フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしい山 | トップページ | ブログ・アクセス1180000突破記念 柳田國男 山島民譚集(河童駒引・馬蹄石) 原文・訓読・附オリジナル注始動 / 小序・再版序・「河童駒引」(1) 「鷺之湯鶴之湯鹿之湯貉之湯其他」 »

2019/01/11

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 題のない歌

 

  題のない歌

 

南洋の日にやけた裸か女のやうに

夏草の茂つてゐる波止場の向うへ ふしぎな赤錆びた汽船がはひつてきた

ふはふはとした雲が白くたちのぼつて

船員のすふ煙草のけむりがさびしがつてる。

わたしは鶉のやうに羽ばたきながら

さうして丈(たけ)の高い野茨の上を飛びまはつた

ああ 雲よ 船よ どこに彼女は航海の碇をすてたか

ふしぎな情熱になやみながら

わたしは沈默の墓地をたづねあるいた

それはこの草叢(くさむら)の風に吹かれてゐる

しづかに 錆びついた 戀愛鳥の木乃伊(みいら)であつた。

 

[やぶちゃん注:大正一一(一九二二)年五月号『日本詩人』初出。初出・「定本靑猫」に有意な異同を認めない。「錆」(さ)「びついた」「戀愛鳥の木乃伊(みいら)」は絶妙の詩語である!

「鶉」「うづら」。キジ目キジ科ウズラ属ウズラ Coturnix japonicaウズラは叢の中にいて、飛ばない或いは飛ぶのが苦手であると思い込んでいる方が私は多いと思うので、一言、言っておくと、彼らはしっかりちゃんと飛ぶ。それより何より、ウズラはキジ科 Phasianidae の中で唯一、渡りを行う「渡り鳥」なのである。ウィキの「ウズラによれば、本邦(主に本州中部以北)・モンゴル・朝鮮半島・シベリア南部・中国『北東部などで繁殖し、冬季になると日本(本州中部以南)、中華人民共和国南部、東南アジアなどへ南下し』、『越冬する』。『日本国内の標識調査の例では北海道・青森県で繁殖した個体は主に関東地方・東海地方・紀伊半島・四国などの太平洋岸で越冬し、九州で越冬する個体は主に朝鮮半島で繁殖した個体とされる(朝鮮半島で繁殖して四国・山陽地方・東海地方へ飛来する個体もいる)』とある。

「野茨」「のいばら」。私の好きな、バラ亜綱バラ目バラ科バラ亜科バラ属ノイバラ Rosa multiflora

「彼女」フロイトを出す以前に、船は女性名を附すことはご存じの通り。

「碇」「いかり」。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしい山 | トップページ | ブログ・アクセス1180000突破記念 柳田國男 山島民譚集(河童駒引・馬蹄石) 原文・訓読・附オリジナル注始動 / 小序・再版序・「河童駒引」(1) 「鷺之湯鶴之湯鹿之湯貉之湯其他」 »