フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 黃羊(きひつじ) (モウコガゼル) | トップページ | タイワンリスの子「かんちゃん」 »

2019/02/16

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 甕の水

 

 

 

甕(かめ)の水(みづ)濁(にご)りて古(ふる)し、

このゆふべ、覆(くつが)へしぬる、

甕(かめ)の水(みづ)、

惜(を)しげなき逸(はや)りごころに。

 

音(おと)鈍(にぶ)し、水(みづ)はあへなく、

あざれたる溝(みぞ)に這(は)ひ寄(よ)り、

音(おと)鈍(にぶ)し、

呟(つぶ)やける「夢(ゆめ)」のくちばみ。

 

去(い)ねよ、わが古(ふる)きは去(い)ねよ、

水甕(みづがめ)の濁(にご)き底(そこ)濁(にご)り、

去(い)ねよ、わが――

噫(あゝ)、なべて澱(をど)めるおもひ。

 

耀(かゞや)きぬ雲(くも)の夕映(ゆふばえ)、

いやはての甕(かめ)の雫(しづく)に、

耀(かゞや)きぬ、――

わがこころかくて驚(おどろ)く。

 

「戀(こひ)」なりや、雫(しづく)の珠(たま)は、

げに淸(きよ)し、ふるびぬにほひ、

「戀(こひ)」なりや、

珠(たま)は、あな、闇(くら)きに沈(しづ)む。

 

夜(よ)となりき、嘆(なげ)くも果敢(はか)な、

空(むな)しかる甕(かめ)を抱(いだ)きて、

夜(よ)となりき、

あやなくもこころぞ渴(かは)く。

 

[やぶちゃん注:「あざれたる溝」臭いを放っているような汚い溝。

「くちばみ」古語として、毒蛇の「蝮(まむし)」(有鱗目ヘビ亜目クサリヘビ科マムシ亜科マムシ属ニホンマムシ Gloydius blomhoffii:語源は、蝮は卵胎生であるが、それを母蛇の腹を食い破って生まれてくると見たことからとも言う)のことを「くちはみ」「くちばみ」と呼ぶ。ここは盛り上がり、うねりながら、「溝に這ひ寄」って行った「甕の水」が、水面に滴り落ちて音を立てるその様態を『呟(つぶ)やける「夢(ゆめ)」の』蝮として象徴的に隠喩したものであろう。音数律に合わせるために「口遊(くちずさ)む」の意で「口齒(くちば)む」を名詞化した造語ととるのには甚だ無理があり、そんな自分勝手な造語感覚を有明は持っていないし、そもそもそれでは「呟(つぶ)やける」の屋上屋となってしまう。

「あやなくも」「文無くも」で「理由(わけ)も判らず」の意。]

« 和漢三才圖會卷第三十七 畜類 黃羊(きひつじ) (モウコガゼル) | トップページ | タイワンリスの子「かんちゃん」 »