フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 野鼠 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 輪廻と轉生 »

2019/01/13

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 五月の死びと

 

  五月の死びと

 

この生(いき)づくりにされたからだは

きれいに しめやかに なまめかしくも彩色されてる

その胸も その脣(くち)も その顏も その腕も

ああ みなどこもしつとりと膏油や刷毛で塗られてゐる。

やさしい五月の死びとよ

わたしは綠金の蛇のやうにのたうちながら

ねばりけのあるものを感觸し

さうして「死」の絨氈に肌身をこすりねりつけた。

 

[やぶちゃん注:初出なし(確認されていない)。「底本靑猫」では再録せず。「絨氈」は「じゆうたん」で問題ない表記であるが、筑摩書房版全集校訂本文は、またしても過剰な消毒薬を散布せずにはおかぬ。「絨毯」に変えてしまっている。いいかね? 「じゆうたん」(現代仮名遣「じゅうたん」)は現行の辞書でも漢字表記を「絨緞」「絨毯」「絨氈」と載せているんだ! どこの誰が「じゆうたん」は「絨毯」でなくては誤りだと言ったんだ?!

 さても、この詩篇、エレナ幻想の一つであろう。エレナは洗礼名で、本名は馬場ナカ、朔太郎の妹ワカの友人であった。明治二三(一八九〇)年生まれの朔太郎より四つ歳下、朔太郎が十七歳の頃に出逢っている。吉永哲郎論文「さみしい男」の文学史―――朔太郎のエレナ憧憬をめぐって ―――(共愛学園前橋国際大学論集・二〇〇四年三月発行・PDF・分割発表の一篇)によれば、明治四二(一九〇九)年に、『高崎の医師佐藤清と結婚し』、『二子をもうけたが、結核を病み、転地療養を続けるうち』、大正六(一九一七)年五月五日、二十八歳の若さで亡くなっている。『高崎の柳川町のハリスト正教会(現・下小鳥町)の「教会銘度利加(洗礼名が記載されている大判本)」の「第二簡其の二」に』、「洗礼日大正三年五月十七日 洗礼名 エレナ」の『名が記載されていた』とある。

「綠金」「ろくきん」或いは「りよくきん」で、緑色を帯びた金色のこと。]

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 野鼠 | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 輪廻と轉生 »