フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 反古のうらがき 卷之四 雷の事 | トップページ | 反古のうらがき 卷之四 竹村海藏 »

2018/10/01

反古のうらがき 卷之四 不慮の死を遂し事

 

    ○不慮の死を遂し事

 いつの頃にや、飯田町(いひだまち)といふ所に、手おどりの師匠ありて、夜る夜る稽古するに、かどに立(たち)て見る人もおゝかりけり。こゝに、御家人の隱居ありて、此所を通りけるに、此夜は殊ににぎわいて[やぶちゃん注:ママ。]、はやしなどの音、聞ゆるにぞ、ふと立よりて見るに、人立(ひとだち)おふくて[やぶちゃん注:ママ。]よくも見へず。のび上り、のび上りする程に、後(うしろ)よりおしかゝりて見る人あり。しばしはこらへつれども、餘りにおしかゝるにぞ、少しおしかへすよふ[やぶちゃん注:ママ。]にしたれば、後なる人、大にいかりて、いたく、のゝしりけり。こなたも、一つ、二つ、ものいふ程に、後より、三、四人斗り取かゝりて、「物ないわせそ」といふまゝに、大小の刀のつかを左右の手にとりたり。「こはかなわじ」と、もろ手をかけて引留(ひきとめ)んとて、刀の鍔のあたりをとらへければ、刀は拔(ぬけ)て、左右の手、ともに、指、一つ、二つ、落てけり。これに驚きて手を引たれば、大小の刀とも奪はれてけり。「口惜し」とて追ひ行(ゆく)に、中坂といふ所をさして逃げ行にぞ、「いづく迄も」と追ひかけて、あわひ[やぶちゃん注:ママ。]一間斗りに成りたるとき、左右の手に引(ひつ)さげたる大小の刀をもて、立(たち)かへり樣(ざま)にさしたれば、鍔もと迄、さし入(いり)てけり。此手にたまりあへず、しり居(ゐ)にふしければ、其ひまに、いづち、行けん、さし捨(すて)にして、影だに見へずなりぬ。されども未だ死にもやらず、よふよふに[やぶちゃん注:ママ。]あたりの辻番所に行て、我家にしらせて引とらせけり。たへて手かゞりなければ、何物といふことをしらず。日を經て死(しに)たれども、おしかくして、やみけりとぞ。餘りに不覺なる死(しに)をせしと、人々申(まうし)あへりける。

[やぶちゃん注:「飯田町」底本の朝倉治彦氏の補註によれば、『田安門外の北から爼板橋の間。町屋。いま千代田区の九段と富士見町とに渡る』とある。現在靖国神社附近(グーグル・マップ・データ)。]

« 反古のうらがき 卷之四 雷の事 | トップページ | 反古のうらがき 卷之四 竹村海藏 »