フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 古今百物語評判卷之四 第七 雪女の事幷雪の説 | トップページ | 三女アリス一周忌 »

2018/10/25

古今百物語評判卷之四 第八 西寺町墓の燃えし事

 

     第八 西寺町(にしてらまち)墓の燃えし事

一人の云(いは)く、「近き比(ころ)、西寺町のある寺に、切腹せし人を葬りしが、夜每に其墓より、火、もえ出(いで)候故、はじめは、小僧・同宿などの見たるのみにて、さだかにもなく候處に、後(のち)には、住持、きゝつけ、世にあやしき事におもひ、さまざま、經文などかきて弔ひけれども、其しるしなかりしに、此比は燃えず候ふよしを申し候ふが、其墓のもゆる程なる罪人にて、いろいろのとぶらひをうけても消えざるに、おのれと[やぶちゃん注:自然と。]靜まりたるも、あやしく存ぜられ候ふ。とかく此理(ことわり)、くはしく承らばや」と云ひければ、先生、答へていはく、「是(これ)、不思議る事に侍らず。其(その)埋(うづ)みしからだ、切腹せし人なれば、血、こぼれ出(い)でて、其血より、もえ出づる火なり。是を『燐火(りんくは)』と申し侍る。よる、見え候は、例の陰火なれば、なるべし。人の血のみにかぎらず、牛馬などを殺せし野原なども、其血のかたまり殘たる處は、かならず、もゆる物なり。さて、其(それ)靜りしは、彼(かの)血も久しくなれば、血の氣(き)つきて、土となる故、おのれと、やむ理なり。さるにより、其血の氣、つきざるうちは、其僧の教化を得ても、止み申さず。あやしき事に侍らず。元より、水火は天地陰陽の精氣にて、分(ぶん)[やぶちゃん注:性質。属性。]のたゞしき物なれば、其(その)有(ある)べき處にあたりては、あらずといふなく、なかるまじき所にあたりては有(ある)事なし。されども、鬼神幽冥の道理なれば、人、悉く其(その)理をわきまふるに及ばず。其(それ)、珍しきに附きて、或は、ばけ物と名附(なづけ)、不思議と云(いへ)り。世界に不思議なし、世界、皆、ふしぎなり」と評せられき。

[やぶちゃん注:俄か禅坊主みたようなこと言ってやがら……

「西寺町」京都府京都市左京区正往寺町にある西寺町通附近であろうか。ここ(グーグル・マップ・データ)。地図を見て戴けば判る通り、東西に寺が林立する。

「同宿」その寺で住持について修行している僧ら。

「住持、きゝつけ、世にあやしき事におもひ、さまざま、經文などかきて弔ひけれども、其しるしなかりし」とあるのだから、住持自身も、噂を聴いただけでなく、その怪火を現認したのである。]

« 古今百物語評判卷之四 第七 雪女の事幷雪の説 | トップページ | 三女アリス一周忌 »