フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 寢臺を求む | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 强い腕に抱かる »

2019/01/07

萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 沖を眺望する

 

  沖を眺望する

 

ここの海岸には草も生えない

なんといふさびしい海岸だ

かうしてしづかに浪を見てゐると

浪の上に浪がかさなり

浪の上に白い夕方の月がうかんでくるやうだ

ただひとり出でて磯馴れ松の木をながめ

空にうかべる島と船とをながめ

私はながく手足をのばして寢ころんでゐる

ながく呼べどもかへらざる幸福のかげをもとめ

沖に向つて眺望する。

 

[やぶちゃん注:大正六(一九一七)年二月号『感情』初出。短詩で表現も至って当たり前乍ら、私の偏愛する一篇であり、私の心の中では最後の「沖に向つて眺望する」が何度も二十代の時からリフレインし続けてきたものである。初出とは表現の微妙な変異がある。やはり私のそれを電子化した古いテクストを参照されたい。私はこの詩の「ながく呼べどもかへらざる幸福のかげをもとめ」という一行を読むにつけ、朔太郎満二十七歳(大正二(一九一三)年四月製作)の折りの自筆自選の手作りの歌集「ソライロノハナ」に記された、エレナ幻想とも称すべき大磯ノ海平塚を思い出すのを常としている(「ソライロノハナ」の中では「二月の海」という「一九一一、二」のクレジット(明治四十四年)を添えるパートが、この二章から構成されている)。リンク先はやはり孰れも私の古い電子テクストであるが(今回、正漢字表記をやり直しておいた)、「ソライロノハナ」自体がまず普段、読まれることの少ないものであるから、未読の方は、是非、読まれたい。

« 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 寢臺を求む | トップページ | 萩原朔太郞 靑猫(初版・正規表現版) 强い腕に抱かる »