フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之上 鱠殘魚(しろうを) (シラウオ) | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 阿膠(あきやう・にかは) (製品としての膠(にかわ)) »

2019/02/21

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 苦惱

 

   苦 惱

 

傳(つた)へ聞(き)く彼(か)の切支丹(キリシタン)、古(いにしへ)の惱(なやみ)もかくや――

影深(かげふか)き胸(むね)の黃昏(たそがれ)、密室(みつしつ)の(と)は鎖(さ)しもせめ、

戰(おのゝ)ける想(おもひ)の奧(おく)に「我(われ)」ありて伏(ふ)して沈(すづ)めば、

魂(たましひ)は光(ひかり)うすれて塵(ちり)と灰(はい)「心(こゝろ)」を塞(ふさ)ぐ。

 

懼(おそろ)しき「疑(うたがひ)」は、噫(あゝ)、自(みづから)の身(み)にこそ宿(やど)れ、

他(あだ)し人(ひと)責(せ)めも來(こ)なくに空(むな)しかる影(かげ)の戲(たは)わざ、

こは何(なに)ぞ、「畏怖(いふ)」の黨(ともがら)群(む)れ寄(よ)せて我(われ)を圍(かこ)むか。

脅(おびやか)す假(かり)裝(よそほ)ひに松明(たいまつ)の熖(ほのほ)つづきぬ。

 

聖麻利亞(サンタマリヤ)、かくも弱(よは)かる罪人(つみびと)に信(しん)の潮(うしほ)の

甦(よみがへ)り、かつめぐり來(き)て、「肉(しゝむら)」の渚(なぎさ)にあふれ、

俯伏(うつぶせ)に干潟(ひがた)をわぶる貝(かひ)の葉(は)の空虛(うつろ)の我(われ)も

敷浪(しきなみ)の法喜(ほふき)傳(つた)へて御惠(みめぐみ)に何日(いつ)かは遇(あ)はむ。

 

さもあれや、わが「性欲(せいよく)」の里正(むらをさ)は窺(うかが)ひ寄(よ)りて、

禁制(きんぜい)の外法(げはふ)の者(もの)と執(しふ)ねくも罵(のゝし)り逼(せま)り、

ひた強(し)ひに蹈繪(ふみゑ)の型(かた)を蹈(ふ)めよとぞ、あな淺(あさ)ましや、

我(われ)ならで叫(さけ)びぬ、『神(かみ)よ此身(このみ)をば磔(き)にも架(か)けね』と。

 

硫黃(いわう)沸(わ)く煙(けぶり)に咽(むせ)び、われとわが座(ざ)より轉(まろ)びて、

火(ひ)の山(やま)の地獄(ぢごく)の谷(たに)をさながらの苦惱(くなう)に疲(つか)れ、

死(う)せて又(また)生(い)くと思(おも)ひぬ、――夢(ゆめ)なりき、夜(よる)の神壇(しんだん)、

蠟(らふ)の火(ひ)を點(とも)して念(ねん)ず、假名文(かなぶみ)の御經(みきやう)の秘密(ひみつ)。

 

待(ま)たるるは高(たか)きwp洩(も)るる啓示(みさとし)の聲(こゑ)の耀(かゞや)き、――

信(しん)のみぞ其(その)證人(あかしびと)、罪深(つみふか)き内心(ないしん)ながら

われは待(ま)つ、天主(てんしゆ)の姫(ひめ)が讃頌(さんしよう)の聲(こゑ)朗(ほがら)かに、

事果(ことはて)て、『汝(なれ)を恕(ゆる)す』と宣(のたま)はむその一言(ひとこと)を。

 

[やぶちゃん注:「戰(おのゝ)ける」のルビの「お」、「畏怖(いふ)」のルビの「い」、「弱(よは)かる」のルビの「は」は総てママ。最終連一行目の中の「高(たか)きを洩(も)るる」は底本では「高(たか)き洩(も)るる」。底本の「名著復刻 詩歌文学館 紫陽花セット」の解説書の野田宇太郎氏の解説にある、有明から渡された正誤表に従い、特異的に呈した。

« 大和本草卷之十三 魚之上 鱠殘魚(しろうを) (シラウオ) | トップページ | 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 阿膠(あきやう・にかは) (製品としての膠(にかわ)) »