フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 靈の日の蝕 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 蠱の露 »

2019/02/14

蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 月しろ

 

  月 し ろ

 

淀(よど)み流(なが)れぬわが胸(むね)に憂(うれ)ひ惱(なや)みの

浮藻(うきも)こそひろごりわたれ黝(くろ)ずみて、

いつもいぶせき黃昏(たそがれ)の影(かげ)をやどせる

池水(いけみづ)に映(うつ)るは暗(くら)き古宮(ふるみや)か。

 

石(いし)の階(きざはし)頽(くづ)れ落ち、水際(みぎは)に寂(さ)びぬ、

沈(しづ)みたる快樂(けらく)を誰(たれ)かまた讃(ほ)めむ、

かつてたどりし佳人(よきひと)の足(あ)の音(と)の歌(うた)を

その石(いし)になほ慕(した)ひ寄(よ)る水(みづ)の夢(ゆめ)。

 

花(はな)の思(おも)ひをさながらの禱(いのり)の言葉(ことば)、

額(ぬか)づきし面(おも)わのかげの滅(き)えがてに

この世(よ)ならざる緣(えにし)こそ不思議(ふしぎ)のちから、

 

追憶(おもひで)の遠(とほ)き昔(むかし)のみ空(そら)より

池(いけ)のこころに懷(なつ)かしき名殘(なごり)の光(ひかり)、

月(つき)しろぞ今(いま)もをりをり浮(うが)びただよふ。

 

[やぶちゃん注:「浮(うが)びただよふ」はママ。「うが」の植字ミスであろう。

「月しろ」は「月白」「月代」で、熟語としては、「月が登る頃おい、東の空が白んで明るく見えること」を指す。但し、中央公論社「日本の詩歌」第二巻の解説によれば、本篇は明治四〇(一九〇七)年六月号『文庫』初出であるが、そこでの標題は「月魂(つきしろ)」とあるから、ここは薄白い月の姿を限定的に挿していると読んだ方が、全体から見てもしっくりくる。

« 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 靈の日の蝕 | トップページ | 蒲原有明 有明集(初版・正規表現版) 蠱の露 »