フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 春の實體 | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 𪃹(しなひ) (アカハラ・マミチャジナイ) »

2018/10/31

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 贈物にそへて

 

  贈物にそへて

 

兵隊どもの列の中には、

性分のわるいものが居たので、

たぶん標的の圖星をはづした。

銃殺された男が、

夢のなかで息をふきかへしたときに、

空にはさみしいなみだがながれてゐた。

『これはさういふ種類の煙草です』

 

[やぶちゃん注:本詩集で初めて発表された詩篇。]

 

Sininntoatoninokorerumono

 

[やぶちゃん注:田中恭吉の「死人とあとにのこれるもの」。生誕百二十年記念として和歌山県立近代美術館で催された「田中恭吉展」「出品目録」PDF)によれば、大正三(一九一四)年十二月の作で『インク・鉛筆、紙』とある。右ページ(百ページ)に「贈物にそへて」の最終行「『これはさういふ種類の煙草です』」一行だけが印刷されていて、左ページに短い上記の右辺を下にした形で配置されている。しかし、それは原画の正立像を九十度右に回転させて貼り込んだもので、この絵は本を左に九十度回転させて鑑賞しなければならないのである。この絵の長辺は絵の枠が正直線でないため、このままの大きさで貼り込むには最低でも横幅が十二・二センチメートルが必要である。ところが、本詩集の本文部分の用紙の横幅は約十三・五センチメートルしかなく、しかも綴目による視認の阻害を考えると、使用可能な幅は最大十二・五センチメートル以下であり、とてもこの絵を正立像で鑑賞に耐え得るように貼り込む(実際には貼り込まれたもので、挿絵には本詩集巻頭部分の挿画目次でページ数が割り当てられているものの、その数字は実際には、差し込みした前のページのノンブルである)ことは出来ない。無論、以上で私は、当該の絵を正立させて示してある(原本の絵の中の「地」は実際にはクリーム色を呈しているが、今回はシャープさを最優先とし(私の粗末な機器とソフトではカラーでとり込むと、全体がソフトになってぼけた感じになってしまうことが判ったためである)、モノクロームで画素数を上げてとり込んでみた)。

 

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 春の實體 | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 𪃹(しなひ) (アカハラ・マミチャジナイ) »