フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 草びら | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(22) 「川牛」(2) »

2019/02/19

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 孤寂

 

  孤 寂

 

椶櫚(しゆろ)の葉音(はおと)に暮(く)れてゆく夏(なつ)の夕暮(ゆふぐれ)、

 たゆまるる椶櫚(しゆろ)のはたはた、

裂葉(さけば)よ、あはれ莖長(くきなが)く葉末(はずゑ)は折(を)れて埀(た)れ顫(ふる)へ、

天(あめ)に捧(ささ)げし掌(たなごころ)、――入(ぜつじゆ)の悶(もだ)え。

 

さもこそあらめ、淨念(じやうねん)の信士(しんし)その人(ひと)、

 孤獨(こどく)なる祈誓(きせい)に喘(あえ)ぎ、

胸(むね)に籠(こ)めたる幻(まぼろし)を雲(くも)に痛(いた)みて、地(ち)のほめき――

そをだに香(かう)の燻(く)ゆるかと賴(たの)めるけはひ。

 

偉(おほい)なるかな空(そら)の宵(よひ)、天(あめ)の廣葉(ひろは)は

 圓(まど)かにて、呼息(いき)ざし深(ふか)く、

物(もの)皆(みな)かげに搖(ゆら)めきて暗(くら)うなる間(ま)を明星(みやうじやう)や、

見(み)よ、永劫(とことは)の嚴(いづ)の苑(その)、光(ひかり)のにほひ。

 

ここにては、噫(ああ)、晝(ひる)の濤(なみ)、夜(よる)の潮(うしほ)と

 捲(ま)きかへるこころの鹹(から)さ、

信(しん)の淚(なみだ)か、憧憬(あくがれ)の孤寂(こじやく)の闇(やみ)を椶櫚(しゆろ)の花(はな)

幹(みき)を傳(つた)ひてほろほろと根(ね)にぞこぼるる。

 

[やぶちゃん注:「喘(あえ)ぎ」のルビ「あえ」はママ。「呼息(いき)ざし」の「いき」は「呼息」二字へのルビ。終りから二行目の中の「闇(やみ)を」は底本では「闇(やみ)の」。底本の「名著復刻 詩歌文学館 紫陽花セット」の解説書の野田宇太郎氏の解説にある、有明から渡された正誤表に従い、特異的に呈した。

「椶櫚(しゆろ)」単子葉植物綱ヤシ目ヤシ科シュロ属 Trachycarpus の類。「棕櫚」とも漢字表記する。葉が垂れるワジュロ Trachycarpus fortunei(中国湖北省からミャンマー北部まで分布し、本邦では九州地方南部に自生する。日本に産するヤシ科の植物の中では最も耐寒性が強く、東北地方まで栽培植生されており、中には北海道の石狩平野でも地熱などを利用せずに成木している個体もある)或いは、垂れないトウジョロ(唐棕櫚)Trachycarpus wagnerianus(ワジュロよりも樹高や葉面が小さく、組織が固い。そのため、葉の先端が下垂しないのを特徴とする。中国大陸原産の帰化植物であるが、江戸時代の大名庭園には既に植栽されていたようである)の孰れかであるが(ここまではウィキの「シュロに拠った)、ここは「裂葉」のそれ(一本だけがそうなっているのでは、「天(あめ)に捧(ささ)げし掌(たなごころ)、――入(ぜつじゆ)の悶(もだ)え」という絶妙の絵にはならない)、以下の総てが下降する感性感覚から、前者で採りたい。

「信士(しんし)」在俗のまま受戒した男子。

「ほめき」「熱き」。熱気を持つこと。火照り。

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 草びら | トップページ | 柳田國男 山島民譚集 原文・訓読・附オリジナル注「河童駒引」(22) 「川牛」(2) »