フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 片戀 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 春宵 »

2019/01/19

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 夢

 

  

 

あかるい屛風のかげにすわつて

あなたのしづかな寢息をきく。

香爐のかなしいけむりのやうに

そこはかとたちまよふ

女性のやさしい匂ひをかんずる。

 

かみの毛ながきあなたのそばに

睡魔のしぜんな言葉をきく

あなたはふかい眠りにおち

わたしはあなたの夢をかんがふ

このふしぎなる情緖

影なきふかい想ひはどこへ行くのか。

薄暮のほの白いうれひのやうに

はるかに幽かな湖水をながめ

はるばるさみしい麓をたどつて

見しらぬ遠見の山の峠に

あなたはひとり道にまよふ 道にまよふ。

 

ああ なににあこがれもとめて

あなたはいづこへ行かうとするか

いづこへ いづこへ 行かうとするか

あなたの感傷は夢魔に饐えて

白菊の花のくさつたやうに

ほのかに神祕なにほひをたたふ。

         
(とりとめもない夢の氣分とその抒情)

 

[やぶちゃん注:驚くべきことに、本詩篇の筑摩書房版校訂本文は前の戀」で犯した過ちと全く同じことをやっているのである! そこでは、第二連が、

   *

かみの毛ながきあなたのそばに

睡魔のしぜんな言葉をきく

あなたはふかい眠りにおち

わたしはあなたの夢をかんがふ

このふしぎなる情緖

影なきふかい想ひはどこへ行くのか。

 

薄暮のほの白いうれひのやうに

はるかに幽かな湖水をながめ

はるばるさみしい麓をたどつて

見しらぬ遠見の山の峠に

あなたはひとり道にまよふ 道にまよふ。

   *

と二連に分かれているからである。

 確かに初出である大正一一(一九二二)年一月号『日本詩人』では二連になってはいる。

 ところが、底本である初版本は、この箇所で改ページとなっているが、二〇三の左ページ通常版組の最終行で「影なきふかい想ひはどこへ行くのか。」となり、次の二〇四の右ページは通常版組の第一行から「薄暮のほの白いうれひのやうに」と印字されているのである。物理的に計測してみたが、疑問の余地は全くない。敢えて言えば、句点があるから改行となるのであろうが、後者にはその空行はないのである。

 即ち、「靑猫」の「夢」には、ここに空行はない、のである。

 筑摩版全集はこの行空き操作を校異で述べていない

 即ち、筑摩版全集編者は、初版「靑猫」の行空き無しを見落とし、初出に従って行空きを施してしまったのであると考えざるを得ない。

 ところが、校異を見ると、朔太郎は後の昭和三(一九二八)年第一書房版「萩原朔太郎詩集」では、ここを行空き無しとしている、のである。これは「片戀」の場合と同じである(但し、この詩篇は他に第一書房版の前の大正一二(一九二三)年刊の詩集「蝶を夢む」と、第一書房版の後の昭和一一(一九三六)年新潮文庫刊「萩原朔太郎集」に再録されているが、校異を見る限りでは、行空けは、ある、ようである)

 ただ、詩篇の流れからは、この詩篇の場合は、前の戀」と異なり、ここには空行があってよいとは思う。

 しかしながら、詩集「靑猫」としては、前の「片戀」と同じく、向後、全集が改訂される時は、この行空けを除去するべきであり、選集に選ぶ際も、行空き無しで示されねばならないと私は思う。

 初出は以下。細部や終りの添え辞に異同が認められる。

   *

 

  

 

あかるい屛風のかげにすわつて

あなたのしづかな寢息をきく。

香爐のかなしいけぶりのやうに

そこはかとたちまよふ

女性のやさしい匂ひをかんずる。

 

かみの毛ながきあなたのそばに

睡魔のしぜんな言葉をきく

あなたはふかい眠りにおち

わたしはあなたの夢をかんがふ

このふしぎなる情緖

影なきふかい想ひはどこへ行くのか。

 

薄暮のほの白いうれひのやうに

はるかに幽かな湖水をながめ

はるばるさみしい麓をたどつて

みしらぬ遠見の上の峠に

あなたはひとり道にまよふ 道にまよふ。

 

ああ なにゝあこがれもとめて

あなたはいづこへ行かうとするか

いづこへいづこへ行かうとするか

あなたの感傷は夢魔に酢えて

白菊の花のくさつたやうに

ほのかな神祕なにほひをたたふ。

    
 (とりとめもなき仄かな夢の氣分を、
      
私はこの詩で漂渺させやうと試みた。)

 

   *

「みしらぬ遠見の上の峠に」の「上」及び添え辞の「漂」(正しくは「縹」)や「させやう」はママ。

 なお、本篇は「定本靑猫」には再録されていない。本篇を以って最終パート「艶めける靈魂」は終わっている。]


 

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 片戀 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 春宵 »