フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) みじめな街燈 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 題のない歌 »

2019/01/11

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしい山

 

  恐ろしい山

 

恐ろしい山の相貌(すがた)をみた

まつ暗な夜空にけむりを吹きあげてゐる

おほきな蜘蛛のやうな眼(め)である。

赤くちろちろと舌をだして

うみざりがにのやうに平つくばつてる。

手足をひろくのばして麓いちめんに這ひ𢌞つた

さびしくおそろしい闇夜である

がうがうといふ風が草を吹いてる 遠くの空で吹いてる。自然はひつそりと息をひそめ

しだいにふしぎな 大きな山のかたちが襲つてくる。

すぐ近いところにそびえ

怪異な相貌(すがた)が食はうとする。

 

[やぶちゃん注:大正一一(一九二二)年五月号『日本詩人』初出。初出や「定本靑猫」は有意な異同を認めないが、またしても筑摩書房版全集は強制消毒校訂を行っている。即ち、

   *

がうがうといふ風が草を吹いてる 遠くの空で吹いて[やぶちゃん注:底本はここで行末。]る。自然はひつそりと息をひそめ

   *

であるのを、

   *

がうがうといふ風が草を吹いてる 遠くの空で吹いてる。

自然はひつそりと息をひそめ

   *

としているのである。初出は確かに改行しているし、ここはまず、句点があるから、改行という判断であろうが(事実、こういう表現を萩原朔太郎がすることは、まず普通はないとは言える)、しかし、原稿を確認しているわけでもないのに、初版の校訂本文をかくいじくるのは、私は、やっぱりおかしいと思う。

 この山は浅間山ではないかと推測する。大正一〇(一九二一)年及び翌年に小規模噴火の記録があり(月は不明)、朔太郎はこの大正十年の七月下旬に室生犀星に招かれて軽井沢に遊んでいる。

うみざりがに」節足動物門甲殻亜門軟甲綱真軟甲亜綱ホンエビ上目十脚(エビ)目抱卵(エビ)亜目ザリガニ下目アカザエビ科アカザエビ亜科ロブスター(ウミザリガニ)属 Homarus のロブスター(Lobster)類の和名である。この時代に朔太郎が生きたロブスターを見たり、食べたり出来た可能性はすこぶる低いと思われるが、フランス料理の著名な食材として、また、西洋絵画の図版等でその存在をハイカラな彼はよく知っていたのであろう。

「平つくばつてる」「へいつくばつてる(へいつくばってる)」。平たく這いつくばっている。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) みじめな街燈 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 題のない歌 »