フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 蟲喰鳥(むしくひどり) (ムシクイ類) | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 風景觀察官 »

2018/11/19

和漢三才圖會第四十三 林禽類 加豆古宇鳥(かつこうどり) (カッコウ?)

Katukoudori

 

かつこうとり 正字未詳

       疑此郭公

加豆古宇鳥

 

△按狀似杜鵑及蟲喰鳥而帶微赤色腹白而無黑斑耳

 脚指亦二前二後【僞爲杜鵑賣之】仲夏後有聲秋後聲止其聲は

 大而圓亮如曰加豆古宇毎棲山林不近人家

 

 

かつこうどり 正字、未だ詳らかならず。

       疑ふらくは、此れ、

       「郭公〔(かつこう)〕」か。

加豆古宇鳥

 

△按ずるに、狀、杜鵑(ほとゝぎす)及び蟲喰鳥〔(むしくひどり)〕に似て、微赤色を帶ぶ。腹、白くして黑斑無きのみ。脚指も亦、二つは前、二つは後〔(うしろ)〕【僞りて杜鵑と爲して之れを賣る。】仲夏の後、聲、有り、秋の後、聲、止む。其の聲は大にして圓亮、「加豆古宇〔(かつこう)〕」と曰ふがごとし。毎〔(つね)に〕山林に棲み、人家に近づかず。

[やぶちゃん注:ともかく困る。困ってしまう。困っている。何故かというと、もう既に先行する「林禽類 鳲鳩(ふふどり・つつどり)(カッコウ)で、それをカッコウ目カッコウ科カッコウ属カッコウ Cuculus canorus を同定比定してしまっているからなんである。まあ、良安自身が『疑ふらくは、此れ、「郭公〔(かつこう)〕」か』(「疑ふらくは~か」という連語とその呼応は「恐らくは・推測するに・多分」とその疑問や仮定・推察に相応に有意な分(ぶ)がある場合に用いることが多い)と言っているのであるから、困らなくてもいいと言えば、いいんだが、細かいところが気になってくる僕の悪い癖。「杜鵑(ほとゝぎす)及び蟲喰鳥〔(むしくひどり)〕に似」るというのは、良安が直前ので「ムシクイ」を同じカッコウ属のホトトギスに似ていると強引に言って呉れちゃってる(事実は私はそうは思わないのだが)ところからは誤魔化せる。「微赤色を帶ぶ」というのはカッコウのに赤褐色型はいることでクリアだが、「腹、白くして黑斑無きのみ」というのは困るだろ! カッコウで腹部が真っ白で横縞がないというのは、ちょっといないんじゃないかい? 遠目で観察者が目が悪いと白くは見えるがねぇ。「脚指も亦、二つは前、二つは後〔(うしろ)〕」」というのは「対趾足(たいしそく:zygodactyl:ザァィガァダァクトゥル:趾の内、第一趾と第四趾の二本が後方を向き、第二趾と第三趾の二本が前方を向く)という奴で、これはカッコウ目 Cuculiformes に特徴的であるからよい。季節も悪くない。良安が気に入っている鳥の有意に大きな、特徴的に響きのあるそれにしばしば用いる「圓亮」(東洋文庫版はここでは『さえてまろやか』とルビで応じている)もカッコウの鳴き声としては不満はない。「加豆古宇〔(かつこう)〕」のオノマトペイアも申し分ない。「毎〔(つね)に〕山林に棲み、人家に近づかず」のもカッコウらしい。しかし、じゃあ、なんでこんなところに独立項をわざわざ立てちゃったんだろう? という疑問が消えない。しかもお馴染みの「本草綱目」に従ったわけでもなく、明らかに本邦産の鳥という触れ込みで登場している。だが、冒頭から「かつこうどり」だけど、「正字、未だ詳らかならず」と弱気。「どんならん!」何か、追記出来そうな何かを向後も捜してはみる。]

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 蟲喰鳥(むしくひどり) (ムシクイ類) | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 風景觀察官 »