フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 秋のこころ | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 黃羊(きひつじ) (モウコガゼル) »

2019/02/15

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 大河

 

  大 河

 

ゆるやかにただ事(こと)もなく流(なが)れゆく

大河(たいが)の水(みづ)の薄濁(うすにご)り――邃(ふか)き思(おも)ひを

夢(ゆめ)みつつ塵(ちり)に同(どう)じて惑(まど)はざる

智識(ちしき)のすがたこれなめり、鈍(おぞ)しや、われら

面澁(おもしぶ)る啞(おし)の羊(ひつじ)の輩(ともがら)は

堤(つゝみ)の上(うへ)をとみかうみわづらひ步(あり)く。

しかすがに聲(こゑ)なき聲(こゑ)の力(ちから)足(た)り、

眞晝(まひる)かがよふ法(のり)を布(し)く流(ながれ)を見(み)れば、

經藏(きやうざう)の螺鈿(らでん)の凾(はこ)の葢(ふた)をとり、

悲願(ひぐわん)の手(て)もて智慧(ちゑ)の日(ひ)の影(かげ)にひもどく

卷々(まきまき)の秘密(ひみつ)の文字(もじ)の飜(こぼ)れ散(ち)る、――

げに晴(は)れ渡(わた)る空(そら)の下(もと)、河(かは)の面(おもて)の

紺靑(こんじやう)に黃金(こがね)の光(ひかり)燦(きら)めくよ、

かかる折(をり)こそ汚(けが)れたる身(み)も世(よ)も薰(かを)れ、

時(とき)さらず、癡(し)れがましさや、醜草(しこぐさ)の

毒(どく)になやみて眩(めくるめ)き、あさり食(は)みぬる

貪(むさぼり)の心(こゝろ)を悔(く)いてうち喘(あえ)ぎ、

深(ふか)くも吸(す)へる河水(かはみづ)の柔(やはら)かきかな、

母(おも)の乳(ちゝ)、甘(あま)くふくめる悲(かなし)みは

醉(ゑひ)のここちにいつとなく沁(し)み入(い)りにけり。

源(みなもと)は遠(とほ)き苦行(くぎやう)の山(やま)を出(い)で、

平等海(びやうどうかい)にそそぎゆく久遠(くをん)の姿(すがた)、

たゆみなく、音(おと)なく移(うつ)る流(ながれ)には

解(と)けては結(むす)ぶ無我(むが)の渦(うづ)、思議(しぎ)の外(ほか)なる

深海(ふかうみ)の眞珠(しんじゆ)をさぐる船(ふね)の帆(ほ)ぞ

今(いま)照(てり)りわたる、――智(さとり)なき身(み)にもひらくる

心眼(しんがん)の華(はな)のしまらくかがやきて、

さてこそ沈(しづ)め、靜(しづ)かなる大河(たいが)の胸(むね)に。

 

[やぶちゃん注:実は八行目「眞晝(まひる)かがよふ法(のり)を布(し)く流(なが)を見(み)れば、」は、底本では、

眞晝(まひる)かがよふ法(のり)を布(し)く流(なが)を見(み)れば、

となっている。しかし音数律から見ても、「流(ながれ)」でなくてはならず、ここも脱字と捉え、特異的に訂した。但し、その根拠はあくまで音数律上の推定でしかなく、校合すべきものはない。敢えて言えば、後の行の「たゆみなく、音(おと)なく移(うつ)る流(ながれ)には」が推定正当性の証左の一つではある。別に参考にした後の岩波文庫の自選「有明詩抄」では、「流(ながれ)」となってはいるものの、例の改悪を施したもので、この行は、

霑(うる)ほし足らふ法(のり)を(と)く流(ながれ)と知れば、――

と致命的に改変された部分なので、決定的校合材料足りえない。大方の御叱正を俟つ。

なお、「喘(あえ)ぎ」のルビはママである。

「智識(ちしき)」仏道に教え導く指導者・導師・善知識のこと。無論、大河に比喩されたイメージである。

「とみかうみ」「と見かう見」。連語。「あっちを見たり、こっちを見たり」の意の平安以来の古語。

「しかすがに」「然すがに」。副詞。「そうはいうものの・そうではあるが、しかしながら」で万葉以来の古語。

「母(おも)」万葉以来の古語としての読み。

「平等海(びやうどうかい)」善知識によって速やかに導かれる、総ての衆生が平等な真如の大海に流れ入るという比喩。

「思議(しぎ)」凡夫があれこれ思いはかろうとし、下らぬ考えを廻らすこと。それも「迷い」に他ならない。

「しまらく」「暫く」の万葉時代に溯る古形。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 秋のこころ | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 黃羊(きひつじ) (モウコガゼル) »