フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 古今百物語評判卷之三 第四 錢神の事附省陌の事 | トップページ | 古今百物語評判卷之三 第六 山姥の事附一休物語幷狂歌の事 »

2018/10/15

古今百物語評判卷之三 第五 貧乏神幷韓退之送窮の文、范文正公物語の事

 

  第五 貧乏神韓退之送窮の文(ぶん)、范文正公物語の事

Binbougami

[やぶちゃん注:入れ子の会話文が多いので、特異的に改行・字下げ及びその他の記号を施して読み易くしてみた。]

 ある人の云(いはく)、

――去(さる)物語たりに云へるは、河西(かはにし)あたりの、きはめてまづしき者、何事も『左(ひだり)ずまふ』をとるがごとく、くる年も侘しく、明くる年も心にかなはねば、

「とやせん、かくやらむ。」

と、身のをき所さへ案じくらす折ふし、何かは知らず、肩の上より、五寸ばかり成(なる)物、落ちたり。

 取りあげ見れば、人形(ひとかたち)にて、目・鼻・口・舌も、そろひたり。

 彼(かの)貧者、おどろきて、

「汝、何者なれば、我が肩より落ちたる。」

と云へば、答(こたへ)て云く、

「我、世に、いはゆる、貧乏神にて、日頃、こなたの身に住(すま)ゐせし者なり。」

と云へば、貧者、よろこび、妻子を呼(よび)て云ふやう、

「扨々、嬉しきこと哉(かな)。此日比(このひごろ)、此者、我につきまとへばこそ、汝等にも、からき目を見せつれ、向後(けうかう[やぶちゃん注:原典のママ。正しくは「きやうこう」。])よりは、手前もなをり、物每(ものごと)、潤澤なるべし。打ち殺しても捨(すつ)べきなれども、いぬると云へば、其まゝにてたすけやるべし。」

と云へるに、貧乏神、わらつていふやう、

「御悦(おんよろこび)は御尤(ごもつとも)なれども、我、そなたの身をはなるゝに非ず。こなたの身のうへ、頂(いたゞき)より、足のつまさき迄、ひしと、諸方の貧乏神、つきまとひたるうへに、此比(このごろ)、また、新しき神どもの、遠方よりつどひ來たりし故、おり所なく誤(あやまり)て落ち侍る。」

といへば、彼者、興さめて、あきれはてたり、と申す事の候が、若(もし)、此神候哉(や)、左(さ)候はゞ、萬(よろづ)のばけ物よりもおそろしき者にて御座候。――

 

と問(とひ)ければ、先生、評していはく、

 

――此神を『窮鬼(きうき)』[やぶちゃん注:貧乏神。]と名附たり。

 夫(それ)、人の貧富は、天命の禀受(ひんじゆ)[やぶちゃん注:授かり受けること。]の、あつき・薄きによれば、聖賢君子の、德義正しく、智慮ふかしといへども、如何ともする事、なし。孔子・顏淵・曽參(そしん)・原憲(げんけん)の類(るい)、あげてかぞふべからず。

 然るを、愚なる者は(しい)て貧(まづしき)を去り、富を求めむとして、其身をくだし、名をはづかしめ、後には刑戮(けいりく)[やぶちゃん注:刑罰に処すること。死刑に処すること。]に落ちゐる[やぶちゃん注:ママ。]たぐひ、此れ、天命を知らずして、幸(さひはひ)を願ふがゆへ成(なる)べし。

 常體(つねてい)の者は、天命の説も、ことむつかしければ、佛家(ぶつけ)に、いはゆる、三世(さんぜ)の説を立てゝ、過去の宿業(しゆくごふ)と云へるも、害あるにあらず。

 かく、天運によるなれば、神(かみ)有(あり)て司(つかさどれ)るにもあらざめれど、唐の韓退之と申せし大儒も、正月・晦日(つごもり)に酒肉をのせて、文章一篇をつくり、舟にて『窮鬼』を送り給ひしかど、一生が間、不仕合(ふしあはせ)のみ、打續(うちつづき)候故、宋の陳簡齋(ちんかんさい)といふ詩人の詩にも、「韓愈推ㇾ窮窮不去 樂天待ㇾ富富不ㇾ來」(韓愈 窮を推せども窮去らず  樂天 富みを待てども 富み來らず)と作りしとかや。

 又、宋の范文正公と云(いへ)るは、宋朝一人の人品(じんひん)にて、學問才藝は更にもいはじ、好むで、人に施し給ふ。後に饒州(ぜうしう)の守護職に成(なり)給ひて、家、富み、門、榮(さかえ)たり。

