フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 鷄 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしい山 »

2019/01/11

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) みじめな街燈

 

 

  さびしい靑猫

 

 

[やぶちゃん注:パート標題(左ページ)。その裏の右ページに以下の献辞。そのポイントは本文と同じである。]

 

ここには一疋の靑猫が居る。さうして柳は風にふかれ、墓場には月が登つてゐる。

 

 

 

  みじめな街燈

 

雨のひどくふつてる中で

道路の街燈はびしよびしよぬれ

やくざな建築は坂に傾斜し へしつぶされて歪んでゐる

はうはうぼうぼうとした烟霧の中を

あるひとの運命は白くさまよふ

そのひとは大外套に身をくるんで

まづしく みすぼらしい鳶(とんび)のやうだ

とある建築の窓に生えて

風雨にふるへる ずつくりぬれた靑樹をながめる

その靑樹の葉つぱがかれを手招き

かなしい雨の景色の中で

厭やらしく 靈魂(たましひ)のぞつとするものを感じさせた。

さうしてびしよびしよに濡れてしまつた。

影も からだも 生活も 悲哀でびしよびしよに濡れてしまつた。

 

[やぶちゃん注:大正一一(一九二二)年六月号『詩聖』初出であるが、初出での標題は「雨の中を彷惶する」(「惶」はママ。「徨」の誤植か朔太郎の誤字であろう)であるが、詩篇本文には有意な異同はない。「定本靑猫」では「道路の街燈はびしよびしよぬれ」が「道路の街燈はびしよびしよにぬれ」が目立つが、私は説明的な後者は本篇最終行の「に」で沢山であって、支持しない。

「はうはうぼうぼう」困った表現である。まず、後半の「ぼうぼう」は「烟霧」の形容としては、「果てしなく広がっているさま」或いは「ぼんやりしてはっきりしないさま」の意の「茫茫」でよかろうが、この「ぼうぼう」の歴史的仮名遣は「ばうばう」で誤りということになる。しかし、強制消毒校訂をするはずの筑摩書房校訂本文は「ぼうぼう」のままである。不審である。さても、前の「はうはう」は私は「対象が多いさま」甚だ盛んなさま」を言う「彭彭」以外にはないと考える。これは「ほうほう」で、歴史的仮名遣は正しく「はうはう」となるから、よい(霧の中だから「這うように歩くさま。やっとのことで歩くさま」の意の副詞「這ふ這ふ」(歴史的仮名遣「はふはふ」・現代仮名遣「ほうほう」)という御仁もあろうが、それでは係りがせっかく改行した次行に渡ってしまうし、私には、それでは謂いが漫画のようで糞表現だと思う。「はうはう」と「ぼうぼう」は孰れも「とした」に続く形容動詞の語幹である)。異義のある方は、御教授を乞うものである。

「靑樹」「あをき」「せいじゆ」孰れにも読めるが、その樹木のあるのが「とある建築の窓」であり、「風雨にふるへる」ほどのものでしかないのであってみれば、これは高い樹木ではあり得ず、鉢植えの中低木でなくてはおかしい。さすれば、これは常緑で枝も青い低木の、ガリア目ガリア科アオキ(青木)属アオキ変種アオキ Aucuba japonica var. japonica ではないかと思われ、さすれば、ここは「あをき(あおき)」で読むべきかと思う。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 鷄 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしい山 »