フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 穎割葉 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 馬(むま) (ウマ) »

2019/02/25

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 沙は燬けぬ

 

  沙は燬けぬ

 

沙(いさご)は燬(や)けぬ、蹠(あなうら)のやや痛(いた)きかな、

渚(なぎさ)べの慣(な)れし巖(いは)かげに身を避(よ)けて、

磯草(いそぐさ)の斑(ふ)に敷皮(しきかは)の黃金(こがね)をおもひ、

いざここに限(かぎ)りなき世(よ)の夢(ゆめ)を見(み)む。

 

藍(あゐ)や海原(うなばら)、白銀(しろかね)や風(かぜ)のかがやき、――

眼路(めぢ)の涯(はて)(た)えて翳(かげ)らふものもなく、

ひろき潮(うしほ)に浮(うか)び來(き)て帆(ほ)ぞ照(て)りわたる

遠(をち)の船(ふね)、さながら幸(さち)の盞(さかづき)と。

 

なべての人(ひと)も我(われ)もまた(た)えず愁(うれ)へて

渚(なぎさ)べを美(うま)し醉(ゑひ)ならぬ癡(し)れ惑(まど)ひ、

どよもし返(かへ)す浪(なみ)の音(おと)、海(うみ)の胸(むね)なる

言(こと)の葉(は)に暗(くら)き思(おも)ひを溺(おぼ)らしぬ。

 

今日(けふ)や夢(ゆめ)みむ、幽玄(いうげん)の象(すがた)をしばし、

心(うら)やすし、愁(うれ)ひは私(ひそか)に這(は)ひ出(い)でて、

海知(うみし)らぬ國(くに)、荒山(あらやま)の彼方(かなた)の森(もり)に、

人住(ひとす)まぬ眞洞(まほら)覓(もと)めて行(ゆ)きぬらむ。

 

さもあらばあれ如何(いかが)せむ、心(こゝろ)しらへの

益(やく)なさを嘲(あざ)み顏(がほ)なる薰習(くんじふ)や、

劫初(ごふしよ)の朝(あさ)の森(もり)の香(か)はなほも殘(のこ)りて

染(し)みぬらし、わが素膚(すはだ)なる肉(しゝむら)に。

 

更(さら)にたどれば神(かみ)の苑(その)、噫(あゝ)そこにしも

晶玉(しやうぎよく)は活(い)きていみじく歌(うた)ひけめ、

木(こ)の葉(は)囁(ささや)き苔(こけ)薰(くん)じ、われも和毛(にこげ)の

おん惠(めぐ)み、深(ふか)き日影(ひかげ)に臥(こや)しけめ。

 

なべては壞(くづ)れ亂(みだ)されき、人(ひと)と生(うま)れて、

爭(あらそ)ひて、海(うみ)の邊(ほとり)に下(くだ)り來(き)ぬ、

なべては破(や)れし榮(はえ)の屑(くづ)、(顧(かへり)みなせそ)

人(ひと)は皆(みな)ここに劃(かぎ)られ、あくがれぬ。

 

大和田(おほわだ)の原(はら)、天(あま)の原(はら)、二重(ふたへ)の帷(とばり)

徒(いたづ)らにこの彩(あや)もなき世(よ)をつつみ、

風(かぜ)の光(ひかり)の白銀(しろがね)に、潮(うしほ)の藍(あゐ)に、

永劫(えいごふ)は經緯(たてぬき)にこそ織(お)られたれ。――

 

幽玄(いうげん)の夢(ゆめ)さもあらめ、待(ま)つに甲斐(かひ)なき

現(うつ)し世(よ)に救(すく)ひの船(ふね)は通(かよ)ひ來(こ)ず、

(帆(ほ)は照(てら)せども)、身(み)は疲(つか)れ、崩(くづ)れ崩(くづ)るる

浪頭(なみがしら)、蠱(まじ)の羽(はね)とぞ飜(ひるがへ)る。

 

