フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 古今百物語評判卷之五 第六 夢物がたりの事 | トップページ | 古今百物語評判卷之五 第七 而慍齋化物ものがたりの事 »

2018/11/03

萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 雲雀の巢

 

 

 

長 詩 二 篇

 

 

 

  雲雀の巢

 

おれはよにも悲しい心を抱いて故鄕(ふるさと)の河原を步いた。

河原には、よめな、つくしのたぐひ、せり、なづな、すみれの根もぼうぼうと生えてゐた。

その低い砂山の蔭には利根川がながれてゐる。ぬすびとのやうに暗くやるせなく流れてゐる、

おれはぢつと河原にうづくまつてゐた。

おれの眼のまへには河原よもぎの草むらがある。

ひとつかみほどの草むらである。蓬はやつれた女の髮の毛のやうに、へらへらと風こうごいてゐた。

おれはあるいやなことをかんがへこんでゐる。それは恐ろしく不吉なかんがへだ。

そのうへ、きちがひじみた太陽がむしあつく帽子の上から照りつけるので、おれはぐつたり汗ばんでゐる。

あへぎ苦しむひとが水をもとめるやうに、おれはぐいと手をのばした。

おれのたましひをつかむやうにしてなにものかをつかんだ。

干からびた髮の毛のやうなものをつかんだ。

河原よもぎの中にかくされた雲雀の巢。

 

ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよと空では雲雀の親が鳴いてゐる。

おれはかわいそうな雲雀の巢をながめた。

巢はおれの大きな掌の上で、やさしくも毬のやうにふくらんだ。

いとけなく育(はぐ)くまれるものの愛に媚びる感覺が、あきらかにおれの心にかんじられた。

おれはへんてこに寂しくそして苦しくなつた。

おれはまた親烏のやうに頸をのばして巢の中をのぞいた。

巢の中は夕暮どきの光線のやうに、うすぼんやりとしてくらかつた。

かぼそい植物の纎毛に觸れるやうな、たとへやうもなくDELICATEの哀傷が、影のやうに神經の末梢をかすめて行つた。

巢の中のかすかな光線にてらされて、ねずみいろの雲雀の卵が四つほどさびしげに光つてゐた。

わたしは指をのばして卵のひとつをつまみあげた。

生あつたかい生物の呼吸が親指の腹をくすぐつた。

死にかかつた犬をみるときのやうな齒がゆい感覺が、おれの心の底にわきあがつた。

かういふときの人間の感覺の生ぬるい不快さから慘虐な罪が生れる。罪をおそれる心は罪を生む心のさきがけである。

おれは指と指とにはさんだ卵をそつと日光にすかしてみた。

うす赤いぼんやりしたものが血のかたまりのやうに透いてみえた。

つめたい汁のやうなものが感じられた。

そのとき指と指とのあひだに生ぐさい液體がじくじくと流れてゐるのをかんじた。

卵がやぶれた、

野蠻な人間の指が、むざんにも纎細なものを押しつぶしたのだ。

鼠いろの薄い卵の殼にはKといふ字が、赤くほんのりと書かれてゐた。

 

