フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 古今百物語評判卷之三 第五 貧乏神幷韓退之送窮の文、范文正公物語の事 | トップページ | 和漢三才圖會第四十二 原禽類 鴿(いへばと) (カワラバト) »

2018/10/16

古今百物語評判卷之三 第六 山姥の事附一休物語幷狂歌の事

 

  第六 山姥(やまむば)の事一休物語狂歌の事

又、問(とふ)ていはく、「世に、山姥(やまうば)といふ物ありて、人をとるよし、又は、人の女房にばけたる物語なども候ふ、實(まこと)の女ににて候ふや、不審(いぶかし)さよ」と云(いひ)けるに、先生、評していはく、「山姥といふは深山幽谷の鬼魅(きみ)の精たるべし。此世界あれば、此人あり。此水あれば、此魚、生ず。其氣のあつまる所にては鬼魅の精靈、あるまじきにあらず。併しながら、其(その)姥(うば)といへるは、『龍田姫(たつたびめ)』・『山姫(やまひめ)』などの日本の云ひならはしなるべし。其名に付きて、しづはたのたくみにかゝずらひ、苧(を)うみ、絲(いと)つむぐやうに、謠(うたひ)の曲舞(くせまひ)にも諷(うた)ふなるべし。さて又、此曲舞を、一休和尚、作り給へる時、『佛あれば、衆生あり、衆生あれば、山姥もあり』と作りて、此間(このあひだ)の詞(ことば)を如何(いかゞ)とおもへる時、螺河(にながは)新右衞門、來たりて、『「柳(やなぎ)は綠、花は紅(くれなゐ)の色々」と候はゞ、あとさき、相應して侍らむと付けられし、と申(まうし)ならはせり。又、過ぎし頃、某(それがし)、『ばけ物』を題にして、『戀(こひ)』の狂歌、讀みしに、『山姥』をよみしは、

 とち程(ほど)な泪(なみだ)を袖にとゞめかね

     聲をあけ路(ろ)の山にふしぬる

 春さればこなたのことや忘るらん

     花をたづねて山めぐりして」

[やぶちゃん注:「山姥」の標題の「やまむば」と本文の「やまうば」(本文は総てこれ)のルビの相違は原典のママ。妖怪「山姥」については、「老媼茶話巻之五 山姥の髢(カモジ)」の本文及び私の注を参照されたい。

「此世界あれば、此人あり。此水あれば、此魚、生ず。其氣のあつまる所にては鬼魅の精靈、あるまじきにあらず」化生説である。

「龍田姫」ウィキの「竜田姫」を引く。『日本の秋の神。立田姫と表記されることもある。別称・龍田比売神。竜田山の神霊で元々は風神。秋の季語』。『五行説では西は秋に通じ、平城京の西に位置する竜田山(現在の奈良県生駒郡三郷町の西方)の神霊が秋の女神としての神格を持ったもの。龍田比古龍田比売神社』(たつたひこたつたひめじんじゃ:奈良県生駒郡斑鳩町(いかるがちょう)龍田にある龍田神社の旧正式名。ここ(グーグル・マップ・データ)。「延喜式神名帳」にもこの社名で記載されており、小社に列している。しかし、後に龍田大社(奈良県生駒郡三郷町立野南)から天御柱命・國御柱命の二神を勧請したため、本来の祭神は忘れられてしまった。現在は天御柱命・國御柱命を主祭神とし、龍田比古神・龍田比女神を配祀している)『に祭られる龍田比古神が夫神であり、鮮やかな緋色や黄金の秋の草木の錦を纏った妙齢の女性として想像される』。「竜」が「裁つ」に『音が似ているため裁縫の神としても信仰される。また』、『竜田山を彩る紅葉の美しさから、紅葉を赤く染める女神として染色が得意ともされた』。「源氏物語」の「帚木(ははきぎ)」の、知られた「雨夜の品定め」の場面には左馬頭のかつての妻が染色が巧みであったことを龍田姫になぞらえている。当時、染めものが得意であることは』、『良き妻の条件の最たるものだった』。『春を司る佐保山の佐保姫と東西・春秋の一対の女神として知られ、他にも夏を司る「筒姫」、冬を司る「宇津田姫」(白姫・黒姫とされることも)が四季それぞれに配される』とある。

