フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 石タイ (イシダイ) | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(61) ジェジュイト敎徒の禍(Ⅵ) »

2018/10/02

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 石タイ (ニザダイ)

 

Isidai2


石ダイ

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングし、分断された前部と後部を画像ソフトで合成して用いた。これもはっきりとイシダイではなく、体形がカワハギ類(フグ目カワハギ科カワハギ属 Stephanolepis)に似てよく側扁していること、吻部が前方に有意に突き出していて口が小さいこと、尾鰭の前にある四つの三角形状の黒斑が決め手で、

スズキ目ニザダイ亜目ニザダイ科ニザダイ属ニザダイ Prionurus scalprum

と断定出来る。この特徴的な黒い紋は、四~五個認められ、魚類図鑑等では楕円形状とするが、実際には前方に尖ってかく見えることも多い。また、これはただの紋ではなく、堅い骨質板が突出しており、摑んだりすると、怪我をする場合もあるので、注意が必要。英名の「Sawtail」(鋸の尾)もこれに由来する(ここまではィキの「ニザダイを参考にしている)。また、「ぼうずコンニャク」の「市場魚貝類図鑑」の「ザダイサンジ)によれば、漢字表記は「仁座鯛」であるが、この『「にざ」の語源は〈にざ〉は〈にさあ〉と同義語。〈にいせ〉、〈にせ〉から転訛。「新背(にいせ)」「新しく大人の仲間入りできた若者のこと」。「にざだい」とは「青二才の鯛」もしくは「鯛仲間の端くれ」の意味。『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)』とあり、「サンノジ」という異名は『関東の市場、伊豆七島、三重県尾鷲、和歌山県、徳島県阿南市椿泊』、『大分県中津市』と広域に見られ、『これは尾柄部にある硬い骨質板が』三『つ並んでいることからくる』とある。同ページにも記されてあるが、美味い魚であるが、個体によってはかなり磯臭いものがあることはかなり知られていることである。]

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 石タイ (イシダイ) | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(61) ジェジュイト敎徒の禍(Ⅵ) »