フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしく憂鬱なる | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 夢にみる空家の庭の祕密 »

2019/01/09

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 憂鬱なる花見

 

  憂鬱なる花見

 

憂鬱なる櫻が遠くからにほひはじめた

櫻の枝はいちめんにひろがつてゐる

日光はきらきらとしてはなはだまぶしい

私は密閉した家の内部に住み

日每に野菜をたべ 魚やあひるの卵をたべる

その卵や肉はくさりはじめた

遠く櫻のはなは酢え

櫻のはなの酢えた匂ひはうつたうしい

いまひとびとは帽子をかぶつて外光の下を步きにでる

さうして日光が遠くにかがやいてゐる

けれども私はこの暗い室内にひとりで坐つて

思ひをはるかなる櫻のはなの下によせ

野山にたはむれる靑春の男女によせる

ああいかに幸福なる人生がそこにあるか

なんといふよろこびが輝やいてゐることか

いちめんに枝をひろげた櫻の花の下で

わかい娘たちは踊ををどる

娘たちの白くみがいた踊の手足

しなやかにおよげる衣裝

ああ そこにもここにも どんなにうつくしい曲線がもつれあつてゐることか

花見のうたごゑは橫笛のやうにのどかで

かぎりなき憂鬱のひびきをもつてきこえる。

いま私の心は淚をもてぬぐはれ

閉ぢこめたる窓のほとりに力なくすすりなく

ああこのひとつのまづしき心はなにものの生命(いのち)をもとめ

なにものの影をみつめて泣いてゐるのか

ただいちめんに酢えくされたる美しい世界のはてで

遠く花見の憂鬱なる橫笛のひびきをきく。

 

[やぶちゃん注:大正六(一九一七)年六月号『感情』初出。初出と有意な異同はない。「定本靑猫」では、中間部の、

   *

ああいかに幸福なる人生がそこにあるか

なんといふよろこびが輝やいてゐることか

   *

が、

   *

ああ なんといふよろこびが輝やいてゐることか

   *

となっている以外には大きな異同はない。確かに、私はこの「いかに幸福なる人生がそこにあるか」という部分はいらぬと思う。序でに言っておくと、萩原朔太郎のよく使う「酢え」はどうも好きになれない。「饐え」でないと、私は生理的に気に入らない。それにしても、実は桜が(特に双子葉植物綱バラ亜綱バラ目バラ科サクラ亜科サクラ属サクラ亜属品種ソメイヨシノ(染井吉野)Cerasus × yedoensisSomei-yoshino)嫌いな作家は多いな。にしてもこれもまた徹底してないぞ! 是非ともここでも、後の梶井基次郎の「櫻の樹の下には」(昭和三(一九二八)年十月稿。同年十二月に雑誌『詩と詩論』第二冊に発表。リンク先は私の古い古い電子テクスト)の大詩人の感想を御拝聴したいもんだね。俺? 俺は作家じゃないからね、ソメイヨシノ、好きだぜ、ただ、亡き母と約束したのに、花見の前の二〇一一年三月十九日、母はALSで亡くなった、だから、もう、花見は、しない。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 恐ろしく憂鬱なる | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 夢にみる空家の庭の祕密 »