フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第四十四 山禽類 雀鷂(すすみだか・つみ) (ツミ) | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 沖を眺望する »

2019/01/07

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 寢臺を求む

 

  寢臺を求む

 

どこに私たちの悲しい寢臺があるか

ふつくりとした寢臺の 白いふとんの中にうづくまる手足があるか

私たち男はいつも悲しい心でゐる

私たちは寢臺をもたない

けれどもすべての娘たちは寢臺をもつ

すべての娘たちは 猿に似たちひさな手足をもつ

さうして白い大きな寢臺の中で小鳥のやうにうづくまる

すべての娘たちは 寢臺の中でたのしげなすすりなきをする

ああ なんといふしあはせの奴らだ

この娘たちのやうに

私たちもあたたかい寢臺をもとめて

私たちもさめざめとすすりなきがしてみたい。

みよ すべての美しい寢臺の中で 娘たちの胸は互にやさしく抱きあふ

心と心と

手と手と

足と足と

からだとからだとを紐にてむすびつけよ

心と心と

手と手と

足と足と

からだとからだとを撫でることによりて慰めあへよ

このまつ白の寢臺の中では

なんといふ美しい娘たちの皮膚のよろこびだ

なんといふいぢらしい感情のためいきだ。

けれども私たち男の心はまづしく

いつも悲しみにみちて大きな人類の寢臺をもとめる

その寢臺はばね仕掛けでふつくりとしてあたたかい

まるで大雪の中にうづくまるやうに

人と人との心がひとつに解けあふ寢臺

かぎりなく美しい愛の寢臺

ああ どこに求める 私たちの悲しい寢臺があるか

どこに求める

私たちのひからびた醜い手足

このみじめな疲れた魂の寢臺はどこにあるか。

 

[やぶちゃん注:大正六(一九一七)年四月号『感情』初出。有意な異同は認められない。]

« 和漢三才圖會卷第四十四 山禽類 雀鷂(すすみだか・つみ) (ツミ) | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 沖を眺望する »