フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 憂鬱な風景 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 五月の死びと »

2019/01/13

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 野鼠

 

  野  鼠

 

どこに私らの幸福があるのだらう

泥土(でいど)の砂を掘れば掘るほど

悲しみはいよいよふかく湧いてくるではないか。

春は幔幕のかげにゆらゆらとして

遠く俥にゆすられながら行つてしまつた。

どこに私らの戀人があるのだらう

ばうばうとした野原に立つて口笛を吹いてみても

もう永遠に空想の娘らは來やしない。

なみだによごれためるとんのづぼんをはいて

私は日傭人(ひようとり)のやうに步いてゐる

ああもう希望もない 名譽もない 未來もない。

さうしてとりかへしのつかない悔恨ばかりが

野鼠のやうに走つて行つた。

 

[やぶちゃん注:大正一二(一九二三)年五月発行の『日本詩集』初出。初出や「定本靑猫」には有意な異同は認めない。

「幔幕」「まんまく」昔の軍陣や屋内外での式典会場・遊覧の野天などで、周囲に張り巡らす、遮蔽と装飾を兼ねた横に長い幕。本来は「布を縦に縫い合わせたもの」が「幔」で、「横に縫い合わせたもの」を「幕」と称した。

「俥」「くるま」人力車。

めるとんmelton。布面が密に毛羽(けば)で覆われた、手触りの暖かい紡毛(ぼうもう)織物。柔軟で保温性に富み,やや厚手である。黒無地或いは縞柄や霜降りに染め、オーバー・マント・婦人子供服・制服などの防寒用服地として用いられる。

「づぼん」ズボン。

「日傭人(ひようとり)」日雇人夫。「日傭取」が正字。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 憂鬱な風景 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 五月の死びと »