フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 靑猫 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 春の感情 »

2019/01/08

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 月夜

 

  月  夜

 

重たいおほきな羽をばたばたして

ああ なんといふ弱弱しい心臟の所有者だ。

花瓦斯のやうな明るい月夜に

白くながれてゆく生物の群をみよ

そのしづかな方角をみよ

この生物のもつひとつのせつなる情緖をみよ

あかるい花瓦斯のやうな月夜に

ああ なんといふ悲しげな いぢらしい蝶類の騷擾だ。

 

[やぶちゃん注:大正六(一九一七)年四月号『詩歌』初出。初出との大きな違いはないものの(最終行の句点を除いて初出は全行末に読点を打つ)、標題は「月夜」ではなく、「深酷なる悲哀」である。特に問題なのは「羽」で、

初出では「羽(つばさ)」のルビ

があり、これは読みに於いてかなり重大な示唆を持つ。本詩篇は朔太郎遺愛のものであったらしく、後の複数の詩集に何度も再録されているのであるが、筑摩版全集校異を見ると、この後の、

大正一二(一九二三)年の詩集「蝶を夢む」では、「翼(つばさ)」

昭和三(一九二八)年第一書房版「萩原朔太郎詩集」では、「翅」(ルビなし)

翌昭和四年新潮社刊「現代詩人全集」第九巻では、「翅(はね)」

昭和一一(一九三六)年三月刊の「定本靑猫」では、「翅」(ルビなし)

同年四月刊の新潮文庫「萩原朔太郎集」では、「翅(はね)(但し、同書にはこの詩篇は「月夜」と「騷擾」の別題で二篇掲載されており、後者の「騷擾」では「翼(つばさ)」である)

となっている。以上の経緯を見る限りに於いて、本詩集「靑猫」では、朔太郎は、ここは「つばさ」と読ませるつもりであると考えるべきである(因みに、私はずっと「はね」と読んできたが、「つばさ」と読んでいた読者はまずいないと私は思う)。

 他に「情緖」が「感情」となっている点で相違が見られる。

 「花瓦斯」「はながす(ガス)」と読む(「ガス」は「gas」)。種々な形に綺麗に飾り立てて点火したガス灯のこと。装飾兼用の広告灯として明治前期から用いられた。小学館の「精選版日本国語大辞典」には明治一一(一八七八)年三月二六日附『東京日日新聞』の記事が例文に引かれており、『花瓦斯を設けたる裝飾のさまいと嚴かにして、且つ美麗を極めたり』(漢字を正字化した)とあり、平凡社「世界大百科事典」の「イルミネーション」の項には、この前年の明治十年六月の新富座再建時に点灯された『ガス灯のサインであった花瓦斯なども一種のイルミネーションである』とある。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 靑猫 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 春の感情 »