つめたいきりぎりすが鳴いてゐる。

 

しもつき上旬(はじめ)のある朝、

探偵は玻璃の衣裝をきて、

街の十字巷路(よつつぢ)を曲つた。

十字巷路に秋のふんすゐ。

はやひとり探偵はうれひをかんず。

 

みよ、遠いさびしい大理石の步道を、

曲者(くせもの)はいつさんにすべつてゆく。

 

[やぶちゃん注:「よつつぢ」はママ。正しい歴史的仮名遣は「よつつじ」。「晶玉」は「しやうぎよく(しょうぎょく)」で大理石などの美しい石。初出は『地上巡禮』大正三(一九一四)年九月号。「こひびと」が「戀びと」、「床」に「ゆか」とルビ、「しもつき上旬(はじめ)のある朝、」が「九月上旬(はじめ)のある朝、」であるのが大きな改変で、「十字巷路に秋のふんすゐ。」の方にも「よつつぢ」(ママ)のルビがあり、さらに「ふんすゐ」の後の句点は読点、「はやひとり探偵はうれひをかんず。」は「はやひとり、探偵はうれひを感ず。」と読点と漢字表記の違いがあり、「遠いさびしい」も「遠い寂しい」、「すべつてゆく」も「すべつて行く」となっている。この一篇は松本清張にどっぷりはまっていた中学時代に読んで、カット・バックとクロース・アップを多用し、サウンド・エフェクトも美事な、サスペンス映画のワン・シーン(例えば後のキャロル・リード(Carol Reed監督の「第三の男」(The Third Man・一九四九年製作・イギリス映画)を見るようなそれに、一気に惹かれたのを思い出す。私は当時から好きな詩を書き写す手帖を持っていたが、確かにこれをそこに綴ったのを懐かしく思い出す。九月上旬から十一月上旬に変えることで、シークエンスの冷感がいや増しにされて効果的なのではあるが、ただ、その結果として前段の「きりぎりす」が鳴いているのが、ありえないミス・シーンとなってしまっている(九月上旬なら問題ない)のが惜しまれる。]

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 苗 | トップページ | 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 盆景 »