いたいけな小鳥の芽生、小鳥の親。

その可愛いらしいくちばしから造つた巢、一生けんめいでやつた小動物の仕事、愛すべき本能のあらはれ。

いろいろな善良な、しほらしい考が私の心の底にはげしくこみあげた。

おれは卵をやぶつた。

愛と悅びとを殺して悲しみと呪ひとにみちた仕事をした。

くらい不愉快をおこなひをした。

おれは陰欝な顏をして地面をながめつめた。

地面には小石や、硝子かけや、草の根などがいちめんにかがやいてゐた。

ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよと空では雲雀の親が鳴いてゐる。

なまぐさい春のにほひがする。

おれはまたあのいやのことをかんがへこんだ。

人間が人間の皮膚のにほひを嫌ふといふこと。

人間が人間の生殖機を醜惡にかんずること。

あるとき人間が馬のやうに見えること。

人間が人間の愛にうらぎりすること。

人間が人間をきらふこと。

ああ、厭人病者。

ある有名なロシヤ人の小、非常に重たい小をよむと厭人病者の話が出て居た。

それは立派な小だ、けれども恐ろしい小だ。

心が愛するものを肉體で愛することの出來ないといふのは、なんたる邪惡の思想であろう。なんたる醜惡の病氣であろう。

おれは生れていつぺんでも娘たちに接吻したことはない。

ただ愛する小鳥たちの肩に手をかけて、せめては兄らしい言葉を言つたことすらもない。

ああ、愛する、愛する、愛する小鳥たち。

おれは人間を愛する。けれどもおれは人間を恐れる。

おれはときどき、すべての人々かられて孤獨になる。そしておれの心は、すべての人々を愛することによつて淚ぐましくなる。

おれはいつでも,人氣のない寂しい海岸を步きながら、遠い都の雜鬧を思ふのがすきだ。

遠い都の灯ともし頃に、ひとりで故鄕(ふるさと)の公園地をあるくのがすきだ。

ああ、きのふもきのふとて、おれは悲しい夢をみつづけた。

おれはくさつた人間の血のにほひをかいだ。

おれはくるしくなる。

おれはさびしくなる。

心で愛するものを、なにゆゑに肉體で愛することができないのか。

おれは懴悔する。

懺悔する。

おれはいつでも、くるしくなると懴悔する。

利根川の河原の砂の上に座つて懴悔をする。

 

ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよ、ぴよと、空では雲雀の親たちが鳴いゐる。

河原蓬の根がぼうぼうとひろがつてゐる。

利根川はぬすびとのやうにこつそりと流れてゐる。

あちらにも、こちらにも、うれはしげな農人の顏がみえる。

それらの顏はくらくして地面をばかりみる。

地面には春が疱瘡のやうにむつくりと吹き出して居る。

 

おれはいぢらしくも雲雀の卵を拾ひあげた。

 

[やぶちゃん注:太字「なにもの」「いや」は底本では傍点「ヽ」。

第二連二行目の「かわいそうな」の「かい」及び「うな」はママ。

いやのこと」の「の」はママ(「厭なこと」と同義(格助詞「の」は状態を表わす語(この場合は形容動詞の語幹)について連体修飾語を作るから誤法ではない)。

「生殖機」はママ(これは再版でもそのままで、「萩原朔太郎詩集」(昭和三(一九二八)年第一書房刊)で初めて「生殖器」となっている。現行の筑摩版全集は「生殖器」である)。

「しほらしい」はママ。

「心が愛するものを肉體で愛することの出來ないといふのは、なんたる邪惡の思想であろう。なんたる醜惡の病氣であろう」の二箇所の「あろう」はママ。

 本詩篇は一行字数が、当該行改行と重なっているために、それらがあたかもだらだらと繋がって読めてしまうという困った現象が複数箇所で発生している。例えば最悪なのは、第二段の中間部の一つのクライマックス部分の頭の、

   *

わたしは指をのばして卵のひとつをつまみあげた。

生あつたかい生物の呼吸が親指の腹をくすぐつた。

死にかかつた犬をみるときのやうな齒がゆい感覺が、おれの心の底にわきあがつた。

   *

の個所で、ここは読者の殆んどが、

   *

わたしは指をのばして卵のひとつをつまみあげた。生あつたかい生物の呼吸が親指の腹をくすぐつた。死にかかつた犬をみるときのやうな齒がゆい感覺が、おれの心の底にわきあがつた。

   *

続いた塊りとして読んでしまう可能性がすこぶる高くなるという悲劇が起こっている

「その低い砂山の蔭には利根川がながれてゐる。ぬすびとのやうに暗くやるせなく流れてゐる、」末尾読点はママ。初出形(後掲)では句点。再版では句読点なし。「萩原朔太郎詩集」(昭和三(一九二八)年第一書房刊)で句点。前後との違和感が大きくなるから、ここは句点がよかろうとは思う。筑摩版全集の強制校訂補正では句点となっている。

「河原よもぎ」キク亜綱キク目キク科ヨモギ属カワラヨモギ Artemisia capillaris。本種は通常のヨモギ(ヨモギ属変種ヨモギ Artemisia indica var. maximowiczii)とは別種である。河原に生えている普通の「よもぎ」(蓬)と勝手に解釈しては誤りである。茎の下部がやや木質化して半灌木(低木)状になること、花をつける長い花茎とは別に、花をつけずに先にロゼット状の葉を叢生させる短茎とが一個体の中にあるなど、一般的に我々が知っているヨモギとは外見もよく見ると素人でも判別出来るほどに異なる。それぞれの学名部分にそれで検索したグーグル画像検索画面をリンクしておいたので見られたい。