 然(しかる)に、其友に、きはめてまづしき浪人ありて、渡世のたつきなかりければ、范文正公と舊友なるによつて、

『合力(かうりよく)に預らばや。』

と思ひて、遙々、饒州にいたりて、此事を嘆きしかば、文正公、もとより、人に物ををしまぬ心なれば、大守たりといへども、一錢のたくはへ、なし。

 折節、六月の頃なれば、文正公、仰せけるは、

「當夏(とうなつ)の税(みつぎもの)に麥を數萬石(すうまんごく)おさめしを、せがれ某(それがし)をして、慰みがてら、奉行にそへて、賣りに遣したり。此者、歸らば、此金をあたふべし。」

とて、待(まち)給ふに、子息、歸りて申さるゝは、

「むぎをそれぞれに賣(うら)せける所に、古鄕(ふるさと)を通りしかば、親類どもの、まづしく候ふ者に、のこらず、あたへて歸り候ふ。」

と申されし故、文正公も、彼の友だちも、力をおとしぬ。

 さて、其後(のち)、文正公、仰出(おほせいで)らるゝは、

「此州に晉(しん)の王義之の石碑あり。是を石ずりにうつ時は、壹枚を黃金(わうごん)一斤(いつきん)には賣れ、やすかるべし。されども、平人(へいにん)の是をうつ事、あたはず。我、幸(さひはひ)、守護なれば、心易し。」

とて、則(すなはち)、其石摺り百枚をうち給ふべき紙硯(かみすゞり)をとゝのへ給ひ、

「既に、いついつの日、打ち給ふべき。」

とて、其(その)近邊に仰付けられ、既に明日はその所へ文正公も諸共(もろとも)に出で給ふべきと定(さだま)りたる今夜、俄に、土民ども、來たりて申(まうす)やう、

「今夕、俄に夕立して、雷(いかづち)、その石碑へ落(おち)候が、雨晴れて後、見候へば、石碑、微塵にくだけ、いづちへ飛びしやらん、行(ゆき)がたを存ぜず。」

と申(まうし)けり。

 その友、とかうすべきやうもなくて、手をむなしくして、かへり侍りぬ。

 誠にけつかう[やぶちゃん注:ママ。「結構」。]なる文正公を友達にもち、かく念比(ねんごろ)に預(あづか)れども、其數(すう)のきはまりには、是非にも及ばぬ事ならずや。東坡(とうば)が「一夕雷轟饒州碑」(一夕(いつせき) 雷(らい) 轟かす 饒州の碑)と作りしは、此事なり。――

とかたられき。

[やぶちゃん注:「河西(かはにし)」よく判らぬ。辞書では、京都市の西洞院川又は堀川の西、下京二条通り以南の一帯。元禄期(一六八八年~一七〇四年)に職人・小商人が多く住んでいたとし、別に京の賀茂川の西の遊所。陰間茶屋が並んでいた、とはある。

「左(ひだり)ずまふ」「左相撲」であろうが、不詳。「左前」と同じなら、「運が傾くこと・経済的に苦しくなること」で腑には落ちる。

「顏淵」孔子第一の高弟顔回の字(あざな)子淵からの呼称。

「曾參」孔子の弟子曾子の諱(いみな)。

「原憲」孔子の門人で才能があった七十子の一人に数えられる弟子。

「三世(さんぜ)」前世・現世・後世(ごぜ)。

「韓退之」中唐の詩人で唐宋八大家の一人、文学者・政治家でもあった韓愈(七六八年~八二四年)の字(あざな)。才気煥発であったが、監察御史の時、京兆尹(いん)李実を弾劾し、却って連州陽山県(広東省)令に左遷され、後に中央に復帰し、刑部侍郎となったが、憲宗が仏舎利を宮中に迎えたことに反対したため、再び、潮州(広東省)刺史に左遷された。後に憲宗が死去して穆宗(ぼくそう)が即位すると、再び召され、国子祭酒から兵部侍郎・吏部侍郎を歴任するなど、政治家としては波乱に満ちた生涯であった。

「文章一篇をつくり、舟にて『窮鬼』を送り給ひし」八一一年、韓愈四十四歳の折り、正月に作った「送窮文」(窮を送る文)を指す。「結柳作車、縛草爲船」(柳を結びて車と作(な)し、草を縛りて船と爲し」て、窮鬼を送り出す祀り(貧乏神送りの儀式。唐・宋以来、年越し前に広く行われていた年中行事の一つ)を述べたもの。この文で彼は行事に託して「窮鬼」と自分との架空の対話を述べている。「紀頌之の中国詩文研究のサイト」の「韓愈の生涯」の「第五章 中央朝廷へ復帰」の「送窮」がよい。梗概を彼が陥れられた冤罪を含め、解説と評を交えて語られており、原文も後に示されてある。

