フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 淨妙華 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 惡の秘所 »

2019/02/27

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 信樂

 

   信 樂

 

靜かに眠(ねぶ)りて、寢(ねる)魂(たま)の夜(よる)の宮(みや)にも事(こと)あらで、

いと爽(さは)らかに靑(あを)みたる晨(あした)に寤(めざ)め、見(み)かへれば、

傴僂(くゞせ)に似たる「昨(きそ)」の日(ひ)は過(す)ぎゆく「時(とき)」の杖(るゑ)に縋(すが)り、

何方(いづち)去(い)にけむ、思(おも)ひ屈(く)して惱(なや)みし我(われ)も心(うら)解(と)けぬ。

 

零(こぼ)れし種子(たね)の奇(く)しきかな、我生(わがよ)荒(すさ)める确(そね)にだに

惠(めぐ)み齎(もた)らす「信樂(しんげう)」の朝(あさ)の一(ひと)つや、何物(なにもの)も

これには代(か)へじ、「慈悲(じひ)」の御手(みて)は秘(ひ)むれど、銀(ぎん)の衡(はかりざを)、

金(きん)の秤目(はかりめ)、その極(はて)の星(ほし)にかかれる身(み)の錘(おもり)。

 

實(げ)に靜(しづ)まれる日(ひ)の朝(あさ)け、曾(かつ)て覺(おぼ)えぬ悅(よろこび)に

瘦屈(やさか)み冷(ひ)えしわが胸(むね)は、雪消(ゆきげ)に濕(しめ)り、冬(ふゆ)過(す)ぎて、

地(つち)の照斑(てりふ)と蒲公英(たな)の花(はな)、芽(め)ぐむ外(と)の面(も)のつつましき

春(はる)さながらの若萌(わかもえ)にきざす祈誓(きせい)ぞほのかなる。

 

何(なに)とはなしに自(おのづか)ら耳(みゝ)を澄(す)せば遠方(をちかた)に

浪(なみ)どよみ風(かぜ)の戰(そよ)めける音(おと)をし尋(と)むる心地(こゝち)して、

憧(あく)がれわたる窓(まど)近(ちか)く小鳥(ことり)轉(てん)じてまぎれむと

惧(おそ)るる隙(ひま)に聞(き)きわきぬ、過去(くわこ)遠々(をんをん)の代(よ)をここに。

 

かくて浮(うか)ぶるわが「宿世(すぐせ)」、瞳(ひとみ)徹(とほ)れる手弱女(たをやめ)の

頸(うなじ)をめぐる珠飾(たまかざり)、譬(たと)へばそれか、鳴響(なりひゞ)き、

瑠璃(るり)はささやく紅玉(こうぎよく)に、(さあれ苦(く)の緖(を)の一聯(ひとつらね))、

綠(みどり)に將(はた)や紫(むrさき)に、愛(あい)の、欣求(ごんぐ)の、信(しん)の顆(つぶ)。

 

げにこの朝(あさ)の不思議(ふしぎ)さを翌(あす)の夕(ゆふべ)にうち惑(まど)ひ、

わが身(み)をさへに疑(うたが)はば、惡風(あくふう)さらに劫(ごふ)の火(ひ)を

誘(さそ)ひて行手(ゆくて)塞(ふさ)ぎなば、如何(いかが)はすべき、弛(たゆ)まるる

腕(かひな)は渴(かは)く唇(くちびる)に淨水(じやうすゐ)掬(むす)ぶ力(ちから)なくば。

 

あるは曲(まが)れる「癡(ち)」の角(つの)にいと鈍(おぞ)ましき「慾(よく)」の牛(うし)、

牧場(まきば)に足(た)らふ安穩(あんのん)の命(いのち)に倦(う)みて、すずろかに

埓(らち)のくづれを踰(こ)えゆかば、星(ほし)も照(て)らさぬ夜(よる)の道(みち)、

後世(ごせ)の善所(ぜんしよ)を誰(たれ)かまた鞭(むち)うち揮(ふる)ひ指(さ)ししめす。

 

あるは木(きすぐ)の本性(ほんじやう)に潛(ひそ)む蠻夷(えみし)の幾群(いくむ)の

集(つど)ふやとばかり、われとわが拓(ひら)かぬ森(もり)の下蔭(したかげ)に

思(おも)ひ惑(まど)ふや、襲(おそ)ひ來(く)る彼(か)の殘逆(ざんげき)の矛槍(ほこやり)を

血(ち)ぬらぬ前(まへ)に淨(きよ)めなむ心(こゝろ)しらへのありや、否(いな)。

 

悲願(ひぐわん)の尊者(そんじや)、諸菩薩(しよぼさつ)よ、ただ三界(さんがい)に流浪(るらう)する

魂(たま)を憐(あはれ)み御心(みこゝろ)にかけさせたまへ、ゆくりなく

煩惱(ぼんなう)盡(つ)きし朝(あさ)に遇(あ)ひて、今日(けふ)を捨身(しやしん)の首途(かどいで)や、

遍路(へんろ)の旅(たび)に覺王(かくわう)の利生(りしやう)をわれに垂(た)れたまへ。

 

[やぶちゃん注:第五連二行目の中の「譬(たと)へばそれか、」は底本では「譬(たと)へばそれが、」。底本の「名著復刻 詩歌文学館 紫陽花セット」の解説書の野田宇太郎氏の解説にある、有明から渡された正誤表に従い、特異的に呈した。

「信樂」「しんげう」(現代仮名遣「しんぎょう」)は仏教用語で、教えを信じ喜ぶこと、阿彌陀如来の本願(菩薩時代にそれらを成就出来なければ如来にならぬと阿彌陀は請願した故にその本願は時空を越えて既に成就されているのである)を信じて疑わないことを指す。

「傴僂(くゞせ)」「屈背」に同じ。脊椎が曲がって、伸びなくなる病気。また、その患者。

「确(そね)」上代語。石が多く地味の瘦せた土地。「磽」とも書く。

「蒲公英(たな)」「たな」は「蒲公英」三字へのルビ。タンポポ(キク目キク科タンポポ属 Taraxacum)は古くは「田菜(たな)」、「藤菜(ふぢな)」「布知菜(ふちな)」などと称していた。

「木(きすぐ)」形容動詞「氣直(きす)ぐなり」の語幹の用法。「きすぐ」(或いは「きすく」)は、「素朴で飾りけのないさま・生真面目なさま」を言う。

「心(こゝろ)しらへ」既出既注であるが、再掲しておくと、自動詞ハ行四段活用の「心知らふ」の名詞化したもの。意味は「よく知っている」或いは「心遣いをする・気を配る」の意であるが、前後の放浪する隠遁や捨身のそれを考えるなら、無垢としての無知としての前者である。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 淨妙華 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 惡の秘所 »