「雲雀」本篇は実際の雲雀の巣と卵と空に鳴く親の囀りが詩篇中に現れるので、最近の私の仕儀になる、ややマニアックな注を施した「和漢三才圖會第四十二 原禽類 鷚(ひばり)(ヒバリ)」をリンクさせておく。この注による私の、私の憂鬱の完成は、作者萩原朔太郎も許して呉れるものと思う。

「巢の中のかすかな光線にてらされて、ねずみいろの雲雀の卵が四つほどさびしげに光つてゐた。」この表現には不審がある。視覚的効果表現を捩じったと言えば、それまでであるが、「巢の中の」は「巢の中」【に射し込んだ】そ「の」、「かすかな光線にてらされて」の意であることは言うまでもない。読者は二通りあるであろう。一行を読み終えた際に、躓いて戻り、『――「巢の中に」、そ「の」「かすかな光線にてらされて――の意だろう』と推察して読み変えて読み進む人と、一行を読み終えた際に、脳内で勝手にそのように前の部分を読み変えて拘りなく読み進める人である。しかし、孰れにせよ、この「巢の中の」には私は明白な不審が存在すると考えている。後の示す初出を見て戴きたい。この部分は初出形では、

   *

巢の庭のかすかな光線にてらされてねずみいろの雲雀の卵が四つほどさびしげに光つてゐた。

   *

である。私が不審に感じている部分のそれ「巢の庭の」の「庭」は誤字としか思えないが、「中」を誤記したり、植字工が誤植したりする可能性は極めて低い。そうして、初出形では読点が打たれていない。されば、私は一つの可能性を考える。それは、まず、

・「庭」は「底」の誤字或いは誤読或いは誤植ではないか?

という推理である。そうしておいて、この一行に私が朗読をする際の小ブレイクを意識して読点を勝手に打たせてもらうなら、

   *

巢のかすかな光線にてらされて、ねずみいろの雲雀の卵が四つほどさびしげに光つてゐた。

   *

と打つ。正規文章表現の問題は、これが韻文=詩篇である以上、厳格に云々することは馬鹿げて無効であるから、私は「巢の底に」とするべきだと主張するのではない。しかし、ここで「巢の底の、」と読点を打てば、そこに詩想(読者の詩的意識と読み代えてもよい)は、巣の底の情景である、として一旦、切ることが出来、それによって以下の「かすかな光線にてらされて、ねずみいろの雲雀の卵が四つほど、さびしげに光つてゐ」る情景が映像として浮かぶ、という過程に躓きはなくなるのである。さればこそ、私は、せめて朔太郎は本詩集本文では「巢の中の」の後に読点を打つべきであったと私は思うのである。大方の御叱正を俟つ。

「卵がやぶれた、」の読点はママ。再版では句読点なし。初出形は後に掲げる通り、句点である。再版の句読点なしも悪くないが、前後との違和感が過剰に大きくなるから、ここは句点がよかろう。筑摩版全集の強制校訂補正では句点となっている。これには流石に私も賛同する。

鼠いろの薄い卵の殼にはKといふ字が、赤くほんのりと書かれてゐた」潰れた卵の残虐なリアリズム描写を上手く避けている。

「おれは陰欝な顏をして地面をながめつめた」「ながめつめた」は「眺め詰めた」。凝っと見詰め続けたの謂いと採っておく。初出形(後掲)は普通に「ながめた」である。

「ある有名なロシヤ人の小、非常に重たい小をよむと厭人病者の話が出て居た」「それは立派な小だ、けれども恐ろしい小だ」とくれば、父親殺しを主題とするドストエフスキイの「カラマーゾフの兄弟」で、私は「厭人病者」(「の話」とあるのは誤魔化すとして)とは、トリック・スターとして重要な役割を担うことになる、カラマーゾフ家の人嫌いの下男スメルジャコフ(私は実はカラマーゾフ家の中で彼がいっとう好きなのである)を直ちに惹起し、「心が愛するものを肉體で愛することの出來ないといふのは、なんたる邪惡の思想であろう。なんたる醜惡の病氣であろう」というのは、それこそ私はまさにスメルジャコフを名指していると考えている。

「雜鬧」「ざつたう(ざっとう)」。「雑踏」に同じいが、但し、雑踏(或いは「雑沓」)の場合は歴史的仮名遣は「ざつたふ」となる。

 

