フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 八三 山口大洞家のこと | トップページ | 佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 八六~八八 末期の魂の挨拶 »

2018/12/30

佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 八四、八五 海べりの西洋人・アルビノ

 

八四 佐々木氏の祖父は七十ばかりにて三四年前に亡くなりし人なり。この人の靑年の頃と云へば、嘉永[やぶちゃん注:一八四八年から一八五五年まで。アメリカの東インド艦隊ペリー提督が四隻の黒船を率いて浦賀沖に到着したのは嘉永六(一八五三)年六月で、翌嘉永七年三月三日(一八五四年三月三十一日に「日米和親条約」が締結されている。]の頃なるべきか。海岸の地には西洋人あまた來住してありき。釜石にも山田[やぶちゃん注:現在の岩手県下閉伊郡山田町(やまだまち)。(グーグル・マップ・データ)。]にも西洋館あり。船越[やぶちゃん注:「ふなこし」。]の半島[やぶちゃん注:(国土地理院図)。]の突端にも西洋人の住みしことあり。耶蘇教は密々に行は、遠野鄕にても之を奉じて磔(ハリツケ)になりたる者あり。濱に行きたる人の話に、異人はよく抱き合ひては嘗(ナ)め合ふ者なりなど云ふことを、今でも話にする老人あり。海岸地方には合(アヒ)の子(コ)なかなか多かりしと云ふことなり。

 

八五 土淵村の柏崎にては兩親とも正しく[やぶちゃん注:「まさしく」。]日本人にして白子(シラコ)二人ある家あり。髮も肌も眼も西洋人の通りなり。今は二十六七位なるべし。家にて農業を營む。語音も土地の人とは同じからず、聲細くして鋭(スルド)し。

« 佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 八三 山口大洞家のこと | トップページ | 佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 八六~八八 末期の魂の挨拶 »