「山姫」原初的には山の守り神たる女神を指したが、後に山中の妖怪に変質し、人の血を吸って死に至らしめるなどの言い伝えが、全国各地に広く残っている。以前は先の「龍田姫」と同じであったに相違ないが、零落するに従って「山女(やまおんな)」「山母(やまはは)」「山女郎(やまじょろう)」「山姥(やまうば/やまんば)」果ては「鬼婆(おにばば)」などへと変容するとともに、若くて抜けるような白い肌を持った美女から、醜悪な老婆へと変じて蔑称となってゆくのは実に皮肉で憐れを誘う。「谷の響 一の卷 三 山婦(やまおみな)」の本文及び私の注、及び私の「宿直草卷三 第五 山姫の事」も参照されたい。

「しづはたのたくみにかゝずらひ」「賤機の巧み」であろうか。機織りは女性の専業であるから女の意に転じ、賤しい女の巧みな誘惑に心を惹かれ。無論、文学的情緒的比喩としてである。

「苧(を)うみ」「苧を績(う)む」「苧」は「そ」とも読む。麻(あさ)や苧(からむし)の繊維を長く縒(よ)り合わせて糸にすることを指す。

「謠(うたひ)の曲舞(くせまひ)」ウィキの「曲舞」によれば、『中世に端を発する日本の踊り芸能のひとつで、南北朝時代から室町時代にかけて流行した。単に「舞」と称することもあり、「久世舞」「九世舞」などとも表記する』。『幸若舞の母体になった舞である』。その『起源は不詳であるが』、十五世紀末から十六世紀『初頭にかけて成立したとみられる』「七十一番職人歌合」には『白拍子と対にして描かれており、両者の服装や囃子などの共通点から、平安時代末期に成立した白拍子舞に源流を求める見解がある』。『曲舞は、ストーリーをともなう物語に韻律を付して、節と伴奏をともなう歌舞であり、踊り手には稚児と男があった』。稚児舞は『水干、大口、立烏帽子の服装、男舞は水干にかわって直垂を着用して、扇を手にもつスタイルを基本とした』。『また、男装した女性による女曲舞もあった』。謡曲の「山姥(やまんば)」や「百万」(ひゃくまん:観阿弥原作・世阿弥改作になる狂女物の代表作。実在の鎌倉時代の女舞い手百万をモデルとする主人公「百万」の芸が披露されるとともに、失った子を探す母の母性が描かれる。前の「山姥」は、ツレとして曲舞の名女舞い手芸名「百万山姥」が登場し、本作との親和性が強い)は『古来の曲舞の様相を現代に伝えるとの評がある』『一方、室町時代の中期以降は、特にその一流派であ』った『幸若というスタイルで継承されてゆくこととなった』とある。謡曲の「山姥」は世阿弥作で、都の曲舞の名手の遊女が山で迷い、山姥に助けられ、山姥は境涯を語り、山巡りの舞を見せて消える。詳しくはサイト「the能.com」の「山姥」及び次注のリンク先を見られたい。

「此曲舞を、一休和尚、作り給へる時」「銕仙会」公式サイトの「能楽事典」の「山姥」の中野顕正氏の解説によれば、『本作のクライマックスとなってい』る『場面では、〈仏法と世俗〉〈悟りと煩悩〉〈仏と人間〉といったこの世のあらゆる存在が、本来は二項対立的に存在するものではなく、ひとつの真理の異なる現れ方に過ぎないのだと述べられており、その中で「人間も山姥も、本来は同じ存在なのだ」と主張されています。こうした「邪正一如」という仏法の理を、禅の言葉などを多用しながら綴っているところに、本作の特色はあるといえましょう』。『現在では、本作の作者が世阿弥であることは資料上から明らかとなっていますが、かつては、このような難解な作品を書いたのはきっと僧侶に違いないと考えられていた時期もあり、本作は室町時代の有名な禅僧・一休宗純の作だと考えられていました。一休の死後にその事績をまとめた『一休和尚年譜』では、本作や《江口》は一休の作であるとされ、以前はこうした理解がなされていたのでした。それほど、本作では深遠な禅の理法が説かれ、輪廻を逃れ得ぬ鬼女の身でありながらこの世の真理をきわめた存在として、本作のシテは描かれていたといえましょう』とあり、この元隣の言っている意味が判然とする。謡曲「山姥」の上記のクライマックス・シークエンスで、元隣の引く「佛あれば、衆生あり、衆生あれば、山姥もあり」という詞章の出るのは以下(新潮日本古典集成「謡曲集 下」(伊藤正義校注・一九八八年刊)を参考にし、漢字を恣意的に正字化した。太字下線は本条のために私が施したもの)。