 初出は『詩歌』大正五(一九一六)年五月号。以下に初出形を示す。太字は同前ここでは改変部に傍線を施したお読みなれば判るが、これは特異的に、初出形の一部が大きく異なる。それは作者が自身の病気を語り、そこに父を登場させている部分で、そこに至ると、知られた「月に吠える」の本詩篇とは様相がガラリとかわって受け取られるものとなっている。但し、そこは、上記本篇では、ほぼ全面的にカットされているのである。

   *

 

  雲雀の巢

 

おれはよにも悲しい心を抱いて故鄕の河原を步いた。[やぶちゃん注:「故鄕」にルビなし。]

河原には、よめな、つくしのたぐひ、せり、なづな、すみれの根もぼうぼうと生えてゐた。

その低い砂山の蔭には利根川がながれてゐる。ぬすびとのやうにくらくやるせなく流れてゐる。

おれはぢつと河原にうづくまつてゐた。

おれの眼のまへには河原よもぎのくさむらがある。

ひとつかみほどのくさむらである。よもぎはやつれた女の髮の毛のやうに、へらへらと風こうごいてゐた。

おれはあるいやなことをかんがへこんでゐる。それは恐ろしく不吉なかんがへだ。

そのうへきちがひじみた太陽がむしあつく帽子の上から照りつけるのでおれはぐつたり汗ばんでゐる。[やぶちゃん注:「そのうへ」の後と「照りつけるので」の後の読点がない。]

あへぎくるしむひとが水をもとめるやうに、おれはぐいと手をのばした。

おれのたましひをつかむやうにしてなにかをつかんだ。

干からびた髮の毛のやうなものをつかんだ。

河原よもぎの中にかくされた雲雀の巢。[やぶちゃん注:後に行間なしで連が続いている。]

ぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよと空では雲雀の親が鳴いてゐる。[やぶちゃん注:最後の「ぴよ」の前の七箇所の「ぴよ」の後の読点が総て、ない。]

おれは可愛そうな雲雀の巢をながめた。

巢はおれの大きな掌の上でやさしくものやうにふくらんだ。[やぶちゃん注:「掌の上で」の読点なし。「やさしくものやうに」は「やさしくも毬のやうに」の「毬」の脱字と推定される。]

いとけなくはぐくまれるものの愛に媚びる感覺があきらかにおれの心に感じられた。[やぶちゃん注:「感覺が」の後の読点がない。]

おれはへんてこに寂しくそして苦しくなつた。

おれはまた親烏のやうにくびをのばして巢の中をのぞいた。

巢の中は夕暮どきの光線のやうにうすぼんやりとしてくらかつた。[やぶちゃん注:「やうに」の後の読点なし。]

かぼそい植物の纎毛に觸れるやうな、たとへやうもなく DELICATE の哀傷が、影のやうに神經の末梢をかすめて行つた。

巢ののかすかな光線にてらされてねずみいろの雲雀の卵が四つほどさびしげに光つてゐた。[やぶちゃん注:「庭」はママ。これについては、本文に附した注を参照されたい。また、「てされて」の後の読点がない。]

わたしは指をのばして卵の一つをつまみあげた。

生あつたかい生物の呼吸が親指の腹をくすぐつた。

死にかつた犬をみるときのやうな齒がゆい感覺がおれの心の底にわきあがつた。[やぶちゃん注:「感覺が」の後に読点なし。]

かういふときの人間の感覺の生ぬるい不快さから慘虐な罪が生れる。罪をおそれる心は罪を生む心のさきがけである。

指と指とのあひだにはさんだ卵を日光にすかしてみた。[やぶちゃん注:冒頭に「おれは」がない。「日光に」の前の「そつと」がない。]

うすあかいぼんやりしたものが血のかたまりのやうに透いてみえた。

つめたい汁のやうなものがかんじられた

そのときゆびゆびとのあひだに生ぐさい液體がじくじくと流れて居るのをかんじた。

卵がやぶれた

野蠻な人間の指が、むざんにも纎細なものをおしつぶしたのだ。

ねずみいろの薄い卵の殼にはKといふ字が、赤くほんのりとかゝれてゐた。

 

