フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 佛の見たる幻想の世界 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) みじめな街燈 »

2019/01/11

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 鷄

 

  

 

しののめきたるまへ

家家の戸の外で鳴いてゐるのは鷄(にはとり)です

聲をばながくふるはして

さむしい田舍の自然からよびあげる母の聲です

とをてくう、とをるもう、とをるもう。

 

朝のつめたい臥床(ふしど)の中で

私のたましひは羽ばたきをする

この雨戸の隙間からみれば

よもの景色はあかるくかがやいてゐるやうです

されどもしののめきたるまへ

私の臥床にしのびこむひとつの憂愁

けぶれる木木の梢をこえ

遠い田舍の自然からよびあげる鷄(とり)のこゑです

とをてくう、とをるもう、とをるもう。

 

戀びとよ

戀びとよ

有明のつめたい障子のかげに

私はかぐ ほのかなる菊のにほひを

病みたる心靈のにほひのやうに

かすかにくされゆく白菊のはなのにほひを

戀びとよ

戀びとよ。

 

しののめきたるまへ

私の心は墓場のかげをさまよひあるく

ああ なにものか私をよぶ苦しきひとつの焦燥

このうすい紅(べに)いろの空氣にはたへられない

戀びとよ

母上よ

早くきてともしびの光を消してよ

私はきく 遠い地角のはてを吹く大風(たいふう)のひびきを

とをてくう、とをるもう、とをるもう。

 

[やぶちゃん注:正七(一九一八)年一月号『文章世界』初出。初出は総ルビであるが、この当時のこうした総ルビの作品は、概ね、編集者や校正者が勝手に附したものであって、それを以って云々することは厳に慎まれなければならない。例えば「大風」には初出は「おほかぜ」とルビするが、恐らくはそれが自身の読みと異なったが故にこそ、彼はここで「たいふう」と振った可能性が高い。初出には有意な相違を私は認めない。後の「定本靑猫」では「私のたましひは羽ばたきをする」を「私のたましひは羽ばたきする。」が朗読での大きな相違で、後者を私は支持するものである。ともかくも、この「とをてくう、とをるもう、とをるもう。」というオノマトペイアは格別に素晴らしい!

「地角」は「ちかく」(初出ルビもそうなってはいる)で、これには、「大地の隅(すみ)・遠く離れた土地の涯(はて)・僻遠の地」の他、「陸地の細く尖って海中に突出した所。岬。地嘴(ちし)」の意があるが、これはもう、全体の雰囲気から、前者以外にはない。

 本篇を以ってパート「憂鬱なる櫻」は終わっている。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 佛の見たる幻想の世界 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) みじめな街燈 »