フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) くづれる肉體 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 綠色の笛 »

2019/01/13

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 鴉毛の婦人

 

  鴉毛の婦人

 

やさしい鴉毛の婦人よ

わたしの家根裏の部屋にしのんできて

麝香のなまめかしい匂ひをみたす

貴女(あなた)はふしぎな夜鳥

木製の椅子にさびしくとまつて

その嘴(くちばし)は心臟(こころ)をついばみ 瞳孔(ひとみ)はしづかな淚にあふれる

夜鳥よ

このせつない戀情はどこからくるか

あなたの憂鬱なる衣裳をぬいで はや夜露の風に飛びされ。

 

[やぶちゃん注:大正一一(一九二二)年五月号『詩聖』初出。初出や「定本靑猫」に有意な異同を認めない。なお、「鴉毛」であるが、「定本靑猫」後の昭和一四(一九三九)年の詩集「宿命」(創元選書)に再録した際にのみ、朔太郎は「鴉毛」に「からすげ」という訓を振っている。現行、これに従って読まれているようである。これはあの鴉の暗い紫を帯びた黒い頭髪の謂いであろう。私はつい、マスカレードのような、実際のカラスの羽を髪飾りにした女性を想起してしまうのは困ったものだ。

「麝香」ジャコウジカ(哺乳綱鯨偶蹄目反芻亜目真反芻亜目ジャコウジカ科ジャコウジカ亜科ジャコウジカ属 Moschusの総称)の雄の下腹部にある鶏卵大の包皮腺(香嚢)から得られる香料。紫褐色の顆粒で芳香が極めて強く、強心剤・気つけ薬など種々の薬料や、香水にも用いられる。詳しくは、私の生物學講話 丘淺次郎 第十二章 戀愛(7) 三 色と香() 肛門腺及び蛾類性フェロモン」の本文及び私の注「麝香鹿」を参照されたい。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) くづれる肉體 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 綠色の笛 »