   *

【クリ】

シテ〽「それ山といつぱ 塵泥より起こつて 天雲掛かる千丈の峰

地謠〽「海は苔の露より滴(しただ)りて 波濤を疊む萬水たり

【サシ】

シテ〽「一洞(いつとう)空しき谷の聲 梢に響く山彦の

地謠〽「無聲音(むしやうをん)を聞く便りとなり 聲に響かぬ谷もがなと 望みしもげにかくやらん

シテ〽「殊にわが住む山家(さんか)の景色 山高うして海近く 谷深うして水遠し

地謠〽「前には海水瀼々(じやうじやう)として 月(つき)眞如の光を揭げ 後(うしろ)には嶺松(れいしよう)巍々(ぎぎ)として風(かぜ)常樂の夢を破る

シテ〽「刑鞭(けいべん)蒲(かま)朽ちて螢空しく去る

地謠〽「諫鼓(かんこ)苔深うして 鳥驚かずとも言ひつべし

【クセ】

地謠〽「遠近(をちこい)の たづきも知らぬ山中(やまなか)に おぼつかなくも呼子鳥の 聲凄き折々に 拔木丁々(とうとう)として 山さらにかすかなり 法性(ほつしやう)峯聳えては 上求(じやうぐ)菩提を現はし 無明(むみやう)谷(たに)深き粧ひは 下化(げけ)衆生を表(ひやう)して金輪際に及べり そもそも山姥は 生所(しやうじよ)も知らず宿(やど)もなし ただ雲水(くもみづ)を便りにて 至らぬ山の奧もなし

シテ〽「しかれば人間にあらずとて

地謠〽「隔つる雲の身を變へ 假に自性(じしやう)を變化(へんげ)して 一念化生(けしやう)の鬼女となつて 目前に來れども 邪正一如(じやしやういちによ)と見る時は 色卽是空そのままに 佛法あれば世法(せはう)あり 煩惱あれば菩提あり 佛(ほとけ)あれば衆生あり 衆生あれば山姥もあり 柳は綠 花は紅(くれなゐ)の色々

地謠〽「さて人間に遊ぶこと ある時は山賤(やまがつ)の 樵路(せうろ)に通ふ花の蔭 休む重荷に肩を貸し 月もろともに山を出で 里まで送る折りもあり またある時は織姫の 五百機(いをはた)立つる窓に入つて 枝の鶯絲繰り 紡績(ほうせき)の宿に身を置き 人を助くる業(わざ)をのみ 賤(しづ)のめに見えぬ 鬼とや人の言ふらん

シテ〽「世を空蟬の唐衣(からころも)

地謠〽「拂はぬ袖に置く霜は 夜寒(よさむ)の月に埋(うづ)もれ 打ちすさむ人の間にも 千聲萬聲(せんせいばんせい)の 砧(きぬた)に聲のしで打つは ただ山姥が業なれや 都に歸りて世語りにせさせ給へと 思ふはなほも妄執か ただうち捨てよ何事も よしあしびきの山姥が 山𢌞りするぞ苦しき

