フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之上 麵條魚(しろうを) (シロウオ) | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 滅の香 »

2019/02/22

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 癡夢

 

  癡 夢

 

陰濕(いんしつ)の「嘆(なげき)」の窓(まど)をしも、かく

うち塞(ふさ)ぎ眞白(ましろ)にひたと塗(ぬ)り籠(こ)め、

そが上(うへ)に垂(た)れぬる氈(かも)の紋織(あやおり)、――

朱(あけ)碧(みどり)まじらひ匂(にほ)ふ眩(まば)ゆさ。

 

これを見る見惚(みほ)けに心(こゝろ)惑(まど)ひて、

誰(たれ)を、噫(あゝ)、請(しやう)ずる一室(ひとま)なるらむ、

われとわが願(ねがひ)を、望(のぞみ)を、さては

客人(まらうど)を思(おも)ひも出(い)でず、この宵(よひ)。

 

唯(たゞ)念(ねん)ず、しづかにはた圓(まど)やかに

白蠟(びやくらふ)を黃金(こがね)の臺(だい)に點(とも)して、

その熖(ほのほ)いく重(へ)の輪(わ)をしめぐらし

燃(も)えすわる夜(よ)すがら、われは寢(い)ねじと。

 

徒然(つれづれ)の慰(なぐ)さに愛(あい)の一曲(ひとふし)

奏(かな)でむとためらふ思(おも)ひのひまを、

忍(しの)び寄(よ)る影(かげ)あり、誰(た)そや、――畏怖(おそれ)に

わが脈(みやく)の漏刻(ろうこく)くだちゆくなり。

 

長(なが)き夜(よ)を盲(めしひ)の「嘆(なげき)」かすかに

今もなほ花文(けもん)の氈(かも)をゆすりて、

呼息(いき)づかひ喘(あへ)げば盛(さか)りし燭(しよく)の

火影(ほかげ)さへ、益(やく)なや、しめり靡(なび)きぬ。

 

癡(し)れにたる夢(ゆめ)なり、こころづくしの

この一室(ひとま)、あだなる「悔(くい)」の蝙蝠(かはほり)

氣疎(けうと)げにはためく羽音(はおと)をりをり

音(おと)なふや、噫(あゝ)などおびゆる魂(たま)ぞ。

 

[やぶちゃん注:燃(も)えすわる」は底本では「燈(も)えすわる」。底本の「名著復刻 詩歌文学館 紫陽花セット」の解説書の野田宇太郎氏の解説にある、有明から渡された正誤表に従い、特異的に呈した。

「氈(かも)」獣毛で織った敷物。毛氈(もうせん)。

「慰(なぐ)さ」造語ではなく、古語としてある。心を慰めるもの。心を安めるもの。動詞「なぐ(和ぐ)」の終止形に接尾語「さ」を附けたもの。]

« 大和本草卷之十三 魚之上 麵條魚(しろうを) (シロウオ) | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 滅の香 »