フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 夢 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 軍隊 »

2019/01/19

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 春宵

 

  春   宵

 

嫋(なま)めかしくも媚ある風情を

しつとりとした襦袢につつむ

くびれたごむの 跳ねかへす若い肉體(からだ)を

こんなに近く抱いてるうれしさ

あなたの胸は鼓動にたかまり

その手足は肌にふれ

ほのかにつめたく やさしい感觸の匂ひをつたふ。

 

ああこの溶けてゆく春夜の灯かげに

厚くしつとりと化粧されたる

ひとつの白い額をみる

ちひさな可愛いくちびるをみる

まぼろしの夢に浮んだ顏をながめる。

 

春夜のただよふ靄の中で

わたしはあなたの思ひをかぐ

あなたの思ひは愛にめざめて

ぱつちりとひらいた黑い瞳(ひとみ)は

夢におどろき

みしらぬ歡樂をあやしむやうだ。

しづかな情緖のながれを通つて

ふたりの心にしみゆくもの

ああこのやすらかな やすらかな

すべてを愛に 希望(のぞみ)にまかせた心はどうだ。

 

人生(らいふ)の春のまたたく灯かげに

嫋めかしくも媚ある肉體(からだ)を

こんなに近く抱いてるうれしさ

處女(をとめ)のやはらかな肌のにほひは

花園にそよげるばらのやうで

情愁のなやましい性のきざしは

櫻のはなの咲いたやうだ。

 

[やぶちゃん注:大正一一(一九二二)年一月号『日本詩人』初出。初出では「みしらぬ歡樂をあやしむやうだ。」と「しづかな情緖のながれを通つて」の間に行空けがある他は(ここは底本では見開きの左右ページに分断される版組であるが、後のページ冒頭に物理的に行空けは見られない)、表記の違いや誤字と思われるものを除いて、有意な差を認めない。本篇は「定本靑猫」には再録されていない。本篇を以って最終パート「艶めける靈魂」は終わっている。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 夢 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 軍隊 »