シテ〽「あしびきの

地謠〽「山𢌞り

   *

「此間(このあひだ)の詞(ことば)を如何(いかゞ)とおもへる」この詞章の意味するものは如何なる意味かと考えていた。

「螺河(にながは)新右衞門」不詳。元隣の友人の俳諧師かと思ったが、ウィキの「蜷川氏」を見たところ、『室町幕府において、政所執事を世襲した伊勢氏の家臣であり、親直から数えて』三『代目の蜷川親当(後の智蘊)の頃より政所代を世襲することとなった。室町時代末期、主君である将軍足利義輝を失った蜷川親世は零落し、出羽国村山郡で没した。嫡子蜷川親長を始めとする一族の多くは、土佐国の長宗我部元親のもとへ落ちのびた(元親室石谷氏が親長の従兄弟。石谷氏は、明智光秀重臣の斎藤利三の妹)』。『また、蜷川氏は丹波国船井郡を所領としていたことと、伊勢貞興が明智光秀の家臣にとなったこともあり、蜷川貞栄・蜷川貞房父子等の一族が光秀に仕えた。山崎の戦いで明智氏が滅亡した後は、元親のもとへ落ちのびた一族もおり、丹波で暮らし続けた一族もいる』。『長宗我部氏滅亡後、親長は徳川家康の御伽衆として仕えた。その後蜷川氏は旗本として続き、明治維新に至る』とし、さらに『蜷川氏の当主は代々』、『新右衛門と名乗っている』とある。更に『蜷川新右衛門といえば、テレビアニメ』「一休さん」(一九七五年~一九八二年)に『足利義満の側近で寺社奉行の武士蜷川新右エ門が登場するが、モデルとなった』蜷川親当(ちかとも ?~文安五(一四四八)年:出家後に智蘊(ちうん)と称した。室町中期の元幕府官僚で連歌師)『が仕えたのは足利義教であり、そもそも室町幕府に寺社奉行はなく、実際のところ一休宗純と師弟関係があったのも』、『親当が出家して智蘊と名乗ってからのことであり、ほとんど架空の人物である。ただ、親当の嫡子蜷川親元が記した』「親元日記」や、一休の「狂雲集」には『蜷川親当(智蘊)と一休の交流(禅問答など)が綴られており、これをスタッフがアニメ制作の参考にしたのではないかとみられる』とある。ウィキの「智蘊」によれば、『法名は五峰』とあり、『室町幕府の政所代を世襲する蜷川氏の出身で、蜷川親俊の次子。子に親元、岩松明純室がいる。一休宗純との親交により広く知られる』。『応安(およそ』一三七〇『年代前半)の頃まで越中国太田庄にあった。足利義教の政所公役を務めたが、義教の死後出家、智蘊と号した。和歌を正徹に学ぶ。正徹の』「正徹物語」下巻の『「清巌茶話」は彼の聞書きとされている』。『連歌では』、永享五(一四三三)年の『「永享五年北野社一日一万句連歌」を初出として、多くの連歌会に参加。宗砌と共に連歌中興の祖と呼ばれた。連歌集に』「親当句集」、他にも「竹林抄」や「新撰菟玖波集」に『入集している。宗祇が選んだ連歌七賢の一人』とある。無論、元隣が当時の蜷川氏当主と親しかったのかも知れないが、或いは、この部分、元隣の創作の可能性もあるのではないか、と感じた。則ち、彼の元にやってきたのは、実在する「螺河(にながは)新右衞門」ではなく、二百数十年前の蜷川新右衛門親当(智蘊)の霊という設定であり、彼が歌合せ風に詠んだとして掲げる二首の狂歌は、実は元隣の作ではないか、という疑いである。大方の御叱正を俟つ。

「柳(やなぎ)は綠、花は紅(くれなゐ)の色々」前掲の謡曲「山姥」の詞章の引用(太字下線部)。新潮日本古典集成「謡曲集 下」の注の指示する謡曲「芭蕉」の「柳は綠 花は紅と知ることも ただそのままの色香の 草木(さうもく)も成佛の國土ぞ」という詞章の頭注に、『〈柳は緑、花は紅」に、それぞれあるがままの姿が仏の体だと知ってみれば、それはとりもなおさず』、『色香を保つ草木のままで成仏している仏国土なのだ〉。「柳緑花紅真面目」は蘇東坡の詩と伝えられているが』、『元拠不詳。元来』、『禅語らしいが「世間相常住」の例証として流布し、天台本覚論』(平安後期に始まり、中世に盛行した天台宗の現実や欲望を肯定的に捉える理論。本覚の解釈を拡大して、現実の世界や人間の心がそのまま真理であり、本覚そのものの姿であると説き、煩悩と菩提を同一のものとし、修行を軽視する傾向をもつ。ここは三省堂「大辞林」に拠った)の『中にも説かれる』とある。

「あとさき、相應して侍らむと付けられし」謡曲「山姥」の当該箇所、「邪正一如と見る時は 色卽是空そのままに 佛法あれば世法あり 煩惱あれば菩提あり」に続けて「佛あれば衆生あり 衆生あれば山姥もあり」とした後に、「柳は綠 花は紅(くれなゐ)の色々」と、論理的に相応しく、詞章を繫げたことを指す。

「とち程(ほど)な泪(なみだ)を袖にとゞめかね聲をあけ路(ろ)の山にふしぬる」底本は「あげ路」とする。「ろ」の読みは原典に拠った。「とちほどの」は「栃程の淚」で、栃の実ぐらいの、大粒の涙(これは子供っぽい無垢さ、山姥の中の少女(姫)性を含ませるか)の意。「あけ路(ろ)」はまず、底本の「あげ路」で「上げ路」、山へ登る道で、それに己が宿命に声を「あげろ」(上げていること)を掛けるか。或いは「あけろ」で「明け路」、一夜泣き叫ぶうちに「朝明けを迎える山路」にやっと僅かな眠りを持つ、の謂いか? よく判らぬ。識者の御教授を乞う。

「春さればこなたのことや忘るらん花をたづねて山めぐりして」「されば」は「来れば」の意。単品ではどうということはないつまらぬ一首だが、左の悲壮な一首と合わせ読むと、なにか胸を撃つものがある。この歌は何かの元歌がありそうだが、和歌嫌いの私には判らぬ。同じく識者の御教授を乞うものである。]

« 古今百物語評判卷之三 第五 貧乏神幷韓退之送窮の文、范文正公物語の事 | トップページ | 和漢三才圖會第四十二 原禽類 鴿(いへばと) (カワラバト) »