いたいけな小鳥の芽生、小鳥の親。

その可愛いらしいくちばしから造つた巢、一生けんめいでやつた小動物の仕事愛すべき本能のあらはれ。

いろいろな善良な、しほらしい考が私の心の底にはげしくこみあげた。

おれは卵をやぶつた。

愛と悅びとを殺して悲しみととにみちた仕事をした。

くらい不愉快をおこなひをした。

おれは陰欝な顏をして地面をながめた

地面には小石や硝子かけや草の根などがいちめんにかがやいてゐた。[やぶちゃん注:「小石や」及び「硝子かけや」の後の読点がない。]

ぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよと空では雲雀の親が鳴いてゐる。[やぶちゃん注:最後の「ぴよ」の前の七箇所の「ぴよ」の後の読点が総て、ない。]

なまぐさい春のにほひがする。[やぶちゃん注:以下の次に行空けがあり、連はここで切れている。「月に吠える」ではここは連続している。]

 

おれはまたあのいやのことをかんがへこんだ。

人間が人間の皮膚のにほひを嫌ふといふこと。

人間が人間の性殖機を醜惡にかんずること。[やぶちゃん注:「月に吠える」では「生殖機」。]

あるとき人間が馬のやうに見えること。

人間が人間の愛にうらぎりすること。

人間が人間をきらふこと。

ああ、厭人病人

ある有名なロシヤ人の小、非常に重たい小をよむと厭人病者の話が出て居た。

それは立派な小だ、けれども恐ろしい小だ。

心が愛するものを肉體で愛することの出來ないといふのはなんたる邪惡の思想であろう。なんたる醜惡の病氣であろう。[やぶちゃん注:「といふのは」の後の読点がない。]

おれは生れていつぺんでも娘たちに接吻したことはない。

ただ愛する小鳥たちの肩に手をかけてせめては兄らしい言葉をつたことすらもない。[やぶちゃん注:「手をかけて」の後に読点がない。]

ああ、愛する、愛する、愛する小鳥たち。

おれは病氣の父をおそれて旅行をした。

おれは家をはなれたときに、おれは汽車の窓につつぶして泣いてゐた。

おれは自分の病氣を神さまに訴へた。

旅さきで、まいにちおれは黃いろい太陽をながめくらした。

そうして父がまつたく快(よ)くなつたときに、おれは飢えた狐のやうあに憔悴してわが家へかへつてきた。

[やぶちゃん注:以上の下線部は「月に吠える」版では丸ごとカットされていおり、その代わりに、「おれは人間を愛する。けれどもおれは人間を恐れる。/おれはときどき、すべての人々かられて孤獨になる。そしておれの心は、すべての人々を愛することによつて淚ぐましくなる。/おれはいつでも,人氣のない寂しい海岸を步きながら、遠い都の雜鬧を思ふのがすきだ。/遠い都の灯ともし頃に、ひとりで故鄕(ふるさと)の公園地をあるくのがすきだ。」という詩行が新たに書かれた。]

ああ、きのふもきのふとて、おれはたいへんのおこなひをしてしまつた[やぶちゃん注:「月に吠える」では「おれは悲しい夢を見つづけた」となる。]

おれはくさつた人間の血のにほひをかいだ。

おれはくるしくなる。

おれはさびしくなる。

心で愛するものを、なにゆゑ肉體で愛することができないのか。

おれは懴悔する。

懺悔する。

おれはいつでもくるしくなると懴悔する。[やぶちゃん注:「いつでも」の後の読点がない。]

利根川の河原の砂の上にすわつて懴悔をする。

 

ぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよと空では雲雀の親たちが鳴いゐる。[やぶちゃん注:最後の「ぴよ」の前の七箇所の「ぴよ」の後の読点が総て、ない。さらに、「月に吠える」版では最後の「ぴよと」の後にも読点があるが、それもない。]

河原蓬の根がぼうぼうとひろがつてゐる。

利根川はぬすびとのやうにこつそりと流れてゐる。

あちらにもこちらにも、うれはしげな農人の顏がみえる。[やぶちゃん注:「あちらにも」の後の読点がない。]

それらの顏はくらくして地面をばかりみる。

地面には春が疱瘡のやうにむつくりと吹き出して居る。[やぶちゃん注:「月に吠える」版では次に行空けがあって、最終行は独立一連を成すが、それがない。]

おれはいぢらしくも雲雀の卵を拾ひあげた。

 

   *

本詩は「月に吠える」に所収する詩篇の中で、初出形から最も大きく改変されている一篇と言える。]

« 古今百物語評判卷之五 第六 夢物がたりの事 | トップページ | 古今百物語評判卷之五 第七 而慍齋化物ものがたりの事 »