フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 蠅の唱歌 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 憂鬱なる花見 »

2019/01/09

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしく憂鬱なる

 

  恐ろしく憂鬱なる

 

こんもりとした森の木立のなかで

いちめんに白い蝶類が飛んでゐる

むらがる むらがりて飛びめぐる

てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ

みどりの葉のあつぼつたい隙間から

ぴか ぴか ぴか ぴかと光る そのちひさな鋭どい翼(つばさ)

いつぱいに群がつてとびめぐる てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ てふ

ああ これはなんといふ憂鬱な幻だ

このおもたい手足 おもたい心臟

かぎりなくなやましい物質と物質との重なり

ああ これはなんといふ美しい病氣だらう

つかれはてたる神經のなまめかしいたそがれどきに

私はみる ここに女たちの投げ出したおもたい手足を

つかれはてた股や乳房のなまめかしい重たさを

その鮮血のやうなくちびるはここにかしこに

私の靑ざめた屍體のくちびるに

額に 髮に 髮の毛に 股に 胯に 腋の下に 足くびに 足のうらに

みぎの腕にも ひだりの腕にも 腹のうへにも押しあひて息ぐるしく重なりあふ

むらがりむらがる 物質と物質との淫猥なるかたまり

ここにかしこに追ひみだれたる蝶のまつくろの集團

ああこの恐ろしい地上の陰影

このなまめかしいまぼろしの森の中に

しだいにひろがつてゆく憂鬱の日かげをみつめる

その私の心はばたばたと羽ばたきして

小鳥の死ぬるときの醜いすがたのやうだ

ああこのたへがたく惱ましい性の感覺

あまりに恐ろしく憂鬱なる。

 

 註。「てふ」「てふ」はチヨーチヨーと讀むべからず。蝶の原音は「て・ふ」である。蝶の翼の空氣をうつ感覺を音韻に寫したものである。

 

[やぶちゃん注:「註」は繋がった一文であるが、全体が一字下げになってポイント落ちで二行に書かれている。ブラウザの不具合を考え、上に引き上げ、二行目の三字下げを無視した。悪しからず。大正六(一九一七)年五月号『感情』初出。「てふ」を字音通りに読めとする朔太郎伝説の一篇である。初出には有意な異同を感じないが、敢えて言えば、

   *

私の靑ざめた屍體のくちびるに

額に 髮に 髮の毛に 股に 胯に 腋の下に 足くびに 足のうらに

みぎの腕にも ひだりの腕にも 腹のうへにも押しあひて息ぐるしく重なりあふ

   *

の三行が、

   *

私の靑ざめた屍體のくちびるに、額に、かみに、かみのけに、ももに、胯に、腋のしたに、 足くびに、足のうらに、みぎの腕にも、ひだりの腕にも、腹のうへにも押しあひて息ぐるしく重なりあふ

   *

一行で巻きつく蛇のように連続していて、その〈ぬたくる〉感覚が初出の方が遙かに効果的であるように思う。「ちうちう」と〈腐亂した詩人の屍體の體液を吸ふ蝶(てふ)〉の幻聴がよく聴こえる気がする。因みに言っておくが、動物の腐乱死体に普通に群がるのは蠅ばかりではない。蝶も群がる。「万葉集」に蝶を詠んだ歌がないのは、風葬や遺体の野晒しが一般的であった上代に於いて人の死体に群がる蝶をまがまがしいものと捉えたからという説もあるくらいだ。

「胯」は「また」かも知れぬが、「またぐら」と、前の「股」から差別化し、より限定した萎えた性器のある風景としての股間を指すものとして、そう読みたいと思う。また、後書きは、ポイント落ちで全体が三字下げで、

   *

詩中平假名にて書きたる「てふてふ」は文字通り「て、ふ、て、ふ」と發音して讀まれたし「チヨー、チヨー」と讀まれては困る。

   *

となっている(「註」の字はない)。

 なお、本篇を以って第一パート「幻の寢臺」は終わっている。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 蠅の唱歌 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 憂鬱なる花見 »