フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 惡い季節 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 顏 »

2019/01/16

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 遺傳

 

  遺  傳

 

人家は地面にへたばつて

おほきな蜘蛛のやうに眠つてゐる。

さびしいまつ暗な自然の中で

動物は恐れにふるへ

なにかの夢魔におびやかされ

かなしく靑ざめて吠えてゐます。

  のをあある とをあある やわあ

 

もろこしの葉は風に吹かれて

さわさわと闇に鳴つてる。

お聽き! しづかにして

道路の向ふで吠えてゐる

あれは犬の遠吠だよ。

  のをあある とをあある やわあ

 

「犬は病んでゐるの? お母あさん。」

「いいえ子供

犬は飢ゑてゐるのです。」

 

遠くの空の微光の方から

ふるへる物象のかげの方から

犬はかれらの敵を眺めた

遺傳の 本能の ふるいふるい記憶のはてに

あはれな先祖のすがたをかんじた。

 

犬のこころは恐れに靑ざめ

夜陰の道路にながく吠える。

  のをあある とをあある のをあある やわああ

 

「犬は病んでゐるの? お母あさん。」

「いいえ子供

犬は飢ゑてゐるのですよ。」

 

[やぶちゃん注:「向ふ」はママ。大正一〇(一九二一)年十二月号『日本詩人』初出。初出では、オノマトペイア「のをあある とをあある のをあある やわああ」は総て一字下げで、「お聽き! しづかにして」は「お聽き、しづかにして」で迫力が減衰している。「こころ」は「心臟」に「こゝろ」とルビしている他は、有意な異同はない。「定本靑猫」には再録されていない。一見、「月に吠える」の猫の二番煎じ的印象を受けるが、こちらの方がオノマトペイアも詩篇の言わんとするところも、より深刻で、私はブラック・ユーモアを気取った「猫」よりも、こちらの方が遙かに好きだ。私の萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 猫と比較対照されたい。……ああっ! これは私の亡き母! 犬は亡き三女のアリス! そうして……少年は淋しい私そのものではないか!?!……

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 惡い季節 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 顏 »