フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 灰色 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 穎割葉 »

2019/02/24

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) われ迷ふ

 

 われ迷ふ

 

迷(まよ)ひぬ、ふかき「にるばな」に、

たわやの髮(かみ)は身を捲きぬ、

たゆげの夜(よる)を煩惱(ぼんなう)は

狎(な)れてむつびぬ、「にるばな」に。

 

壁(かべ)にゑがける執(しふ)の花(はな)――

閨(ねや)の一室(ひとま)の濃(こ)きにほひ、

奇(く)しき花(はな)びら、花(はな)しべに、

火影(ほかげ)も、嫉(ねた)し、たはれたる。

 

夢(ゆめ)の私語(ささやき)、たわやげる

瑪瑙(めなう)の甘寢(うまい)、「にるばな」よ、

艷(つや)も貴(あて)なる敷皮(しきがは)に

嫋(なよ)びしなゆるあえかさや。

 

愛欲(あいよく)の蔓(つる)まつはれる

窓(まど)の夜(よ)あけを梵音(ぼんおん)に

祕密(ひみつ)の鸚鵡(あうむ)警(いまし)めぬ、――

ああ「にるばな」よ、曉(あけ)の星(ほし)。

 

鏡(かがみ)は曇(くも)る、薰香(くんかう)に

まじる一室(ひとま)の呼息(いき)ごもり、

鏡(かがみ)は晴(は)れぬ、影(かげ)と影(かげ)、

覺(さ)めし素膚(すはだ)にわれ迷(まよ)ふ。

 

[やぶちゃん注:「むつびぬ」は底本では「むつみぬ」。底本の「名著復刻 詩歌文学館 紫陽花セット」の解説書の野田宇太郎氏の解説にある、有明から渡された正誤表に従い、特異的に呈した。

「にるばな」ニルヴァーナ。サンスクリット語の「涅槃」の意の原語のひらがな音写。

「梵音(ぼんおん)」有明の好んだ語。ここは「夜あけ」や「祕密(ひみつ)の鸚鵡(あうむ)警(いまし)めぬ」という表現からは、寺院の明け六ツの梵鐘の音ともとれるが、今まで同様、総てが観念世界の表象であるとすれば、シンボライズされたその音(梵鐘で構わぬが)は本来の仏語で言うところの梵音(ぼんのん)、「清浄な音声」「大梵天の声」「仏の、正法(しょうぼう)を説く声」の幻聴でもあろうか。]

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 灰色 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 穎割葉 »