フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 海水旅舘 | トップページ | 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 白い共同椅子 »

2018/11/02

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 孤獨

 

  孤  獨

 

田舍の白つぽい道ばたで、

つかれた馬のこころが、

ひからびた日向の草をみつめてゐる、

ななめに、しのしのとほそくもえる、

ふるへるさびしい草をみつめる。

 

田舍のさびしい日向に立つて、

おまへはなにを視てゐるのか、

ふるへる、わたしの孤獨のたましひよ。

 

このほこりつぽい風景の顏に、

うすく淚がながれてゐる。

 

[やぶちゃん注:「しのしのと」聴いたことがない形容動詞或いは副詞である。小学館「日本国語大辞典」にも載らない。唯雰囲気的に、当初は、「篠」、小さい竹類の総称である篠竹(しのだけ)から、そんな風に細くて頼りない感じの謂いかと理解していたが、調べて見ると、「しの(篠)」には、別に、紡績の中間工程で繊維の長さを揃えて平行に並べた紐状の繊維の束(これに撚(よ)りをかけて糸にする)の意があることが判った。朔太郎の故郷群馬と言えば紡績だ。この意からの朔太郎の造語かも知れないなどと私は夢想したりしたが、まあ、副詞の、動きが「なよなよ」としているさまの意の「しなしな」の訛りとするのが穏当か。

 初出は『感情』大正五(一九一六)年十月号。初出は二連構成でやや異同もあるので、以下に示す。

   *

 

  孤獨

 

田舍の白つぽい道ばたで

つかれた馬のこころが

ひからびた日向(ひなた)の草をみつめてゐる

ななめに、しのしのとほそくもえる

ふるえる、さびしい草をみつめる。

 

田舍のさびしい日向(ひなた)に立つて

おまへはなにをみてゐるのか

ふるえる、わたしの孤獨のたましひよ

この白つぽい風景の顏に

うすく淚がながれてゐる。

 

   *

二箇所の「ふるえる」はママ。]

« 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 海水旅舘 | トップページ | 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 白い共同椅子 »