「陳簡齋」(一〇九一年~一一三九年)は南宋初期の詩人で政治家の陳与義の号。開徳府教授から太学博士・符寶郎となるが、左遷されたりした。しかし、一一三八年には参知政事となり、大いに朝廷の綱紀を粛正した。詩に優れた。人格的にも非常に厳格で、濫りに笑わなかったという。

「韓愈推ㇾ窮窮不去 樂天待ㇾ富富不ㇾ來」陳与義の以下の詩の冒頭二句であるが、「韓愈」は「退之」の誤り。本名を詠み込むのは礼を失している。訓読は歯が立たないのでやめる。悪しからず。

   寄若拙弟兼呈二十家叔

 退之送窮窮不去

 樂天待富富不來

 政須靑山映白髮

 顧著皂蓋爭黃埃

 何如父子共一壑

 龐家活計良不惡

 阿奴況自不碌碌

 白鷗之盟可同諾

 三間瓦屋亦易求

 著子東頭我西頭

 中間共作老萊戲

 世上樂複有此不

 問夢膏肓應已瘳

 歸來歸來無久留

 竹林步兵非俗流

 爲道此意思同遊

「范文正公」北宋の政治家范仲淹(はんちゅうえん 九八九年~一〇五二年)の諡(おくりな)。欧陽脩の推薦によって枢密副使・参知政事となった。彼は君子の正道を論じて十策に及ぶ施政改革を訴えた。散文にも優れ、著名な「岳陽楼記」の中の「天下を以つて己が任となし、天下の憂いに先んじて憂へ、天下の楽しみに後(おく)れて樂しむ」という「先憂後楽」(後楽園の由来)、儒学を人格形成の実学に高めた人物として知られる(主にウィキの「范仲淹」に拠る)。

「饒州(ぜうしう)」(現代仮名遣「じょうしゅう」)は江西省に嘗て設置されていた州。現在の上饒(じょうじょう)市鄱陽(はよう)県一帯。ここ(グーグル・マップ・データ)。仁宗の親政の時、范仲淹は中央で採用されて吏部員外郎となったが、宰相の呂夷簡に抗論して、饒州に左遷されている(後に欧陽脩の推輓により中央に復帰)。

「古鄕(ふるさと)」范仲淹は蘇州呉県(江蘇省蘇州市)の出身。

「王義之」東晋の政治家で書家として「書聖」と謳われる王羲之(三〇三年~三六一年)。

「石ずりにうつ」石摺りに叩いて拓本として採ること。

「一斤」宋代のそれは五百九十六・八二グラム。

「やすかるべし」それで生活を安んずることが出来よう。

「念比(ねんごろ)に預(あづか)れども」非常な好意に預かったにも拘わらず。

「其數(すう)のきはまり」その浪人の貧として生まれつきの宿命として規定されたその限り。

『東坡(とうば)が「一夕雷轟饒州碑」(一夕(いつせき) 雷(らい) 轟かす 饒州の碑)と作りし』中文サイトを判らぬながら、いろいろ調べて見たが、蘇軾の「窮措大」(「貧乏学者」の意)という詩の一句らしいところまでしか判らなかった。また、以上の後半部の王義之の碑に纏わるこの不幸譚は、例えば、宋の恵洪(えこう)の詩話集「冷齋夜話」という書に、

   *

範文正守鄱陽。有書生獻詩甚工。文正延禮之。書生自言、平生未嘗得飽。天下之至寒餓者。無出其右。時盛習歐陽率更字。薦福寺碑墨本直千錢。文正爲具紙墨打千本。使售于京師。紙墨已具。一夕雷撃碎其碑。故時人語曰、有客打碑來薦福。無人騎鶴上揚州。東坡作窮措大詩、有一夕雷轟薦福碑句。

   *

と載る。また……いろいろ検索しているうちに、『薦福寺碑  僧人大雅又集王羲之行書刻成之「興福寺碑」』というページを見つけましたが、これがそれかどうかは、もう疲れました、勘弁して下さい、悪しからず。

« 古今百物語評判卷之三 第四 錢神の事附省陌の事 | トップページ | 古今百物語評判卷之三 第六 山姥の事附一休物語幷狂歌の事 »