虛(うつろ)の靈(たま)は涯知(はてし)らぬ淵(ふち)に浮(うか)びて、

身(み)はあはれ響動(どよも)す海(うみ)の渚(なぎさ)べに、――

またも此時(このとき)わが愁(うれひ)、森(もり)を出(い)でたる

獸(けもの)かと跫音(あしおと)忍(しの)びかへり來(き)ぬ。

 

[やぶちゃん注:「燬」は音「キ」で「火・激しい火・烈火」・「やく・やきつくす」の意。

「蹠(あなうら)」「足の裏」。源順(したごう)の「和名類聚鈔」(承平年間(九三一年~九三八年)に既に『阿奈宇良』と記載されている古語。「あ」は「足」の意、「な」は「の」の意の上代の格助詞。小学館「精選版日本国語大辞典」の語誌によれば、「新撰字鏡」(現存する本邦最古の漢和字書。全十二巻。昌住(しょうじゅう)著。昌泰年間(八九八年~九〇一年)の成立)に見られる「足乃宇良」(あしのうら)が、掌を指す「たなうら」からの類推で「あなうら」に変わったものとも考えられるとし、また、『中古、「あなうら」と「あしのうら」との両形が行なわれていた。「あなうら」は男性語として一般語化し、女性の間では、「あしのうら」が好まれていたようである。中世以降、「あしのうら」が一般語化し、「あなうら」は、主に雅語的な表現で用いられるようになった』とある。

「心(こゝろ)しらへ」自動詞ハ行四段活用の「心知らふ」の名詞化したもの。意味は「よく知っている」或いは「心遣いをする・気を配る」の意であるが、前連末の隠遁者のそれであるならば、前者である。

「薰習(くんじふ)」仏教用語。物に香りが染みつく如く、人々の精神・身体の総ての行為が、人間の心の最も奥深い部分にまで影響を与えるということ。「薰修」とも書き、「くんじゆ(くんじゅ)」とも読む。

「臥(こや)し」自動詞サ行四段活用の「臥(こ)やす」。上代語で「す」は上代の尊敬の助動詞で「臥(こ)ゆ」の尊敬語。「横におなりになる」。但し、この語、使用例の多くは、「高貴なお方が亡くなって横たわっておられる・埋葬されておられる」ことについての婉曲であり、ここもそうしたネガティヴなイメージが含まれていると私は読む。だからこそ、この連の一行目と四行目とは、尋常でない已然形で終始しているのではないか? これは「こそ」を省略した『こそ~(已然形)、……」の逆接用法』としか私には読めないからである。

「大和田(おほわだ)の原(はら)」「大曲(おほわだ)の原」で、海・湖・川などが陸地に大きく入り込んだ広大な水平地形を指す一般名詞。上代語。

「經緯(たてぬき)」縦糸と横糸。上代からある語。

「蠱(まじ)の羽(はね)」よく判らぬが、中国の幻想地誌「山海経」の「南山経」には、

   *

又東五百里、曰鹿之山、上無草木、多金石。澤更之水出焉、而南流注于滂水。水有獸焉、名曰蠱雕、其狀如雕而有角、其音如嬰兒之音、是食人。

   *

とあり、この赤子の声で鳴き、人を食うというおどろおろしい妖獣の名「蠱雕」(現代仮名遣:こちょう)の「雕」は鷲(わし)の意であるから、猛禽型の妖鳥と考えられる(後代の「山海経」の絵図で有角の四足獣となっているけれども、元型は恐らく怪鳥であろう)から、それを有明はイメージしたものかも知れない。或いは、以上は私の深読みに過ぎず、所謂、おどろおどろしい「蠱物(まじもの)」(呪(まじな)いをして相手を呪(のろ)うこと)としての「蠱(まじ)」に用いられる、呪的アイテムとしての凶鳥の羽をイメージしただけのことかも知れぬ。

「(顧(かへり)みなせそ)」後の連の「(帆(ほ)は照(てら)せども)」と同じく、変わった丸括弧表記。前者は心内に呟いた語として腑に落ちるが、後者は逆接感情の説明的付加文のように見えてしまい、どうも私には成功している仕儀とは思われない。

「響動(どよも)す」二字へのルビ。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 穎割葉 | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 馬(むま) (ウマ) »